« オチは無いです。 | トップページ | ネーミング »

申し上げます!

20090826_1
先日に引き続き、秘密の場所のことである。
「内部の状況はどうかっ!」と報告を求める下知がくだりました故、報告するものであります。

冒頭の画像は、突入を前に妙にテンションが上がっている潜入員たちだ。
この日は既に11月も半ば、強風に雪の混じる悪天候だった。
荒れ狂う日本海の荒波が船体を襲い、地鳴りのような轟音とともに船体が揺れる。
この悪天候も手伝って、潜入員たちはかなりハイテンションになっており、かなり危険な任務となったが、内部の状況は次の通りだ。(一部、違う日に撮ったモノもございます)

20090826_2 20090826_3 20090826_4 20090826_5

うむ、状況を報告するための画像とは思えないようなモノばかりである。
前出のとおり、波が高いときは、大きな音とともに船体が揺れかなりの恐怖感であった。
それでなくても、船体は結構傾いていて怖いのだが、ここに潜入する者達は皆、未体験の非日常に感覚が麻痺しテンションが上がってしまうようだった。

冷静に見ると、潮風と火災の影響で腐食がかなり進んでおり、足元が抜けそうな箇所もありうかれポンチで散策していると危険な状況だった。
今思えば、よく皆無事だったものだ。

一番、ハイテンションだったのは先日紹介した彼で脱出の際、縄梯子を使わず垂れ下がっていたロープを使ってレスキュー隊員の如く華麗な姿を披露した。
そんな彼も、いまや2児の父で小○校の先生だ。

20090826_6 そんな彼や、私に酷似した人物ばかりがアホウのように思われるのは癪なので、ここに集ったバカ者達の集合写真も掲載しておこう。

こんな彼らだが、今では高○教師をやっている者や、日本の首都で都民の生活を守るべく働く者など、お堅い仕事についている者もいることは、とりあえず内緒だ。

なお、このお話はフィクションです。実在する人物・団体とは一切関係ないらしいです。

|

« オチは無いです。 | トップページ | ネーミング »

探索」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

虎徹さん、さきほどはどうも。
うは~、これは楽しそうですね~!
うむ、ハイテンションもやむなしのシチュエーションですな。

火災・・・様子から推察するにタンカー系ですか?
おお、なかなかああいった手合いの船に乗り込める機会は少ないというもの。
お知り合いの方々?、さぞ貴重な体験をなさったことでしょうね。

何か、ホラー映画の題材にもなりそうだし、こういった設定のアトラクションとかあっても良さそうな気がしますねぇ。

うんうん、青春の1ページだな~。。。

ちなみに左端の方は女性でしょうか?もしかして虎徹さんの・・・?

(かなり遠回しのフックにもかかわらず、エウレカにたどり着くあたり、さすがでございますね。しかし、これもコミックの方から、しかも絵柄等で選んでらっしゃるとしたら、虎徹さん素晴らしい目をお持ちで。近年、通しで見たアニメというのは限られるのですが、わたし的にはよい作品であったと思っています、よろしければ是非!)

投稿: Laddypan | 2009年8月26日 (水) 00時41分

かっちょええ~~。これまたロックバンドのPVになりそうな。うんうん、こういう経験をされてる人って、絶対まっとうに成長して、立派なお仕事されると思います!

童心を忘れず子供達と接するお仕事に就かれるのは素敵なコトですね。(しかし~火災の跡ってこんなにデロデロになるんですね。確かにちょっと怖い…っ!)

