« 又々 めがね君 | トップページ | 誘惑 »

時計コレクション

ここ数日続いた眼鏡ネタで、時計の話が出てきたので今日は時計ネタで攻めようと考えた、が、残念ながら特に深いこだわりがあるわけでも無いので、単発だとネタにならないことに気が着いてしまった。

なので、今回は一気に物量作戦で押し切ろうと思う。
まずはざらっと、手に取りやすい位置に置いてある時計たちを並べてみよう。

                                                                                                                                                             
01CASIO OCEANUS (OCW-M700TBJ-1AJF)
主に普段用。たまーに仕事にも。タイドグラフ機能付きの釣り使用。だがその恩恵に預かったことは一度もない。アウトドア用途なので、ラバー製のバンドに変えている。
02_2SEIKO SPIRIT SBFV005
主に仕事用。冠婚葬祭時は黒革のバンドに変更。シンプルでオンタイムに最適。標準の黒革バンドだとかたーい印象になりそうなので、普段は茶革のバンド。でもシンプルすぎるので普段着に併せたことは無い。
03SEIKO BRIGHTZ SAGA001
主に仕事用。時々普段着にも。ところどころに入るゴールドが嫌味な感じだが、メタルバンドを革バンドに変えたことにより、やや落ち着いた印象になった。
04CASIO G-SHOCH MUDMAN (GW-9025A-1JF)
完全に普段用。ラフな格好のときに装着。個人的にはベルクロ仕様が復活しないかと期待している。
05CITIZEN ATTESA (ATP53-2703)
仕事用・・・だったが、現在故障中。一度修理に出したが同じ症状で動かなくなったので修理に出さずじまい。ベルトを変えられないデザインが惜しい。文字盤はごつくて好きなのだが・・・。なおリンクはマイナーチェンジ後のモノ。
06SEIKO WIRED h x STUSSY (AGWH021)
STUSSYとのコラボ。完全に普段着用。メタルバンドは好きじゃないので別に購入したベルクロに変えている。取替え用のナイロン製のバンドがついていたのだが、これも使い勝手が良くなさそうだったので。
07CASIO G-SHOCH FOXFIRE (DW-8160-1A)
普段着用としてお気に入りだったが電池が切れたまま放置中。G-SHOCHは電池の寿命が短すぎる。映画「エンドレスサマーII」の公開記念モデル。ベルトのグラデがお気に入りだったが、年月と共に劣化し色あせている。
ちなみに古い時計なので、電波でもソーラーでもない。

・・・こだわっていないとか言いつつ、結構な数になっている気がする。

こだわりでは無いのだが、一応自分の中に選択基準があり、それに基づき選んでいる。
外せない点が、「ソーラーパワーで電波時計」である。
モノグサな私は、時間修正が嫌いである。電池交換も嫌いである。しかし時間が狂うことも嫌いなのだ。
そんな私にとって、「ソーラーパワーで電波時計」はうってつけなのである。機械式の味のある時計を味わう度量は残念ながら持ち合わせていないし、上を見れば車や家が買えそうな価格のブツがある世界など危険極まりない。

もう一点が、時計のベルトを替えられるか否かである。
ベルトも含めて気に入ったデザインであれば、それに越したことはないのだが、そういう一品には中々出会えない。で、あれば文字盤のデザインだけをみて、それに併せてベルト替えて自分の好きなデザインに近づければ良い。
だが、ベルト交換を受け付けないデザインの時計もあるわけで、そういった時計は基本的に選択肢から除外である。

ここまで書いて、十二分にこだわっている感があるが、眼鏡と違い、現状新しい時計を買い増す予定はない。欲求はややあるが。
今のラインナップで十分ローテーションが組めるので、とりあえず新規で必要ないのだ。

が、今所有している時計達が自分のストライクゾーンど真ん中では無いため、絶好球がくれば衝動的に動いてしまう危険性は否めない。
だから、自分と家族の幸せのために時計メーカーのHPなどは見ないようにしているが、それが無駄な努力だと言うことは、自分が一番良く知っている。

|

« 又々 めがね君 | トップページ | 誘惑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(虎徹さんのトコに、私の名前を語る酔っ払いが出没してますね!ニ…ニセモノが。私のようで、私でない。ドッペルゲンガーがね!!)(←イエ間違いなく私です…)

CHARGEと書いてあるヤツもバッテリー切れでしょうか?可愛いですね、真ん丸い感じ。

そうそう、時計って本当~に、ストライクゾーンのって中々ないですよね~。何かが少し違う。私は過去に二回だけ大ストライクゾーンの腕時計と巡り会いましたが、動きががさつな私はどちらもすぐに壊してしまいました。最近はもっぱら携帯電話が時計変わりです。

う~ん確かに家やら車が買える…。恐ろしい…。


思い出したんですけど、借金大魔王の大将、知り合った頃から相当ぞんざいに身に着けていた腕時計。その後借金大魔王の正体がバレた後、何かの時にその腕時計を「質に入れて、30万円ゲットした」と言って帰って来た事がありました。

