« ランド | トップページ | 方言 »

一喝

タイトルを付けてください。
20090830_1 20090830_2 20090830_3 20090830_4
~実際の状況~
1.左上:「ちはる」ちゃんに付き纏う「こてつ」
2.右上:嫌がる「ちはる」ちゃんに、なお付き纏う「こてつ」
3.左下:とうとう怒られる「こてつ」
4.右下:お説教終了

・・・冗談です、スミマセン。
朝のワンコ集会において、傍若無人の限りを尽くす「こてつ」だが、それは自分より立場の強い子達がすでに落ち着いてしまって肉弾戦には参加しないからである。
派手に遊んでいるのは、「こてつ」以下若いワンコ達ばかりであり、その中で「こてつ」はお山の大将を気取っているだけである。

この日は参加者が少なかったため、「こてつ」がじゃれる相手も少なかった。
そのためか、いつも傍観しているだけの「ちはる」ちゃんにちょっかいを出した。

「ちはる」ちゃんは既に10歳を越える子で、アンジェリカ様と並びこのワンコ集会の中では最長老である。
数年前までは、ワンコ集会の中で最強の名とともに女王として君臨していたのだが、最近ではめっきり枯れてしまい、会場内をゆっくりと歩き回るだけだ。

そんな「ちはる」ちゃんにちょっかいを出した「こてつ」だったが、しつこく付き纏ったせいか一喝されてしまった。
相手が一見さんだったり、いつもの遊び相手であれば、バトルモードに入る状況であったが、そこは一線を退いたとはいえ女王様。「ワンッ!」の一声で「こてつ」はその場に打ち伏されてしまった。

20090830_5 アンジェリカ様(参考:    )が相手のときもそうだが、「こてつ」が仔犬のときから相手をしてもらっている方々だけに、体力で勝ってはいてもその立場は超えられないようである。

力量に勝り、実質的な権力を握っていても、偉大な先達を敬う気持ちは人も犬も変わらないのだろう。

敬老の日を前に見習うべき姿と、また彼らから教えられた気がした。

|

« ランド | トップページ | 方言 »

ネタ系」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ちはる:あ、ビスケットをくれるつもり?
こてつ:ちはるネーチャン、変わったニオイつけてんナァ

ちはる:ん、チーズ味ね…
こてつ:ん~何のニオイだろコレ…

ちはる:さっきから何してンノ?
こてつ:ネネネネーチャン笑い草にスリスリしただろ~
ちはる:ニオイ嗅いじゃったの?

ちはる:パパさんもカメラばっかかまえてないで息子を助けてあげなさいよ
こてつ:アヒャヒャヒャヒャヒャ~


アンジェリカ様:そこなますらお。大地でヨダレをふくでない。
こてつ:いやゴムパッキンがかゆくて。

(敬称略)

投稿: めり | 2009年8月31日 (月) 00時36分

めりさん、おはようございます。
のっていただいてありがとうございます。

すごい!物語になっていますね!
めりちゃん、さすがだなぁ。

実際の状況を目で見ているせいか、想像力が欠落しているのか、私はほかのタイトルやらお話やら全く浮かびませんでした。


でも、ゴムパッキンって??

投稿: 虎徹 | 2009年8月31日 (月) 07時01分

な~んてまたまた。すっごい平凡なお話になっちゃって。けっこう夢中になって考えたのに…。

ちはるちゃんの表情なんですけど…紅丸に似てるんですよね。

お年を召してるとの事で…。紅丸もこんな感じです。まぶたが年とともに下がってきて。(まぁ、ちはるちゃんよりキツい印象はありますけど)

ゴムパッキンとはですね。犬の口にはゴムパッキンのような黒いチュルリとした部分があるじゃないですか。あれの事です。

「動物のお医者さん」という漫画で、ハムテル(主人公)が小学生の頃に書いた詩です。

「犬

犬の口には、ゴムパッキンがついている

おわり」

何だか印象に残っていて…。

投稿: めり | 2009年8月31日 (月) 08時39分

虎徹さん、こんにちは。
う~ん、そもそもちゃんとシーン捉えられてるし。
その上、めりちゃんの読んでしまった・・・
しかもストーリー出来てるしな~。。。
ムズカシイです。

