« 闘痔の旅 弘前市(旧岩木町) 新岡温泉 | トップページ | 闘痔の旅 板柳町 あすなろ温泉 »

闘痔の旅 黒石市 空の平高原温泉

R0010159 青荷温泉へ行く途中に、プレハブ小屋の温泉を見かけた。
そのときは素通りしてしまったのだが、無性に気になってしまい改めて訪れてみた。

位置としては、国道102号線から青荷温泉の案内に従って行けば目に入るのだが、国道から山道に入る際の看板に「空の平高原温泉500m」と案内がある。
500mというのは大嘘で、3~4kmほど入らなければならない。

建物の道路を挟んで向かい側にはカタクリの群生地へ向かうための山道入り口がある。

施設自体は、普通にプレハブ小屋だ。敷地内には何かを建設しているような雰囲気があるが、改めて温泉施設でも建設しようとしているのだろうか?現時点では不明である。

プレハブの引き戸を開けようとすると、これが開かない。
何度かガチャガチャやってみると「ウィーン、カチャ」と音がしてすんなり扉が開く。
何度か負荷が掛かると自動的に開く仕組みなのだろうか?これまた不明だ。

脱衣所に料金箱が設置されており、これに200円を入れる。
脱衣所自体は、外観同様大雑把な造りだ。

R0010163_2 しかし浴場に入ってみると、意外と言っては失礼かもしれないが、かなり立派な造りになっている。
お湯もドバドバと掛け流しだ。
大きな窓の外には虹の湖が見え素晴らしい展望だ。

お湯はかなり熱めだった。
無色透明で特に匂いも感じられない。青荷温泉と似たような感じだ。

湯船から大量にお湯が溢れ出てるので、トドになると気持ちいい。
誰も来ないのでしばらく横になって外の景色を眺めていた。

この温泉単品で行く価値があるかどうかは微妙だが、青荷温泉へ行く途中にあるのでその際にふらっと立ち寄るなら良いかも。

──温泉DATA─────────────────────
名称:空の平高原温泉(ソラノタイラコウゲンオンセン)
住所:青森県平黒石市大字二庄内字イカツツ
電話:不明
料金:200円
時間:10:00~17:00
効能:神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、冷え症 他
泉質:アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性高温泉)
pH:8.53
最終訪問:2009年4月
─────────────────────────────

|

« 闘痔の旅 弘前市(旧岩木町) 新岡温泉 | トップページ | 闘痔の旅 板柳町 あすなろ温泉 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/44957038

この記事へのトラックバック一覧です: 闘痔の旅 黒石市 空の平高原温泉:

« 闘痔の旅 弘前市(旧岩木町) 新岡温泉 | トップページ | 闘痔の旅 板柳町 あすなろ温泉 »