それにしてもこんなに海が遠く下方に見えるなんて!これはテンション上がりますよ~。

(そりと昨夜のトマトな方、そうなんです、Panさんのおっしゃる通り、一体どこから来たの?最初に頂いたコメントが日本語で「かわいい!」だったので遊びに行ったら英語。で、英語でコメして来たんですけど…そしたら堂々と英語になった、という…。でも数ページ見ましたが、どれも英語一文でワンチの事書いてるだけで。英語だというだけでフツウの日本人?!)(そりとも日本人と外国人の日本在住カップル?!)←ままま、誰かに話したかっただけでしたので…すみません(*^_^*)

投稿: めり | 2009年8月26日 (水) 09時04分

Laddypanさん、こんばんは。

そうなんです、すっごく楽しいんです!
まさに青春の1ページです。
「大人はわかってくれない」って感じです。
いや、この時点で既に皆成人でしたが・・・

こんな、探検・冒険をテーマにしたアトラクションがあればいいのにと思いますが・・・どっかの遊園地にあったような?
廃病院を探索するというテーマのお化け屋敷が。
富士急だったかな?

ちなみに集合写真左端2名が女性ですが、嫁さんではないです。女性の方々も何名か招待したことがありますが、女性のほうが思いっきりがいいというか、皆ノリノリでした。

エウレカセブンは、確か表紙のカットとタイトルで選択した記憶があります。困ったもので、タイトルとかネーミングだけで惹かれちゃうときがあるのです。
さすがに数は少ないのですが、もう少し吟味する癖をつけなければ・・・

投稿: 虎徹 | 2009年8月26日 (水) 20時31分

めりちゃん、こんばんは。

内部画像、いかがでしたでしょうか?
廃墟好きでなくともビビビと来るものがあるのではないかと勝手に思っています。

PV撮り、いいですねぇ。音楽やっている方々を誘えばよかったなぁと今更ながらに思います。

廃墟巡りの旅もやってみたいのですが、廃墟な不動産はいろいろと危険が伴いそうで、この歳になると中々できませんねぇ。
廃墟になるような建物ですからねぇ、イリーガルな団体の方々が抵当権つけてたりした日には、不法侵入どころの騒ぎじゃ無くなってしまいますからねぇ。

でも、またネタがあったら紹介しますね。

投稿: 虎徹 | 2009年8月26日 (水) 20時42分

そう言えばご存知ですか?確か香港だったと思うんですけど、もう20年くらい昔の話ですけど、ほとんど廃墟にしか見えないびるぢんぐに、人々が住んでいるという話…。

時はベルリンの壁が崩壊したのしないのと(←この時私はヤモタテモたまらずベルリンに飛びました。だってベルリンの壁って廃墟のニオイがモケモケじゃないですか!?)騒いでいる頃でした。

確か「久米宏のニュースステーション」で特集されたのですが…廃墟好きの私にはまさにビビビビな話でした。

香港に行く機会を未だ得ていませんけれども…。

廃墟ネタ、ナウシカの世界観に似てる気もするんですよね。しません?しません?人類の文明が一度滅びた後の。細々と生きる、すでに世界の王者でない人類みたいなっ!!

またアップ楽しみにしてますぅ~~

投稿: めり | 2009年8月26日 (水) 22時09分

九龍城のことでしょうか?多分。
いい感じですよね、無法地帯らしく気軽に見学が出来ないことが惜しいです。

って、めりちゃん、ベルリンに飛んだのですか?
ん~ン、ナイス勢い!

ナウシカ、まさにそうですよね。高度な文明が一度滅びて、時代が退化してしまったような世界観。たまらんなぁ。


ちょっと世界観が違いますが「ヨコハマ買い出し紀行 http://www.sonymusic.co.jp/Animation/yokohama/ 」の雰囲気とか好きでしたねぇ。
あ、ご存じなかったらスルーしてください。でもきっとPanさんならのってくるかと。


ちなみに、私が一番行ってみたかったのは「軍艦島」ですね。
昔、嫁さんに行きたいと言ったのですが、あっさり却下されました。
当時も軍艦島まで運んでくれる船便がこっそりあったらしく一人勝手に調べながらドキドキしていたのですが、「で、行って、どーすんの?」の一言で却下でした・・・
今は世界遺産に登録だ、どーたらで、上陸は出来ても自由に探索は出来ないようで・・・あの時行っていれば・・・

投稿: 虎徹 | 2009年8月26日 (水) 23時00分

すみません、コメ欄のリンクまた変でした。
正しくはコチラです。

http://www.sonymusic.co.jp/Animation/yokohama/

投稿: 虎徹 | 2009年8月26日 (水) 23時01分

す、すいません、コレ…何だったっけ。知ってます。これってこの主人公の女の子、ロボットですよね?

