« 闘痔の旅 たけのこの里(平川市) | トップページ | パラゴンくん »

ボクの自転車

01
「趣味は自転車」みたいなことを言っておきながら、自転車に関する記述が極めて少ない上に、最近は子供の自転車にばかり手をかけていて、我が愛車がかわいそうになってきたのでスポットライトを当ててみようと考えた。
私の愛車はMTBの始祖と言われるGARY FISHER製のMTBで、通常のMTBより大きなタイヤを装着した29erと呼ばれている代物でその名を「Paragon」と言う。29erの特徴やメリットについてはゲイリーさんのHPに任せるとして、まぁ当時物珍しかったからという理由で購入したものだ。

「趣味は自転車」とは言っても、乗るほうではなく、いぢる方がメインである。このParagon君についても「俺色に染まれ」と言わんばかりにいぢり倒した。オリジナルの部分はフレームとフロントフォークしか残っていない。

自転車をいぢる際、定番というか手を付けやすい部分としてサドル周り・ペダル・ハンドル周りが挙げられると思う。
いぢった箇所を一度に全て書くとキリがないので、この辺から記述していこう。 

 

02_2 03_2
サドルは娘の自転車と同じくフィジークのモノだ。街乗り仕様車とするならば、テールライトをスマートに装着できるI.C.S(integrated Clip System)は便利である。
なお、このサドルはデザインのみで選択したものである。スポーツサイクルにあるまじきデザインにやられてしまった。街乗り仕様車ならこういう選択もありだろう。
どうも、こういうパーツは黒一辺倒で面白くないし、なによりフレームカラーがイエローであるため、黒いパーツを合わせると、コントラストが強する感じがするのだ。なのでパーツからは意図して半端な色合いのものを選択している。
同様の理由で、シートポストもMOOTSのチタンポストを選択した。

 

04 ペダルはドイツのメーカーRESET Racingのモノだ。
チタンシャフトに、鍛造アルミ合金削りだしのボディという響きにヤラレタ。
単純にペダルとしての機能を求めるのであれば、個人的にシマノ製品が最も秀逸ではないかと思う。シャフト周りの動き一つをみても、回り方が段違いにスムーズだ。
そして実に安価である。小さなパーツの一つ一つにシマノというメーカーの底力を感じさせられる。
しかし、シマノ製品で固めるのは優等生すぎて面白くないので、自然とこういう選択になってしまった。
なお、このペダルはカラーバリエーションが豊富なのだが、これもあえてグレーを選択している。

 

06 ハンドルバーとステムは、シートポスト同様にMOOTSで固めてある。この辺のパーツは機能性を求めていけば軽量なカーボン製に落ち着くのであろうが、色合わせの観点からの選択である。またカーボンなカラーは、やる気満点な印象で、私の街乗り仕様コンセプトに沿わない。

グリップはUN AUTHORIZEDのモノでやはりグレーである。
可能な限り黒いパーツを廃すよう努めている次第だ。

 

 

このように、こつこつといぢっているのだが、手間隙を掛けている割りにこの自転車の出番は少ない。
手間隙・コストをかけすぎて、既に気軽に街乗りできるような状態では無くなってしまったためである。


気軽な街乗り仕様目的で購入したのに本末転倒な話であるが、未だ理想とする完成形に至っていないのだから私も自転車も救われない気がするが、あまり深く考えすぎると体に悪いので、そんなことは考えないようにしておこう。

|

« 闘痔の旅 たけのこの里(平川市) | トップページ | パラゴンくん »

自転車」カテゴリの記事

コメント

趣味と言うだけあってスゴイなあぁ~~~。

これ確かに街乗りして、ちょっとコンビニに寄って出て来たらなくなってたぁ!!なんてなったら頭を抱えそう…。

私の弟が学生時代、通学にMTBを利用してましたが、帰りに本屋に立ち寄った後、外に出たら自転車がなくなってた事がありました。ちゃんと、ロックしてあったんですよ。そして、その本屋さんから徒歩で20分くらいの住宅地の路上に、ロックしたままの状態で放置してあったのが後日発見されました。

パラゴン…。いぢられるだけいぢられて…未だ眠りの中なんですねぇ…箱入り娘なんですねぇ…うんうん…

投稿: めり | 2009年9月25日 (金) 08時49分

虎徹さん、おはようございます。
うわ~、いじり倒してますねー。
しかもこだわって・・・
カラーリングやフォルムに重きを置くあたり、やはりどこか眼鏡にも通じていますよね!
なんだか、至高の一品ものみたいになって、乗るのが勿体ないような気もしますが、それを街乗りに使うのもオサレなのかなと。

自分自身、ここまで自転車には詳しくないのですが、読んでいるだけでそこに秘められたとんでもなさがひしひしと伝わって参りますよ。
(さて、機械ものには女性らしくあんまり興味が無いかも知れませんが、めりちゃんのコメントが楽しみです!)

