« 漫画とか音楽とか | トップページ | 地獄の部屋 »

由来

20090823 20090823_1 20090823_2 20090823_3
ブログのタイトルである「夢の跡」。
松尾芭蕉が詠んだ、 夏草や兵どもが夢の跡 からのパクリである。

彼は奥州平泉で、人の世の興亡をこのように詠んだと伝えられる。

冒頭の画像は、平泉からそう遠くない八幡平にある松尾鉱山の鉱山町である。
東洋一の硫黄の産出量を誇り、それに併せ発展したこの町は「雲上の楽園」と呼ばれたが時代の流れと共に急速に衰退し、今は廃墟が残るだけである。

未来永劫の繁栄を夢見たであろう人々の思いは、その象徴とも言える鉄筋コンクリート造のアパート群と共に風化していくだけだ。

ブログのタイトルは、この廃墟をイメージして銘打ったものである。
特に記事の内容とは関係なく、なんとなくタイトルをつけたはずなのだが、先日自分の節操の無さを露呈してしまったため、妙に感傷的になってしまった。

・・・などと感傷的な気分に浸りながら紫煙を燻らす私はナルシストなのかもしれない。

|

« 漫画とか音楽とか | トップページ | 地獄の部屋 »

探索」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

虎徹さん、おはようございます。
おっ、モノクロですね!
こちら、廃墟特集で見掛けたことがあります。確かデるのでも有名ではなかったでしょうか。(間違っていたらすみません。)
実は、ここ、松尾鉱山、私の義理(便宜上こう表記しておきます、ちょっとご説明するとややこしいので)の祖父が働いていたところです。
その名前は昔から良く耳にしておりました。
あらためて虎徹さんの文章と共に写真を見ると、なるほど、人の営みのはかなさみたいなものを思わせる秀逸な写りかと。

儚い=人偏に夢、ですよね~。

虎徹さんのタイトル、勝手ながら私のイメージですが。
夢を牽引力に道を歩む轍、だと思ってますよ。
例えあちこち寄り道しようとも、その刻まれた跡は、美しく輝く軌跡であることでしょう。
このイメージでめりさんにイラスト書いてもらったら素敵だろうな~、などと常々考えておりました。
(あっ、めりさん無理を言うつもりありませんよ~、前々から虎徹さんのイメージ、めりさんが描いたらステキだと思っておりましたので。)

投稿: Laddypan | 2009年8月23日 (日) 10時14分

おおお。味のある絵ですねぇ~~。実は私廃墟好きです。あ、別に廃墟に詳しいワケではなく。

病院跡地とかあるとついフラフラと足を踏み入れたくなります。出たらコワイけど…何か歴史が染みついている感じがしていいですよね。廃墟じゃなくても古い町並みとか。あ、観光地になるようなきれいな古さじゃなくて、「ここいずれ整地されるよね」的な細い路地、生活臭漂う小さくて古い民家の群れ…。(シロとクロの仮想の街も大好きでした)

Panさん、実は私虎徹さんのイメージって本当に「軍人」だったんですよ。随分前ですが、「夜の散歩はこてつもゆきも行きたがらない」という記述があって、

「右足!左足!右足!左足!止まれぇぇ!!!」

二本のシッポ達、もう恐怖に顔を引きつらせながら、必死にマスターの指示に従うの図っっ!!!(まさに頭にそう思い描いてました)

まさかゆきちゃんをお膝にデレデレしてたり、父親の威厳を示す自転車がお小遣いからの出費でピイピイ言ったりとか、思ってなかったんですよねぇ…。

でもレイバンのサングラスでもハメてビシっと真顔だったらきっと外見的には私の妄想は正しい!!

投稿: めり | 2009年8月23日 (日) 10時35分

Laddypanさん、こんばんは。

おっと、松尾鉱山、縁のある地でしたか。
「出る」らしい、その話を私が聞いたのは最近のことで、この画像を撮ったときは、そういう話のことを知らずに友人と二人で突入しました。
「何か出そう」という雰囲気ではなく、とても寂しい感じのする場所でした。11月の八幡平の空気が寂しさに拍車をかけている感じでした。

あ、なんとなくモノクロにしてみました。
元は普通のカラー画像ですが、レタッチで。こういう画像ならモノクロがハマルかなぁと思いまして。
マネッコさせていただきました。

投稿: 虎徹 | 2009年8月23日 (日) 19時28分

めりさん、こんばんは。

廃墟、いいですよねぇ。そこに関わっただろう人々の思いが、そのままその場の空気を作っているようで…なんとも言いがたい雰囲気ですよね。
生活臭の漂う街並み、特にゆっくりと衰退していっているような空気を感じられる場所が好きなんですが…後ろ向きなのかな?


私の人物像、いろいろと期待を裏切っちゃったみたいで…
でも、きっとパッと見は、期待を裏切っていないことと思います。よく言われるし。

投稿: 虎徹 | 2009年8月23日 (日) 20時01分

そう言えば、ひとつ思い出したことが。

ここを訪れた頃、職場の同僚(GLAYの熱烈なファン)がこの画像を見て、GLAYがPVの撮影でここを訪れたと教えてくれました。

彼女は、ここでPV撮影が行われたことは知っていたのですが、肝心のここの場所がわからなかったようなので教えてあげたら、GLAYファン仲間数人で行ってみると言ってました。

結局、行ったのか行かなかったのかは聞いて無いのでわからないのですが、彼女らのパワーたるやスゴイなぁと思いました。

いや、とてもどうでもいい話なんですが、ふと思い出したのでつい・・・

投稿: 虎徹 | 2009年8月23日 (日) 20時58分

へえぇぇぇ~~そうなんですか!GLAYのPV??確かに雰囲気あるかも~~。

そうそう、ちょっと傾いてる民家とか。「ここって誰か住んでるのかな?」と思うような家の窓に、台所用洗剤が色鮮やかに置いてあったりすると、その家で人生を築いてきたいぶし銀な人々を勝手に感じてしまったりして…。

虎徹さんの人物像、お茶目で魅力倍増ですよ~~(^-^)

投稿: めり | 2009年8月23日 (日) 21時03分

↓これ↓らしいです。
http://www.veoh.com/browse/videos/category/music/watch/v1279320ZhFAznSh

メールで聞いたらソッコーで返事が返ってきました。

投稿: 虎徹 | 2009年8月23日 (日) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46002696

この記事へのトラックバック一覧です: 由来:

« 漫画とか音楽とか | トップページ | 地獄の部屋 »