« 化粧直し | トップページ | 今日は雨降り »

乗り心地

我が家のランドクルーザー80とエスティマハイブリッド、どちらも乗り心地という観点から見ると劣悪である。
「乗り心地」という言葉をどう捉えるかによって評価は変わってくると思うが、一般的に、コーナーでのロール・何かに乗り上げたときの突き上げや揺れ・揺れの収まり具合あたりではないかと思う。

80については、現状より若干の改善は可能でも、劇的に良くなることはないだろう。
車高をノーマルに戻せばその限りではないと思うが、前後リジットの足回りに、37インチの重いタイヤ、バネで3インチUP・ボディリフトで4インチUP。
これで乗り心地が良い訳がない。バネをもう少し柔らかくし、追加ダンパーでも入れれば少しはマシになるだろうが、劇的にとはいかないだろう。
不整地走行を目的としているのだから、これは仕方がない。

問題はエスハイである。
車両購入当初はビルシュタイン製のダンパーを使用した車高調を入れていた。
純正の足回りより、細かな路面の荒れは拾うが、ロールが少なく引き締まった感があり良好だった。ただし、純正サイズのタイヤホイールでの話だったが。
夏タイヤとして、18インチを履かせていたのだが、18インチともなるとボディが完全に負けるのだ。荒れた舗装路を走るとハラワタがよじれる様な感覚襲われる。明らかにボディが悲鳴を上げていた。
そのビル足も、不整地走行によりトラブルが生じ、また場合によってはその車高に不便を感じていたので、よりソフトな足回りを求めたのが失敗だった。
TEINの車高調へと変更したのだが、油圧によりコントローラーで車高を変えることができるという代物だ。
エスハイ用はラインナップに無かったのだが、取付自体は可能とのことで装着に踏み切ったのだが、重量の重いエスハイには上手くマッチしなかった。
車高を手軽に変更できることは非常に便利だ。雪道の轍も駐車場の段差も全く怖くなくなった。
しかし、リア側の状態が惨いのだ。
フロント側は良好とは言わないまでも、こんなものだろうで済ますことができる程度である。
車高を手軽に変えられるメリットを考えれば我慢できる範疇だ。
しかし、リア側は物凄い突き上げを感じる。そして揺れが収まらない。
3列目に人を乗せると特に酷い。

家族からかなり不満が出ているため、ノーマルに戻すか、ビル足をオーバーホールに出すかも検討しているが、ノーマルの足もあまり良くなかったし、車高を手軽に変更できるというメリットは、慣れてしまうと非常に捨てがたい。

幸い、リア側はダンパーとバネが別体なので、ダンパーのみ変更できないかを画策中である、

|

« 化粧直し | トップページ | 今日は雨降り »

エスティマ ハイブリッド」カテゴリの記事

ランクル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/45034158

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り心地:

« 化粧直し | トップページ | 今日は雨降り »