1:「ねぇねぇ、ちょっと彼女~」
2:「あれ!どこかで会ったことない~?」
3:「(しまった!アノときの女王様だ~)」
4:「じゃあ、放置プレイの続きよ♪」「アッハ~!」

失礼しました。

アンジェリカ女王「ノアよ、この者はなにをしておるのじゃ?」
ノア「はっ、先程私めがぐるりと露払いをして参りましたが、そこな黒犬が女王の御足元に凸凹を見つけまして。美しきおみ足を汚す前にいっそ我が身を投げ出した次第でございます。彼の者の心持ちを尊びいただき、どうかそのままお踏みになられますよう、僭越ながら申し上げます。」
アンジェリカ女王「うむ、苦しゅうないぞ。あっぱれじゃ!」
こてつくん「ありがたき幸せ~」

重ねて失礼をば。

うわぁ、めりちゃん、、、私もゴムパッキン、思い出せませんでした。
そうか、そうだったけ。

投稿: Laddypan | 2009年8月31日 (月) 17時06分

めりちゃん、こんばんは。

なるほど、だからめりちゃんのイラストに親近感が湧くのかもしれません。紅丸ちゃんとちはるちゃんが似てたんだ。

ゴムパッキン、そういうことでしたかぁ。
実は私、動物のお医者さんは未チェックなんです。
弟が持っているもんで、いつでも見れるかなと思っていたらそのままになっちゃって。

投稿: 虎徹 | 2009年8月31日 (月) 19時37分

Laddypanさん、こんばんは。

なるほど、そう攻めてきましたか。
やはり皆さん、実際の光景をご覧になっていないので、私の思いもしなかった角度から見てくれておもしろいですねぇ。

特にアンジェリカ様と並んだときの「こてつ」は、私の目には「こてつ」の小さい頃の姿ばっかり思い出されて…
今ほど体の大きくなかった「こてつ」はちょうどアンジェリカ様のあごの下に頭が納まるくらいの高さで、よくヨダレだらけにされてました。
でも、この姿も見ようによっちゃぁ女王様と下僕ですねぇ。

投稿: 虎徹 | 2009年8月31日 (月) 19時43分

そろそろネタバレで虎徹さんによるストーリーorタイトルアップがあるに違いない♪(犬目線で~~お願いします♪)

以前から時折見かけていたアンジェリカ様。虎徹さんの描写とともに、私はアンジェリカ様のお姿を見ると、エルガーの(エルガーでしたっけ?なんか違う?)「威風堂々」が頭に鳴り響きますよ~。

投稿: めり | 2009年8月31日 (月) 21時16分

すんごい連投コメですみません。

盲腸ネタ(ネタか?!)読ませて頂きました。

…腹膜炎じゃないですか。そりゃ…やばいですよ…。(*^_^*)

投稿: めり | 2009年8月31日 (月) 21時38分

虎徹さんの、あるんですか~!
楽しみだなぁー!!(ってプレッシャー?)
すんません。

ちょっと前に入院のエントリ、拝見しました。
(このときですよね、携帯からウェブページ編集できないか試行錯誤されたという話は。)
しかしこれ、かなり重いですよねー。(虎徹さん、さらりと書いてるけど。)
今更ながらに、回復されて何よりでしたね!
(これだけお伝えしたかったので、ちょこっと連投など。)

投稿: Laddypan | 2009年8月31日 (月) 22時04分

1.左上:ちはる「今日のお菓子は何かしら?」
    こてつ(ん?こんなところに、つむじがある…)
2.右上:こてつ「ねーねー、ちはる姉ちゃん変なところにつむじがあるね。」
    ちはる「いいじゃないの!そんなこと!おとなしくお菓子食べてなさいよ!」
    こてつ「ねーねー、なんでぇ?」
3.左下:ちはる「しつこい子だね!そういうアンタはどうなのよ!ほ~れ、見せんか~い!」
    こてつ「やーめーてー、ちはる姉ちゃん、もう、やーめーて!」
  (横山弁護士風: http://www.youtube.com/watch?v=I6gXu-In15s )
4.右下:ちはる「ふんっ!つまらない男だね」
    こてつ(すまん、たとえちはる姉ちゃんでも、レトリバーの秘密:後頭部の出っ張りは見せられないんだ。)


すみません、プレッシャーに負けてついエントリしてしまいましたが、つまんないですね。

アンジェリカ様が威風堂々ならば、「こてつ」と「ゆき」の追いかけっこは、天国と地獄ってとこですかね?

