« 闘痔の旅 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉 | トップページ | 闘痔の旅 番外編 谷地温泉 »

ゆきちゃん

P7121876

←我が家に来たばっかりの頃の「ゆき」








2008年7月某日、我が家に新しい家族が増えた。
ボストンテリアのメスだ。
ご近所で4頭生まれたので、譲っていただいた。

「ゆき」と命名した。
うちの次女が名付け親だ。

R0010027 割と活発かつ強気で、先住犬であるフラットコーテッドレトリバーの虎徹(こてつ)と普通に追いかけっこをし、オモチャを取り合う。
虎徹がヘタレなのだろうか?それとも妹に対する、虎徹の優しさなのだろうか?オモチャの取り合いやじゃれあいになると、虎徹が手加減しているように見える。
追いかけっこの時も手加減しているのだろうか?
ほぼ同等のスピードで走り抜けていく。
この子たちのじゃれ合いを観察していると性格の違いがよく現れていて面白い。
虎徹は甘えん坊で、人間が絡んでいないと、遊びが継続しない。一人遊びはまずしないし、わんこ同士でも、人間の手が加わらないとすぐに横になってしまう。
そんな虎徹に、ゆきがちょっかいを出す。おもちゃを持ってきて押し付け、相手をしてくれないと、耳や尻尾を甘噛みして煽る。それでも虎徹が相手をしてくれないときは、人間に甘えた声を出してみたり、一人遊びだ。

_mg_3204 ゆきは寒さが苦手なようだ。体毛が短いためだろうか?
名前は「ゆき」だが雪が降ってると散歩に行くことを嫌がる。
暖かい所が大好きで、日中は猫のように日向ぼっこ。
夜は温もりを求めて、さまよい歩く。
対して虎徹は暑いのが苦手だ。
夏の海などに連れて行こうものなら、日景から動かない。車のエアコンが効いているときなどは、車から出ようとしない。
普段、家族みんなに置いてきぼりにされるときなどは、悲しい泣き声をあげるくせに、暑いときだけは例外なようだ。

いろいろと対照的な子達だが、共通していることは、人目が無いと悪戯をするということだ。
人目があるときは、怒られるような行動はしないのに、人気がなくなると悪戯をしだす。
悪いことだとは理解しているのだろう。
人が戻ってくると、逃げ出してみたり、お腹を出して転がっていたりする。
そんなところは似てなくていいのに・・・

|

« 闘痔の旅 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉 | トップページ | 闘痔の旅 番外編 谷地温泉 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/44756665

この記事へのトラックバック一覧です: ゆきちゃん:

« 闘痔の旅 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉 | トップページ | 闘痔の旅 番外編 谷地温泉 »