« 親子間紛争 | トップページ | 勇猛果敢 »

HA・NA・BI

_mg_5531
青森ねぶた祭りの最終日は、日中のねぶた運行と、夜の花火大会及びねぶたの海上運行が恒例となっている。
ねぶた祭りのフィナーレであるが、ここ数年この花火大会は見に行っていなかった。
理由は簡単で人の多い場所が苦手なためだ。
会場は当然混んでいるし、市内の花火がよく見えるスポットも軒並み混んでいる。
自宅裏を流れる川に掛かる近所の橋も花火が見えるポイントなのだが、やはり人が群がってくる。
だから、この恒例の花火大会は数回しか観覧したことがない。

しかし、今年は叔父叔母から花火を見ないかと誘われた。
花火会場のすぐ近くにある叔父叔母宅からは、花火がよく見えるらしい。
これなら人混みも関係なくゆっくりと食事をしながら鑑賞できるので、一家揃ってお邪魔することにした。
残念ながら、マンションであるため、「こてつ」と「ゆき」はお留守番だ。
ごめんね。

ベランダでゆっくりと食事と談笑をしながら花火を楽しむ。
非常に有意義な時間を過ごさせていただいたのだが、残念なことがあった。

当日は、極めて暑いという訳ではなかったが、風がなく湿度が高く肌にまとわりつくような空気だった。
そのためか、花火を打ち上げるたびに発生する煙が流れず、花火を隠してしまう。
派手な花火が打ち上げられるほど、花火は自ら己の姿を見えにくくしていく。

打ち上げの間隔が妙に長い。煙が拡散するのを待っているのだろう。
そのため、同席していたうちの含めた4人の子供達は途中で飽きてしまい、違う遊びに興じだす。
それはいいのだが、何故か彼らに巻き込まれていたのは私だった。

ゆったりとした至福の時間を過ごすはずだった私は、いつの間にか汗だくで彼らのおもちゃと化していた。


これもは留守番になった「こてつ」&「ゆき」の呪いだろうか?

|

« 親子間紛争 | トップページ | 勇猛果敢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

水辺に近く、湿度が高いためもあるのでしょうか。確かに写真からも花火の煙がまとわりつくよな感じが伝わってきますね。
それでも、、、キレイに見えてますね~。
叔父様のお住まいからはすっと見通せるのですね、これは良いビューポイントです!
お子様達のお相手、ご苦労様でした。
そんな中で、しかもその悪条件の中でこのショットとなると、かなりご苦労があったのではないかと推察いたしますが・・・?
でも、きっと子供達にとっては虎徹さんのおかげで、楽しい想い出になったのではないでしょうか。

ちなみにお留守番のわんちゃんたち、お住まい、花火会場にも近かったと思いますが、音の方はまったく慣れているのですか?

投稿: Laddypan | 2009年8月 8日 (土) 08時59分

わ、激写!な感じですねっ!きれいっ!一瞬「雲がかかるほど高い場所に上がっているのだなぁ」と思いましたが、そうですよね、ケムリですよね。(^_^;)

子供達におもちゃにされるなんて、虎徹さんやっぱり愉快な人気者のお父さんなんですね~。

私もLaddypanさんと同じで、こてつ君&ゆきちゃんは花火の音に反応しないのかな~って思いました。

ウチは小雪がガタガタと震えるので、恐怖が伝染して(本当は気にもしてないクセに)カルベルまで怖いフリをしてましたっけ…。(今は皆耳が遠いので気づきもしません)

投稿: めり | 2009年8月 8日 (土) 13時43分

Laddypanさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

例年に比べて、はるかに快適に、かつ綺麗な花火を見ることができたのですが、なかなかすべてにおいて満足を得るというのは難しいですね。
画像の左下に写っている光は、豪華な客船「飛鳥II」らしいのですが、いつか船の上から花火を楽しんでみたいものです。

写真はですねぇ、最初花火を写すつもりは全くなくて子供たちのスナップでも写そうかとカメラを持ってきていたんですよ。
なので、レンズは24-105mmの標準ズームで三脚も持ってきていなかったので花火の撮影には少々厳しい状況でした。
手持ち撮影の限界を探ったって感じです。

我が家と花火大会の会場は直線距離で約3キロ程の距離なので、花火の音はそんなに大きくは聞こえないんですよ。
それでも、日常の生活音よりは大きな、目立つ音なので若干の反応は示すのですが、耳をピクピクさせるくらいですねぇ。
よく、花火の音にびっくりして走り出した子の話とか聞きますけど、「こてつ」も「ゆき」も花火の音は大丈夫みたいです。

Laddyちゃんはどうですか?

投稿: 虎徹 | 2009年8月 8日 (土) 18時01分

めりさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

子供たちと精神年齢が近いんですかね?
見た目は「おっさん」なんですけど…
しかし大人の身体になってからのかくれんぼは辛かった…
大きくなった分、隠れる場所が極端に限定されますね。
それでも、子供たちに遅れをとる訳にはいかないので(←ここらへんが子供)、結局かなり本気になっていたのですが…お恥ずかしい限りで。。。

「こてつ」も「ゆき」も花火の音にはあまり反応しませんねぇ。
花火の近くまで連れて行ったことがないので、近くだとどんな反応を示すかはわからないのですが…
家庭で行うような花火は、問題ないみたいです。
あ、そういえばロウソクの火を食べようとした子とロウソクの火のにおいを嗅ごうとして鼻息で火を消してしまった子が…

トラックとか重機などの音は苦手みたいですね。うちの子たち。
大きなものが大きな音をたてて近づいてくる状況で、ビビリモードに入るみたいです。

投稿: 虎徹 | 2009年8月 8日 (土) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/45864561

この記事へのトラックバック一覧です: HA・NA・BI:

« 親子間紛争 | トップページ | 勇猛果敢 »