あ、ひとつ思いつきました。
二輪向けのスパイクタイヤもあったりしますよね?
この辺も雪国仕様、虎徹さんバージョン、存在するのでしょうか?

投稿: Laddypan | 2009年9月25日 (金) 08時52分

↑ あっ、入れ違いだった、、、ちょっと残念。orz

ついでにネタ振り。
自転車用防犯対策は必須だと思うのですが、いったいどの程度まで?虎徹さん。

投稿: Laddypan | 2009年9月25日 (金) 08時55分

めりちゃん、こんばんは。

無くなっていたら・・・途方にくれますね、ボクは。
ボクだけ時間が止まるかもしれません。

私も過去に2度盗まれたことがあって、そのうち一度は前輪がパンクしていている自転車を柱にくくりつけてロックしていたのに盗まれたというもので。。。

そんな盗まれかたしたもんだから、二度と見つからないだろうなぁと思っていたら、これがあっけなく見つかって。

あ、この話ネタにできそうだけど、オチが弱いなぁ。

投稿: 虎徹 | 2009年9月25日 (金) 21時09分

Laddypanさん、こんばんは。

いぢり倒しました。がんばりました。
でも、いぢった時によって、微妙に色や形状の趣向が違うんですね、ワタシ。
一環しているようで、実はぶれているんです。

スパイクタイヤ、存在しますねぇ。MTB用はもちろん、ママちゃり用も売ってますよ。
でも、さすがに冬は乗らないです。
多分、皆さんが想像している以上に、青森の冬は自転車が乗りにくいと思いますよ。歩道を歩くのも大変ですから・・・

盗難対策ですが、自宅では車庫保管として、出歩くときは最低鍵を2個つけるようにしています。
駐輪するときは、車体を巻きつけられるような柱を探します。
あと、サドルを盗まれると悲しいので、クイックレバーではなくボトル止めにしています。
なんか仰々しくなっちゃって、”手軽に街乗り”から程遠くなってしまっているのですが、盗まれるよりは。。。

投稿: 虎徹 | 2009年9月25日 (金) 21時22分

ねぇ、物知りの虎徹さん。
スイス陸軍、山岳部隊御用達の自転車で、二輪駆動のもの、ご存知ありませんか?
昔、なにか趣味系の雑誌か何かで見掛けた記憶があるのですが・・・
(確かチェーン駆動で動力を前輪にも伝達していたような、、、でも、ハンドル切る部分、どうしているのだろう。)
確か、ものすごい値段だったような気も。。。

投稿: Laddypan | 2009年9月25日 (金) 22時31分

機械モノ、決して詳しくはないんですけども~~、メカちっくなモノはけっこう好きです。例えば…

ボビン。(しつこい)あとは~、昔のステレオのカタログとか好きでしたね~。

ちなみに虎徹さんの自転車で一番カッコいいな~と思ったのはペダルの画像でした♪

そうそう、自転車を離れる時、「サドルを持ち歩く人」っていませんか?昔のバイト先の先輩がそうゆう人でした。(彼の愛車はジープでした)

…サドルを盗まれた経験のある私は…でもママチャリだし、時間は止まらなかったなぁ、と思うのであった…。

投稿: めり | 2009年9月25日 (金) 23時05分

スイス陸軍のモノはちょっとわからないのですが、MTBマガジン(廃刊)なる雑誌がございまして、それで紹介されていたモノはありました。
http://www.christinibicycles.com/
http://www.youtube.com/watch?v=aS4ik9xEijM

これなら雪道でも・・・

投稿: 虎徹 | 2009年9月25日 (金) 23時51分

めりちゃん御目が高いですね。ペダルは削り出しの代物で質感がスゴイんですよ。値段もスゴかったですが・・・

サドルを持ち歩く方、もしかしてジープのハンドルも持ち歩いていたりして・・・
ジープとかオープンカーとか乗ってる方々はどうしても盗難や悪戯に遭いやすいので、ハンドル自体を簡単に着脱できるようにしている方もいるんですよ。
でも、ハンドルやサドルを持ち歩く姿って・・・

めりちゃんのサドルを盗んだヤンキー君、今頃どうしているんでしょうね。
そういえば、ワタシの自転車を盗んだ奴も近所の高校生でした。

投稿: 虎徹 | 2009年9月26日 (土) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46304659

この記事へのトラックバック一覧です: ボクの自転車:

« 闘痔の旅 たけのこの里(平川市) | トップページ | パラゴンくん »