…もちろん私は、元々の値段を恐ろしくて確認する事が出来ませんでした。

投稿: めり | 2009年9月17日 (木) 13時22分

昨日の方はドッペるさんだったんですね。次からドッペルさんがお越しの際は「姉御」と呼ばせて頂きます。

はい。CHARGEと書いてるやつは充電切れです。太陽の光に晒すと復活します。これもソーラーパワーで電波時計なんです。

私はいまだストライクゾーンど真ん中の時計と出会ったことがありません。というか出会ったには出会ったのですがとてもじゃないけど、買えない。。。
http://www.panerai.com/s_page.xpd?id_lingua=1&id_sezione=16&id_prodotto=7897&id_categoria=7291
家は買えませんが、国産車なら余裕で買えるお値段で・・・

大将さん、すごいのを身に付けていたんですね。
実は時計マニア?
好きじゃなきゃ、そんな時計買えないと思うんですが・・・

投稿: 虎徹 | 2009年9月17日 (木) 18時51分

虎徹さん、こんばんは。
あー、よかった!アレはやっぱりめりちゃんじゃなかったんですね。
最近、めりちゃんの名を騙る輩が出没しているようですね。
めーりちゃん、とでも名付けましょうか?(または酩利ちゃん?笑)

冗談はさておき・・・

やっぱり虎徹さん、時計もスゴイじゃないですか!
日常使いだけでこれだけのコレクション、どストライクではないとおっしゃってますが、それでも一本芯が通っているのが判りますよ。
さすが、スジを通す虎徹さん、その名に恥じませんね!

しかし、、、もしど真ん中のものに出会ってしまったら!何て思うと、人ごとながら心配になってしまいます。。。
虎徹さん、リミッター、気をしっかりと!ですよ。

ちなみに、めりちゃんの大将さん、質入れでこの金額とは、、、もちろん洋物、めりちゃんがイタリアで買ったという例のやつから、ダブっている文字を除いた本家本元あたりですかね。。。

投稿: Laddypan | 2009年9月17日 (木) 21時05分

そ、そ、そそそ、そうなんですねぇ、ドッペルの姉御が…。わ、わ、わ私ではなくニセモノが…、わわわワタシではなイ…。

お、シンプルでいいデザインですね。虎徹さん、時計は黒に限るのかしら。私は白やシルバーメタリック好きです♪そ、そいで肝心のお値段は…??

いえ、大将がマニアなのは釣り道具だけで、それも自分で工夫して作るのが好きな感じです。でもその時計は確かリバティのナントカ…でした。多分、「ナンかこうゆうの持ってるとカッコいい気がする」くらいでしょう。金銭感覚が絶望的にないヒトですから。


投稿: めり | 2009年9月17日 (木) 21時09分

Laddypanさんコンバンハ。
酩利の姉御はまだ現れていないようです。

は、はい・・・キを、、、し、しっかり、と・・・
・・・キを、、、し、しっかり、と・・・
大丈夫です、多分、大丈夫です。

時計は、機能品・実用品として位置づけていますので、どうしても日本製のクォーツ時計ばかり選択しています。
舶来品の機械式時計に興味が無いわけじゃないんですが・・・
メカメカしてて格好良いですし。
でも、やはりそこにコストをかける度量はありませぬ。

デザインだけで見れば、先ほどのパネライやデジタルであれば、スントのデザインが好きなんですが、、、
http://www.suunto-japan.jp/index.html

スントでソーラー電波出さないかなぁ。

投稿: 虎徹 | 2009年9月17日 (木) 22時03分

今日はドッペルの姉御は出現しないのですか?

黒が好き・・・な訳ではないのですが、何故か黒が多くなってしまいました。やっぱり好きなのかな?
個人的にはつや消しな色が好きです。車の色もつや消しにしてしまおうかと考えているぐらいで・・・
http://cotetsu.way-nifty.com/blog/2009/05/post-5336.html

ちなみにお値段は、正規品だと300マソを越えるかと・・・

大将さん、やはりスゴイです。スゴ過ぎです。
「ナンカ、こういうの持っているとカッコいい気がスル」でウン十万の買い物は出来ません。

その大将さんと添い遂げようとしているメリちゃんはもっとすごいです。

投稿: 虎徹 | 2009年9月17日 (木) 22時14分

「酩利の酒場」希望!
旅人が集まり、なんということもない話をしてすれ違っていく・・・
ママさんはキップの良い姐御、自身もちびりちびりとお客と付き合いながら、今宵も夜は更けていく。。。
但し、不定期営業、お休み前は開店されていることが多いようです。
(めりちゃん、新コーナー、立ち上げて下さいな。 冗談ですよ~。)

スント、これはもうアウトドアの方では有名どころですよね。

昔、やはりいくつか持っていたことがあったのですが、○気圧系は電池交換もけっこう大変だったりするじゃないですか。
そのうち、だんだんと絞られていって、その後、しばらくはめりちゃんと同じく携帯で済ませてました。

が、今年のアタマに久しぶりにGEt.
CASIOのG-SHOCKですが、もっぱらこれ一つでやってます。
(理想は電波、ソーラー系ってのは分かります。でも今回は予算が・・・)

投稿: Laddypan | 2009年9月17日 (木) 22時18分

同上・「酩利の酒場」希望!

