« 今日のゆきちゃん | トップページ | 対決 »

こてつ2歳

P5070893 こてつ君2歳の頃である。
次は3歳の頃の画像をUPしようと考えていたが、1歳過ぎたあたりから見た目はほとんど変わっていないので、正直面白みに欠けるが親馬鹿の酔狂と思ってご容赦いただきたい。

表情に覇気が感じられないのは、うちの次女の遊びに無理やりつき合わされているからである。
これはダンボールを電車に見立てた電車ごっこ遊びなのだが、彼女の父・母・姉共に一緒に遊ぶことを拒否したため、こてつが被害にあっているの図だ。

生来、子供と遊ぶことは大好きなのだが、それは駆けっこやボール遊び、オモチャの取り合いや引っ張り合いといった、普通に犬が喜ぶ遊びに限定されている。
しかし、幼稚園児に「犬の喜ぶ遊びをしてあげなさい」と言っても無理がある訳で、単純な力関係の結果、こてつが無理やり付き合わされる形になる。

「こてつ」は、割りに子供が好きなので、このような境遇にも甘んじるが、体の小さい「ゆき」は、完全に子供たちのおもちゃにされる可能性が高く、その経験からか次女が不穏な動きを見せると直ぐに逃げてしまう。
「こてつ」と「ゆき」、体の大きさの違いが、彼らの主観としての子供たちから受ける被害の度合いと関係しているのだろう。
「こてつ」であれば、体重30キロ~40キロ位の子供に組み敷かれたり体当たりを食らってもじゃれ合い程度にしか感じられないだろう。実際、耳や足、尻尾などを変にいじられない限り微動だにしない。
しかし体重5キロの「ゆき」には死活問題だ。手加減のない子供たちからの猛攻はトラウマになってもおかしくはない。

結果、うちの次女は「ゆき」にとって天敵となった。
次女にはそんな意識は全く無く、無邪気に「ゆき」を追い掛け回すのだが・・・
犬嫌いの人に限って、犬に絡まれるという関係に良く似ていると思うのは私だけだろうか?

|

« 今日のゆきちゃん | トップページ | 対決 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/45159990

この記事へのトラックバック一覧です: こてつ2歳:

« 今日のゆきちゃん | トップページ | 対決 »