« ドラゴン | トップページ | 親と子の溝 »

接近2

この前に引き続き、うちの子たちへの接近ミッションを遂行した。

どうやら彼らの行動パターンは、私がファインダーを覗くと顔を背けてしまうというものらしい。

カメラで顔が隠れてしまうからだろうか?

私がカメラから外すとこっちを向く。
カメラを構えると顔を背ける。。。繰り返し。

ガッデム。あっちむいてホイをやってるんじゃない。
そっちがその気ならこっちにも考えがある。君らはコイツを見てもそんな態度でいられるのか?

で、取り出したのは犬用おやつ。
これを手に持ったり、カメラにくくりつけてみたり、自分の額に貼り付けてみたりして撮影だ。
。。。私は何をやっているのだろう?

しかし、その威力は絶大であった。見事に視線誘導に成功した。

_mg_5071 _mg_5066
しかし、表情が微妙である。
おやつを目の前に期待に目を輝かせているようでもあり、「待て」をかけられて待ちきれない悲痛な表情のようでもあり。特に「こてつ」が。

_mg_5078 おやつを餌に誘導するなど邪道である。
彼らとの信頼関係云々・・・
等と偉そうなことを言っていた私は、たった二本のジャーキーに屈服させられてしまった。

雨続きで外に出られないせいで、ろくな事を考えないのだ。
そう、とりあえずお天気のせいだということにしておこう。

|

« ドラゴン | トップページ | 親と子の溝 »

」カテゴリの記事

コメント

オヤツの力は偉大ですね。額にオヤツを貼り付けた虎徹さんの姿を想像すると笑ってしまいます。我が家の犬達も私がカメラを構えた時にはとっくに背中を向けているクチで…。

ゆきちゃんの首がニューと伸びてるところが可愛いぃ!!

カメラに虎徹さんの顔が隠れてしまうのがコワいのでしょうね~~。

ウェブページに記事のリンク貼らせて頂きました♪♪

お友達リンクがちょっと不具合になってしまったのでまだですけれど、近々貼らせて頂きますね♪♪

投稿: めり | 2009年7月19日 (日) 14時16分

ホント、おやつの力は偉大です。
最初の頃は家族に対し、おやつの力に頼るな云々と説いていたのですが、誰かかしらおやつをあげるもので、おやつ様様になってしまいました。

おやつの力をもってしても嫌がる事と言えば、お風呂位です。

投稿: 虎徹 | 2009年7月19日 (日) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/45673842

この記事へのトラックバック一覧です: 接近2:

« ドラゴン | トップページ | 親と子の溝 »