そうなんですよねぇ、電池交換メンドくさくて・・・
その上スントもPOLARもG-SHOCKも電池の消耗が早くて・・・
http://protrek.jp/lineup/special/
↑はかなり理想に近いのですが本体とベルトのバランスが・・・
個人的にクロスバンドが理想なんですよ。ウィンドブレーカー等のアウターやグローブの上からでも付けられるから。
昔のG-SHOCKは結構多かったんですけどねぇ、ワンタッチやベルクロのベルト。
で、↑こいつは替えベルトがついてくるのですが、何分本体がでかすぎて、オプションのベルトが異様に細く見えるんですよ。

いや、すごーく細かい話なんですけど・・・

投稿: 虎徹 | 2009年9月17日 (木) 22時42分

そう、機能追求していくと、PROTREK、気になるんですが。
腕時計本来の視認性を考えると、デジタル表示じゃなくて、アナログ針式が捨てがたいんですよね。
だから、いわゆるデュアル系が選択肢にはなるんです。
でもって、前にも言いましたが、釣りはしない、魚は嫌いなくせに、何故か船舶免許をもっておりまして、海なんかに行った日には(あ、免許後操縦してないです)、やはり潮の満ち干なんかは知りたいな、と・・・
でもって、アウトドア系への憧れなんかがありますから、気圧だの温度だの、月の満ち欠けなぞが、いざとなったら分かるんだ、っていうのが何より夢があってイイんですよね~。

ってあたりが、端から見たらどうでも良い私の思案のしどころだったり。。。

投稿: Laddypan | 2009年9月17日 (木) 23時03分

お、Panさん船舶免許をお持ちで。

義理姉の旦那の会社に船舶を販売する事業部があって、最近食指が動いてヤバイデス。
なんでも後継者不足で廃棄に困った中古漁船が大量にあるそうで・・・
係留費用も免許取得費用も安くやるよぉぉぉ・・・と。

タイドグラフ、マストです。
事前に潮の満干は調べていくから必要ないはずなんですが、やはり必須です。

投稿: 虎徹 | 2009年9月17日 (木) 23時21分

ど、どどど、ドッペルの酩利さんのさささ、酒場には、まままままたもやこ、こ、コオロギがシュしゅ、出現したんですねぇ。こ、ここ、コオロギさん、お、おおお得意さんになななっちゃったんですかねぇええ。


掃除機から脱出したのか??…またもや掃除機で吸い取って…大将の部屋に掃除機を封印しました。こ、こ、こ、怖いですねぇ。

ちなみに本日はボトルの底に残った少量のワインしかないので、銘利さんは登場しない模様です…。

そそそそうなんですPanさん。質に入れて30万ってどんだけ?って思いますよね。

G-SHOCK、大将も持ってますねぇ。ねねね、値段は聞いてないですけど…。

(ってゆうか船舶免許持ってるってスゴくないですか…)

投稿: めり | 2009年9月17日 (木) 23時23分

あちらこちらで経験値を稼ぎ、酩利ちゃんの酒場に行くと、愉快な仲間を紹介してくれるらしいです。
あと、風の噂では、そこから北に行った方で、転職できるとかなんとか。。。

おや、今日、知り合いがやけに虫の声が良く響くこと、と思っていたら、洗面所にコオロギがいたそうです。
奇遇?というか全国展開?

虎徹船長!それはもう、心を決めて下さい!
名にしろ二大ネック、船自体の費用と、渓流費用が抑えられるなら、いいですよ~。
フラットこてつくんを付き従えて、これは行くしかないでしょう!
冒険の海へ、いざ~!
(虎徹は船を手に入れた。。。)
アオッテマセンヨ・・・。笑

投稿: Laddypan | 2009年9月17日 (木) 23時45分

コオロギさんも酩利サンの酒場のお客さんだったんですねぇ。
生けとし生けるものすべてが寄ってくるのかもしれません。

大将サンの部屋は封印の祠ですか?

投稿: 虎徹 | 2009年9月18日 (金) 07時21分

Panさん、あおってます、アオッテマス。ワタシ、アオラレテマス。

酩利の酒場、怒涛の全国展開。お客さんはやはりコオロギ。。。

船長さんになりたーい。

投稿: 虎徹 | 2009年9月18日 (金) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46231000

この記事へのトラックバック一覧です: 時計コレクション:

« 又々 めがね君 | トップページ | 誘惑 »