« 思ひ出 | トップページ | くろくまの滝 »

一心不乱

聞いた話によると、この行動は、 1.自分の体臭を消し周囲の匂いに合わせる。狩猟本能のなごり。 2.自分の好きな匂い(ミミズの死骸等)を身に纏わせている。 3.獲った獲物に自分の匂いをつけ所有権を主張する。 であるらしい。

なお、この行動をとった際の地面には、大体ミミズがいる。

見ているだけなら「おもしろい」の一言で済むのだが、一緒に住んでいる人間にとっては迷惑な行動である。

ミミズの死骸の匂いをつけて来られても困ります。

|

« 思ひ出 | トップページ | くろくまの滝 »

」カテゴリの記事

コメント

まったく困りますネ。ホント~~に困ります。すっごく良く分かってしまうワタシっ!!!

でも確かに、見ているだけだと…


おもしろい


のだと、こてつ君を見ていて気づいてしまった気がします…。

大将いわく、「死臭をまとうのが勲章」なのだとか。

つまり、自分は他者を殺す能力を持ってるんだゾ、という主張なのだと。

う~ん、そうなのかな?よく分かりませんけれど。

どっちにしても、殺す能力を持ってるったってミミズ??


…まぁ…ねぇ…

と思ってしまいますよね…(*^_^*)

投稿: めり | 2009年8月14日 (金) 23時36分

本能なのか・・・彼らの価値観なのか・・・
どちらにしても、人間の価値観に合わせてもらおうとすると非常に困った行動です。
特にシャンプーした次の日なんかに、こんなことされたら・・・

更に困ったことがあって、「ゆき」もこっそり同じ行動をしていることが発覚しました。
「ゆき」の母親「サンダ」ちゃんもやっています。

止めさせたいんだけど、おもしろいからつい止め損ねちゃいます。

投稿: 虎徹 | 2009年8月14日 (金) 23時48分

虎徹さん、こんばんは。
私が昔聞いたのは2という説、こうしたニオイは彼らにとっていわば香水みたいなものなんだ、ってことだそうで。
でも、確かに人間にとってはね~。(まあ、その香水も実は悪臭と成分上の違いはごく僅かであり、そのさじ加減が個性ともなっているそうですが。)
余談ですが、鼻にアレルギーのあるワタクシは人間としては結構鼻がきく方でして、何事につけ強烈な匂いは苦手だったりします。

一心不乱、雄雌関係ないんですね!(なんとなく♂がやっているイメージありました。私自身が一緒に暮らした初めての♀がラディーなので。今のところ、まだやりませんけど、大丈夫かな~?)

実はこれは私の命名ではありませんが、よく拝見しているボーダーコリーの飼い主さんブログでの表現です。
けだし、言い得て妙だと。
ということでご紹介。

「酋長に捧げる献上の舞」
と呼び称されているそうです。。。

投稿: Laddypan | 2009年8月15日 (土) 01時05分

「酋長に捧げる献上の舞」
なんかドンドコドンドコ聞こえてきそうですね。
腰みのと羽飾りでも付けてみようかしら。

装着するアイテムによって、いろいろな踊りに見える…かな?
頭に扇をつけてみたり、
三つ編の付け毛を付けてみたり、
お花を付けてみたり。


あっという間に取れて壊されそうですね。


投稿: 虎徹 | 2009年8月15日 (土) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/45928411

この記事へのトラックバック一覧です: 一心不乱:

« 思ひ出 | トップページ | くろくまの滝 »