« ネーミング | トップページ | 憔悴 »

かぶりもの

20090828_1
これは、虚勢手術を経て退院してきた直後の「こてつ」である。
手術のためか、それとも強制装着させらているカラーのためか表情に哀愁が漂っている。
この時点でカラーはボロボロになっており、彼の激しい抵抗があったことを物語っている。
ちなみにこのカラーは、「こてつ」がカラーから開放される頃にその短い生涯を終えた。

まぁ、この手合いのモノを好むワンコは、そういないだろう。

しかし彼らの好む好まざるとは別に、人間の都合により様々なモノを装着させられるということは、よく聞く話だ。
今日はそんな彼らの悲しい姿を紹介しようと思う。

20090828_2jpg 20090828_3 20090828_4 20090828_5
左上:クリスマス仕様  右上:犬用ニット帽
左下:ねずみ仕様   右下:安全第一

これらの姿は、冒頭の画像時とは状況が違う。カラーはそのときの彼にとって必要なものであった。
しかし、それ以外のかぶりものは、全てうちの次女が無理やり被せたものである。

相手をしてもらえるうれしさから「こてつ」はこの境遇に耐える。
しかし、やっぱりイヤなのだろう。死んだ魚のような目で、その表情は全く楽しそうではない。
確か、ネコ耳仕様の画像もどこかにあったはずなのだが、そのときも、心ここにあらずな表情だった。

Img_5203_rj そして「こてつ」は一切の抵抗を許されず、蹂躙されてしまったかのように無気力に横たわる。
もしかしたら、この後に自分の望む「お遊びタイム」があるのかも知れないという希望だけで耐えているのかもしれない。
そう、これを乗り切れば子供達と追いかけっこができるのだ、と。

しかし、今までにそうなった例はなく、うちの次女は散々「こてつ」を遊び道具にしてお腹一杯になってその場をさってしまう。

それでもなお、この境遇に耐えているのは「こてつ」が子供好きだからだろう。
「ゆき」は次女の姿を感じるだけで逃げてしまうこともあるのだから。

|

« ネーミング | トップページ | 憔悴 »

ネタ系」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

緑のお花の中に、悲しい瞳の親指姫が…親指王子?

一体どうやってカラーこんなに傷だらけにしたのでしょうか??ウチはカルベルがしょっちゅうこのカラーのお世話になっているので、彼は自分でカラーを外せるようになってしまいましたよ…。

お嬢さんのやるような事を…実は大将が好きなんですよね~~。自分のメガネやネクタイ、洋服…。カルベルは平然としてます…紅丸はとっとと脱ぎ捨てますが、小雪は固まります…。

こてつ君には災難かもしれませんけれど、…すみません、ねずみ仕様画像は…とてもこう、味のある表情で…(*^_^*)

思わず笑ってしまいますね…(*^_^*)(*^_^*)

投稿: めり | 2009年8月28日 (金) 07時08分

虎徹さん、こんにちは。
タイトル見た瞬間、てっきり虎徹さんのかぶりものかと・・・

こてつくん、いじらしい。。。

写真、あまりにもナイスすぎるので、ちょっとタイトルを考えてみました。(勝手にスミマセン。)

(一番上から)
「天よ我に艱難辛苦を与え賜うたか」
(左上)
「ちょっとだけクルシミマス」
(右上)
「遊んでくれるよ、ニット待つ」
(左下)
「No~~~!」
(右下)
「私にとっては安全というワケでは・・・」
(最後)
「ほっトナカイで」

以上、失礼いたしました。

でも、こてつくん、カワイイぞ!

今度うちもやってみようっと!

投稿: Laddypan | 2009年8月28日 (金) 15時33分

めりちゃん、こんばんは。
「こてつ」には申し訳ないけど、私も笑ってました、当時。

カラーは、床や壁に押し付けて端っこをカジカジして壊そうとしていたみたいです。
よっぽど嫌だったんでしょうね。

哀れなはずの姿ですが…駄目だ、やっぱりおかしい。

今度は大将サンのまねをしてめがねをかけさせてみよ。

投稿: 虎徹 | 2009年8月28日 (金) 19時26分

Laddypanさん、こんばんは。

うん、おもろいですね。
企画にしちゃおうかな?「タイトルをつけてください」
記事自体ノータイトルで「タイトルをつけてください」
手、抜きすぎですか?

姫の麗しきかぶりもの姿、期待してますよ!
王冠とか、縦巻きパーマのヅラとか…

投稿: 虎徹 | 2009年8月28日 (金) 19時33分

トナカイさん1:「コレは聞き耳ズキンなの。ホラ耳をすますと、色んな声が聞こえるんだヨ。」
ネズミさん:「え…そんな…アナタはネズミの神様?ええ?犬が嫌いなの?」
トナカイさん2:「ボク、ネズミさんをイジメたコトないのに…」

投稿: めり | 2009年8月29日 (土) 08時07分

めりちゃん、タイトルです、タイトル。
それ、物語になってます。

・・・それもアリやね。

ちなみにネズミのカブリモノは次女が学芸会(今時は学習発表会って呼ぶらしいです)で「おむすびころりん」のネズミ役で使用したものです。

だから、それもアリやね。

投稿: 虎徹 | 2009年8月29日 (土) 08時14分

虎徹さん、おはようございます。
聞き耳ずきん、おむすびころりん、ときたので、てっきり「月光条例」に行くのかと・・・
すみません、お聞き流し下さい。

なるほど、これはめりちゃんお手の物かも。
4コマまんがで空欄があって、そこを考えるってのがありますよね。
きっと、めりちゃんのアタマの中にはこの先の部分が出来ているんだろうな。。。

虎徹さん、もう一つ。
ランダムな写真をアップ、それを使ってストーリーをつくるというのもいかがでしょうか?
なんて、、、でした。

投稿: Laddypan | 2009年8月29日 (土) 08時50分

Laddypanさん、おはようございます。
月光条例に行くと、またわき道に…そういえばからくりサーカス、最後のほう読んでないや。

そのアイデアも面白いですね!
何より私が楽です…すいません、冗談です。。。

投稿: 虎徹 | 2009年8月29日 (土) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46046750

この記事へのトラックバック一覧です: かぶりもの:

« ネーミング | トップページ | 憔悴 »