アフタヌーンか、モーニングですよね。(つまり講談社)

これってそれこそ…私が…だったちょっと前頃…じゃないかなぁ…。覚えてます。(内容覚えてないあたりが悲しいですけど)

あっ!多分それです、九龍城!!カンペキ高層ビルみたいな形状なのに、「人住んでるんかいっ!」みたいな。そうそう、絶対ヤバい地帯で、観光には行けない様子でした。でもカッコよかったなぁ…。

軍艦島っ!!…聞いた事しかありません…(T_T)行った経験談をお聞きできるのかと一瞬…。まぁそりゃそうです。「行ってどーすんの?」何もありません。

ええ~、ベルリン、飛びましたよ、も、イキオイだけで。そしてお金もなく、知識もなく、でも東との融合で大騒ぎの混乱の中、どういう訳か無事にホームステイ先を確保して…

チェックポイントチャーリーという名前だけを鮮明に覚えてます。何だかカッコ良くないですか?チェックポイント・チャーリー。ドイツ語圏で何故か英語。チェックポイント・チャーリー。(結局ベルリンの何たるかも知らない私だった)

私が覚えているドイツ語はただ一つ!「ベルリナー・ワイゼ!」(←そういう名前のビールがあったんです)

投稿: めり | 2009年8月26日 (水) 23時45分

虎徹さん、こんばんは。
一回、コメント投稿に失敗(自分で消してしまった長文・・・)、その後、ちょっと逡巡してましたら。。。

そうですよね、九龍城のことだと思います。
ホント、アブないところであるし、そのすぐそばにごく普通の暮らしがある、というあの国らしい混沌を象徴したような場所ですよね。
ちなみにあそこを舞台にしたマンガやゲームって、けっこうあるかと。(しまった、思い出せない。)

めりちゃん→ベルリン!、行動派ですよね!!
さすがB型ですねぇ。(うそです、血液型とか信じてませんよぉ~。)
あの時代の雰囲気を感性で捉えられる方なら、きっと居ても立ってもいられず突き動かされたんでしょうね。
めりちゃん、すごいなぁ!

ナウシカ、メジャーなので逢えてスルーします。 笑
これはまたそのうちに、ということで。

ヨコハマ買い出し紀行、またシブいところを。
もちろんアフタヌーン連載ですね。水面上昇下の世界をロボットの主人公を中心に、独特のほのぼの感的タッチで描いた作品ですよね。
なかなかに好きでした。
(虎徹さん、これまたアニメからですか?お嬢さん関連?)
(めりちゃん、私未だ買っているのってアフタヌーンのみなんですけど・・・)

軍艦島、ちょっと前にツアーが紹介されていましたよね。
かなりの通向けで、波が高く、接岸が難しいため、申し込んでも必ず上陸できるとは限らないとかいう・・・
虎徹さん、どんだけ!ですか!!

とここまで書いたら、めりちゃんが、、、
やっぱり、すごい女性(ひと)だなー。
う~ん、思わず、さん付けで呼びたいんですけど・・・ 笑
さっき、見てきた「あんな事~」、感服いたしましたよ。

投稿: Laddypan | 2009年8月27日 (木) 00時36分

おっと、「ヨコハマ買い出し紀行」めりちゃんもフッキングしてきましたね。
なるほど、この頃だったんですね。
Panさんは…信じてましたよ。このカテゴリーならどんな球を投げてもヒッティングに持ち込んでくれる、と。

ちなみに、この本も「ネーミング」で買っちゃったひとつです。

投稿: 虎徹 | 2009年8月27日 (木) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46027521

この記事へのトラックバック一覧です: 申し上げます!:

« オチは無いです。 | トップページ | ネーミング »