投稿: 虎徹 | 2009年8月31日 (月) 22時47分

あ~、すみません、お二方とも。
入院中のつまらない記事にまで目を通していただいて。

何気に術中・術後は大変だったみたいで、併発していた腹膜炎のため横隔膜が上手く機能しなくて、呼吸が浅い状態になったりして、麻酔からさめて気がついたら酸素マスクさせられてたりして。。。

盲腸がどんな状態かは切ってみないとわからないらしく、切ってみたら完全に腐ってて、おなかの中に膿が充満している状態だったらしくて…

おまけに術後から退院まで、HCU(ハイケアユニット:ICUのライト版)に入れられてて、少々高い医療費を請求されました。

携帯からのアップは大変でしたが、これはこれで良い暇つぶしになりました。

投稿: 虎徹 | 2009年8月31日 (月) 23時03分

URL に含まれる動画 ID は不正な形式です.

って言われちゃいました。でも、気にしない事にしる~。

とゆーか、一番最初の虎徹さんの記事!可愛い♪♪フォント小さいし。可愛いぃ♪♪

私、小5か小6の時に盲腸やったんですよ。

すっごい軽くて、一週間で退院しましたよ。

でも、痛くてたまらなかったですね…。

そんで留守中のこてつ君の様子はどうだったのでしょうか?

ナンバーツーとして、ナンバーワンの留守をしっかり守ったのでしょうか??

投稿: めり | 2009年8月31日 (月) 23時25分

http://www.youtube.com/watch?v=I6gXu-In15s


正しくは↑でございます。スイマセン、またリンクが変になっちゃいましたね。

うっ、最初の頃のモノを見られるとちょっと恥ずかしい…
なんで、あんな文体だったんだろ??

きっとめりちゃんの場合は、とても痛かったから、軽くですんだんですね。
私は、我慢できる程度の痛みだったから、こうなっちゃったんだと思います。
痛みは体の異変を知らせる信号ですからね。ちゃんと感じないと大変なことになるんだと思い知らされました。

「こてつ」くんは、私の入院中、情緒不安定だったようです。ちょっとの物音で、やたらと吼えてたそうです。そしてちょっと疑心暗鬼になっちゃったみたいで、少し出かけるそぶりを見せると、落ち着かない感じで擦り寄ってくるようになりました。
以前は明らかに遊びに行くような時しか寄ってこなかったんですけどねぇ。

投稿: 虎徹 | 2009年8月31日 (月) 23時54分

虎徹さん、こんにちは!
虎徹さんバージョン、参照URL付きで面白かったですよ。
しかし、、、あのレトリバーの後頭部の出っ張りはなんでしょうね?
人間のおはちに似ているが故のしわ寄せ部分、或いはレトリーブ用のGPS搭載とか。。。

私自身は盲腸はやっていないのですが、子供の頃父が入院したのを覚えています。
あり得ない光景なのですが、手術中の鮮明な様子が記憶にあって、どう考えても手術室を覗けるはずがないのに?と不思議に思ってます。

ちなみに子供の頃は盲腸は命に関わるものだと思ってました。
これは何かのマンガで、盲腸で死んでしまうエピソードを読んだ為と思われます。(プロレスラー?)
どんだけ、マンガに影響受けてるんだか・・・

こてつくん、そうすると虎徹さんが戻られたときには熱烈歓迎でしたか?

投稿: Laddypan | 2009年9月 1日 (火) 18時10分

レトリバーの出っ張り、ホント何なんでしょうねぇ?
それで、レトリバー系を飼っている人は、みんな確認しますよねぇ、出っ張り。
「あ、やっぱり出っ張ってる」
もはや挨拶ですね。

お父様の術中の光景、何故でしょうね?
ま、まさかPanさん幽体離脱?お父様を心配するあまり…

投稿: 虎徹 | 2009年9月 1日 (火) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46069102

この記事へのトラックバック一覧です: 一喝:

« ランド | トップページ | 方言 »