« ゆき1ヶ月 | トップページ | 由来 »

漫画とか音楽とか

Manga01先日、コメント欄が趣味の部屋と化したので、今日は趣味っぽい記事を書いてみようかと思う。

冒頭の画像は、今日今さっき買ってきた漫画本たちである。ちなみにこの中に雑誌で定期的に読んでいるものはひとつもなく、ほとんどが内容もよく解らず、作者名か表紙か帯で思わず買ってしまいその後も購入し続けているモノだ。

今日買った本の中で、私を困らせる困った奴がいる。「ピアノの森」だ。
諸般の事情により新刊がなかなか発売されない。
と、言っても作者さんに対して「ちゃんと仕事しろ!」と言っている訳ではない。むしろ時間をかけてでも、納得のいく作品を造っていただきたいと思う。
しかしながら、単行本の発行間隔が広がると、どうしてもそれまでのお話がおぼろげになってしまい、結果、1巻から読み返す羽目になってしまう。
ある意味、その都度ボリュームのあるお話を楽しめるのだが・・・寝る時間が・・・

先に述べたとおり、私は勢いで漫画を買ってしまうことが多い。そのため、本棚の整理が追いつかず非常に困っている。
_mg_5677 _mg_5680
これは左が屋根裏部屋の本棚で右がガレージの本棚なのだが、ここに収まっているものはとりあえずの整理がついた本たちだ。現状、整理されずに平積みにされている漫画本の置き場に困っている。
ちなみに左の本棚は3段スライドで画像に写っている部分の奥にさらにもう一段あり、右の本棚も奥にもう一段分格納されている。

Itunes 漫画本同様に音楽も大変なことになっている。
←は私のiTunesの様子だが、一番下に表示されている曲数が7475曲と表示されている。
漫画本と同じように、ジャケ写だけで購入してしまったりすることが多く、整理が大変なのだが、それでもデジタル化することが容易になり一度取り込んだモノはガレージの奥で永い眠りにつく。

さすがに、ジャケ写だけで購入している訳ではないのだが、「聴いてみてよかったから」で選択はしていない。
例えば、私はBen Folds Fiveが好きだったのだが、彼らがLiveでカヴァーしていた曲があった。Twin Fallsという曲だった。歌詞の意味は解らないくせにエラク心に響いてしまったため、誰の曲かと思い調べた結果、Built To Spillという方々の曲だったので、その時点で購入できるBuilt To SpillのCDを大人買いした。ついでに、アマゾンで「このCDを購入した方は、こんなCDも購入しています」の欄に出ていたCDも買ってしまった。こんな具合である。

まんまとアマゾンにしてやられている格好だ。

ちなみに音楽のジャンルとしては最近は「オルタナティブ」とか「ローファイ」という響きに弱いが、基本的に広く浅くいろいろ聴いている。
もしかしたら時を経て気に入るかもしれないという理由で、嫁が持っているCDも取り込んでいるからだが、和洋問わずRock・Pops、クラシックから演歌、果ては民謡まで混じっているのは我ながら節操のないことだと思う。

_mg_5679 漫画・音楽だけではなく、広く浅くいろいろ手を出すものだから、私の趣味スペースであるガレージは最早収拾がつかない状況になっている。
趣味のためのスペースだったはずなのに最早ただの物置と化してしまっている。
当初夢見たガレージライフは時を経ると共に、夢のまた夢となっていく。

ブログのタイトル「夢の跡」とは、ここのことなのかもしれない。

そういえば、先日よくコメントを頂くLaddypanさんに「音楽というカテゴリが見当たらない」というコメントを頂いた。
いろいろ聴いてはいるのだが、広く浅く聴きかじっているため語るべき言葉も知識もないので記事として成り立たないのだ。

だって、中学校の音楽の成績が5段階中「2」だったし・・・

|

« ゆき1ヶ月 | トップページ | 由来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

虎徹さん、こんばんは。
なにかリクエストにお答えいただいたようで恐縮です。

うわ~~~スゴイですね!
いや何がって、その入れ込みようが半端無いです。
これ、大人買いだけの問題じゃなくってですね、お子様の時より収集壁とか強くなかったですか?
圧巻、お見事です!

