« 犯行の瞬間 | トップページ | 待ちの一手 »

ドライブ

今日も朝から雨降りだったため、ワンコ集会は無しだった。

「こてつ」&「ゆき」は遊べなかったためか落ち着きがない。
と言う訳で、今日も彼らをドライブのお供にした。

今日の目的地は、秋田県の男鹿半島にあるカンカネ洞である。
例によって、雑誌rakraを見ての訪問である。

さすがに男鹿半島までは結構な距離がある。
最短ルートを選んでも長距離ドライブになるので、寄り道しながら行くことにした。
20代前半の頃は、信号が赤だったら右・青だったら左といった具合に、宛ての無いドライブを決行したものだったが、さすがにそれでは目的地に着かないので、事前にある程度の寄り道候補を決めて、そのルートで目に付くものがあれば更に寄り道することにした。

今回は、東北自動車道を上り、鹿角八幡平で一般道へ。森吉ダム経由で男鹿半島を目指し、男鹿半島を一周した後、日本海沿いに青森市へ帰ることにした。
途中、森吉ダム周辺・男鹿半島周辺を散策しつつ、ついでに温泉にも入ってこようという、一日で周るには厳しい、グダグダの旅程になる匂いがプンプンする計画だ。

結果的には、やっぱりグダグダのただのドライブになってしまった。
強風を伴う強い雨のため、ろくに散策できなかったためだ。

_mg_4657 _mg_4660
今回の目的地であるカンカネ洞へ到着したときは、雨は止んでいた。
しかし強風のため波が高く、洞窟内にも波が押し寄せる状態だった。
犬どころか私でさえ波にさらわれそうな勢いで若干命の危険を感じた。
また、足場が悪く、「こてつ」&「ゆき」は私が先に進んでも全く付いて来なかった。


森吉ダム周辺では、辛うじて白糸の滝を拝むことができた。
車を停めて徒歩200m程でたどり着くのだが、その遊歩道がところどころグレーチングで足場が組まれていた。
「こてつ」はグレーチングの上を歩くことを極度に嫌う。
私と「ゆき」が先に進んでも、グレーチングが「こてつ」を阻む。
グレーチングの足場を前にうろうろしていた「こてつ」だったが、彼は意を決したようにある行動にでる。

「こてつ」は川を遡上した。

小さな川だったが、雨のため結構な勢いで流れている。
それでも、「こてつ」はグレーチングの上を歩くよりましだと判断したようだ。
どうにか川を遡上してついてきたが、さすがに帰りはグレーチングの上を歩くことを選択した。

今回の約500kmのドライブ中、「こてつ」&「ゆき」を車から降ろしたのは、これだけであった。
遊ばせることができそうなポイントを見つけても、通りかかったタイミングで雨が降っていたため、通り過ぎるだけだった。

ごめんよ、君たち。次回は実績ポイントでたっぷり遊ばせるから許してね。



などと懺悔のフリをしてはいるが、ちゃっかり温泉に漬かっていた(しかも3箇所)私は地獄行きだろうか?
なお、今回立ち寄った温泉については、そのうち「闘痔の旅」シリーズで。

|

« 犯行の瞬間 | トップページ | 待ちの一手 »

探索」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

一枚目の「カンカネ洞」の画像っ!!私、一瞬「ネコちゃん?いやいや、文脈からネコちゃんはいない…え??ゆきちゃん??」

…ポップアップしてやっと正体分かりました…。(正面から見たネコちゃんに感じが似てませんか???私だけ??)

グレーチングか、水かさの増した川かっ!究極の選択ですねぇ…。

うちはトンガリ耳の二匹はグレーチングを嫌い、タレ耳ゴールデンのカルベルはまったく気にしませんでした。

それぞれ、あるんですね~!

投稿: めり | 2009年7月10日 (金) 22時51分

めりさん、コメントありがとうございます。

「こてつ」は足が大きいから、グレーチング平気そうな感じなんですが、ダメなんですよ。
この日もプルプル震えながらグレーチングの上を歩いてました。

反面、なぜか「ゆき」は平気なんですよ。
「紅丸」ちゃんや「小雪」ちゃん以上に足が小さいだろう「ゆき」なので、最初から無理だと思っていたら、普通にスタスタ歩いていって、一回隙間に引っかかるも特に気にしないで歩いて行っちゃいました。

どういう基準で好き嫌いが分かれるのか・・・
不思議ですね。

投稿: 虎徹 | 2009年7月11日 (土) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/45593680

この記事へのトラックバック一覧です: ドライブ:

« 犯行の瞬間 | トップページ | 待ちの一手 »