« 闘痔の旅 百沢温泉郷 旅館山陽 | トップページ | 御鈴大滝 »

闘痔の旅 百沢温泉郷 アソベの森いわき荘リベンジ

今、私は再びアソベの森いわき荘を訪れている。
何が故に?決まっている、リベンジをキメルためだ。

と、リベンジなどというほどのものでもないが、前回若干悔しい思いをしたので、再び百沢温泉郷を訪れたついでに、ここの本館の湯にも入ってみようと考えた次第だ。

建物に入り、フロントに聞くと、本館のほうへ行くとそこにも受付があると言う。
本館(旧館)と言っても、中は改装したのだろう。
新館と同じように綺麗なつくりだ。

受付で350円支払う。新館とは入浴料が異なっている。
脱衣所に入る。あまりPRしていないと思われる本館の浴場で
新館の浴場に比べると小さなものだが、造り自体がおざなりになっている訳ではない。十分に綺麗だ。
浴場も浴槽も小さなつくりだが、ヒバがふんだんに使われていて、新館の浴場と比べて見劣りするわけではない。むしろ人によっては本館の造りのほうが良いという人もいるのではないだろうか?
なお、こちらは撮影禁止の掲示は無かったので浴場の画像を撮らせて頂いた。

R0010187 源泉自体は新館と同様なのだろう。黄緑に濁った良い色のお湯だ。
ただし、こちらの方が熱い気がする。
新館と違うのはカルキ臭がしないことで、これならゆっくり浸かっても大丈夫だ。
ただ、直前に訪れた山陽のお湯に比べると匂いも味も感じられない。
匂いはヒバの香りが強くて、お湯自体がどういう匂いなのかを特定できない。
ヒバの香りだけではないと感じるのだが・・・まぁいい匂いだ。
パンチは無いが、ゆっくりリラックスできる。

惜しむべきは、この施設の売りである、周辺の四季折々の景色が見えないことだ。
曇りガラスの窓を開けてみたら、施設の裏側といった風景しか見えなかった。
新館は内湯も露天も景色が良いだけに、なぜ、良い所取りが出来なかったのか悔やまれる。

私が悔やんでも仕方が無いのだが・・・

──温泉DATA─────────────────────
名称:アソベの森 いわき荘(アソベノモリ イワキソウ)
住所:青森県弘前市大字百沢字寺沢28番地29
電話:0172-83-2215
料金:500円(小300円)(本館ヒバ風呂は350円)
時間:7:00~16:00(本館ヒバ風呂は9:00~16:00)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩 他
泉質:ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉
pH:?
HP:アソベの森 いわき荘   
─────────────────────────────

R0010190 全く関係ない話だが、本館の男湯脱衣所に、一台の古い扇風機が置いてあった。
普通なら目にも留めない代物だが、なぜか目に留まったしまった。
見た目がレトロな扇風機なのに、妙に綺麗なのだ。
レトロ風に作って最近売り出した代物ではなく間違いなく昔のデザインだ。
裏には昭和46年購入のシールが張られている。

いくら丁寧に使われていても、メッキ部分は錆びたり、曇ったりしてくるだろうし、使っていなくても、40年近く前の代物だ。それ相応の劣化があると思うのだが、まるで「この前買って来ました」と言わんばかりの様相だ。

箱から出されずに40年近く眠っていたのだろうか?

|

« 闘痔の旅 百沢温泉郷 旅館山陽 | トップページ | 御鈴大滝 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/44863774

この記事へのトラックバック一覧です: 闘痔の旅 百沢温泉郷 アソベの森いわき荘リベンジ:

« 闘痔の旅 百沢温泉郷 旅館山陽 | トップページ | 御鈴大滝 »