« 闘痔の旅 東北温泉 | トップページ | 闘痔の旅 碇ヶ関・湯の沢温泉 秋元温泉 »

闘痔の旅 東北温泉 其の弐

R0010247 娘二人を連れて、太平洋岸へ朝日を見に行った。
その帰りに、前回落ち着いて入浴できなかった東北温泉に、再突撃を試みた。

朝の7時半だというのに、既に車が20台近く停まっている。
宿泊客もいるだろうか、外来入浴のお客さんの数は定かではないが、それでも私が駐車場に車を停めるまでに、3組の入浴客が玄関をくぐっていた。

今日はゆっくりとお湯に浸かりたかったので、家族風呂を利用することにした。
家族風呂は1時間で1200円であった。
家族風呂なるものと利用するのは初めてなので、この値段が安いのか高いのかはよく判らないが、これだけ混雑する温泉でゆっくり入浴することが出来ることを考えると、個人的にお徳だと感じた。

R0010245 案内された部屋は、6畳ほどのリビング?と洗面所、トイレのついた部屋だった。
浴室は4畳半位の広さだろうか?信楽焼のバスタブにお湯が掛け流されている。
バスタブは大人1人と小学生2人が入れる位の大きさだ。感覚的には1.5坪サイズのユニットバスに備え付けられるバスタブ位だろうか?

残念なことに、カランから出てくるお湯は普通のお湯だった。

バスタブに注がれるお湯は、相変わらず黒く若干ぬるっとする感じだ。
信楽焼だというバスタブ自体が若干ツルツルしているので、背を掛けるとつるっと滑る。
前回は気付かなかったが、若干硫黄のような匂いも感じられた。

10分も浸かっていたら、汗が止まらなくなってきたので、一時撤退することにした。

リビング?でしばらく体を休めることにしたのだが、洋風の部屋で、床にゴロンと寝転がるような部屋ではなく、3人がけのソファが唯一安息の地だ。
個人的には畳敷か、天然木のベンチでもあればいいのにと思ったが、それでも半裸状態で気兼ねなく寛げるのは良いものだった。

その後数回、出たり入ったりを繰り返し1時間を過ごしたのだが、短時間の入浴を繰り返したためか、その後の車の運転は、いつもよりも楽だった。

──温泉DATA─────────────────────────
名称:東北温泉(トウホクオンセン)
住所:青森県上北郡東北町字上笹橋21番地18
電話:0175-63-3715
料金:270円(小120円)・家族風呂1時間1,200円
時間:5:00~23:00
効能:神経痛、、五十肩、疲労回復、慢性皮膚病 他
泉質:単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
pH:8.4
HP:東北温泉   
─────────────────────────────────

今日は子供の日ということで、子供一人にアイス一つプレゼントの特典がありました。
子供と温泉に行くと、必ずアイスや飲み物をねだられるので、ちょっとうれしかったです。
ありがとうございました。

|

« 闘痔の旅 東北温泉 | トップページ | 闘痔の旅 碇ヶ関・湯の沢温泉 秋元温泉 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/44912222

この記事へのトラックバック一覧です: 闘痔の旅 東北温泉 其の弐:

« 闘痔の旅 東北温泉 | トップページ | 闘痔の旅 碇ヶ関・湯の沢温泉 秋元温泉 »