せっかくですので順にコメントさせていただきます。

まずコミック、これは確かに作者、内容で買われるのではない品揃えですね。見事にバラバラ・・・笑
仮にですよ、作品に当たり外れもあった場合、享受されているんでしょうか?
思わぬ掘り出し物の喜びに巡り会うのを待ってらっしゃる?それとも、、、途中でイヤになる作品とかありませんか?
エライです、これこそが本来のマンガの楽しみなんだと思うのですが、勇気のない私にはなかなか。。。

一式まこと先生は、その昔から筆が遅い方だったかと記憶しております。今のところ連載は継続しているようですが。
確かに、これだけこなされた上で、となると、続き読み返すようですよね。(ホントはこれも正しいのだと思うのですが、私は出来ません。何より虎徹さんみたいに整理していないので、発掘が不可能です。)

スライド本棚!これお持ちの時点で既に「書痴」ですよ!(京極夏彦氏の表現よりです。)

アマゾン病、やばいです!これ、危険ですよね~。一時期感染しかかりましたが、何とか罹患せずに済みました。

音楽、これまたすごいですね~。
おそらく、こちらはめりさん担当かと思いますけど。
ジャンルの幅広さがそのまま虎徹さんの人間としての広がりみたいに思えてきました。
(もっぱら狭いジャンルしか聞いたりしないので、こちらの素養は少ない私です。)
音楽評論というか、インプレッションを文章で表現するの、難しいですよね。
いつか、こちらもチャレンジを!

ガレージ、いいなぁ~・・・。
あこがれなんですよね、こういうの。
絶対作っちゃる!って思っているのですが、いったいつになることやら。。。

ちなみに奥にあるのはウエットスーツ?
こちらも嗜まれるのですか?
あと、虎徹さんのように詳しくはありませんが、私の愛車もGiantです!

ながながと失礼いたしました。

投稿: Laddypan | 2009年8月22日 (土) 23時53分

虎徹さんのガレージ、かっこいいですねぇ…。

私もこんな巣が欲しいなぁ…。ううん、もしかしたら、今の世の中、女性の方が、こういう巣を持つのに、近道をいくらでも持っているんだと思います。

だけど…女性は、悲しい事に、子供でいられなかったりする。何だか、そんな事を考えてしまいました。

私は、私だけの巣が。小さな。ガレージでも地下室でもロフトでもなくていい。押入れ程度でいいから、ただただ、自分の夢の世界が欲しいと思います。

そこには、小さなテレビ画面と、無数のゲーム機種と、ちょっとした棚と…そんなモノでいい。休日となったら、そこにひたすらこもって。

うぉっと、BF5!知人に勧められたまま、軽くスルーしてましたけど、いいんでしょうねぇ~~。ちょっと探してみようかな♪

投稿: めり | 2009年8月22日 (土) 23時58分

Laddypanさん、こんばんは。

ホント、節操が無くてお恥ずかしい限りで・・・
ええっと、やはりハズレもございます。それでも一度目を通しちゃうと続きが読みたくなっちゃって。
困ることは、あまり人気の無い作品だと続刊が出ても目に留まり難い場合があって、つい買いそびれることがあるんです。
そうなると、アマゾンさんの出番になるわけですが、そこでまたアマゾンさんの策略にはまる訳です。
ついつい、ポチッとな。

ちなみに、ウェットスーツ・・・ではなく、ウェーダーかな?Panさんの目にとまったのは。釣り用でございます。
これもカテゴリに出てきませんが、最近サボっているからであります。

車の中には釣り&アウトドア用品&風呂道具を常備しておりまして、いつでも家出できます。

投稿: 虎徹 | 2009年8月23日 (日) 02時00分

めりさん、こんばんは。

とりあえず、自分の巣を作ってはみましたが、自己が確立されていないからなんでしょうね、収拾がつきません。
きっと足元がしっかりさえしていれば、物理的な空間はあまり関係ないのかもしれません。

きっと、今のままの私だと、これが大きな倉庫でも収拾がつかないのではないかと思います。


BF5、良かったです。私も友人に勧められて購入したのですが、10年以上たった今でも新鮮です。
英語、苦手なんで歌詞の意味はまったくわからないのですが・・・

投稿: 虎徹 | 2009年8月23日 (日) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46001077

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画とか音楽とか:

« ゆき1ヶ月 | トップページ | 由来 »