« 世紀末 | トップページ | 実験くん3 »

突貫工事

先日、涅槃へと旅立ってしまった私のメインPC。このままでは私生活に支障をきたすので、担わせていた機能を他のPCに分散させることにより急場を凌ぐこととした。

しかしながら、現状として他に機能しているPCが私のモバイルノートしかなく、しかもそのモバイルノートは今年8月にHDDがクラッシュした嫁子用PCの代替機として利用していたため、これ以上負荷を上げることは難しい。

クラッシュした嫁子用PCは、クラッシュして直ぐに復旧作業に取り掛かろうとしたのだが、リカバリーディスクが行方不明だったため、そのまま放置していたものだった。
起動しようとすると、途中まではファイルを読み込んでいるようであったので、HDDが完全にクラッシュしたわけではなく、一部に不良があるだけだと推測される状態だったが、その欠落した部分のファイルが重要な部分だったらしく、そのままでは自己修復できない状態であった。
また、HDDに保存されていたリカバリーイメージの復元もできない状態で、私の少ない知識では、リカバリーディスクが見つからないとどうにもならない状況であった。

しかし、このまま放置しているわけにもいかないため、OSを購入してそこから復旧することにした。

OSの入ったメディアから起動すると、上手いこ修復機能が走り辛うじてHDDから起動できる状態までこぎつけることができた。
しかし、どうにか起動した悪名高きVistaはWindows Updateがまともに走らない状態で非常に不安な気持ちにさせてくれる状態だ。この状態からどう修復しようと泥沼にはまるだけと判断し、辛うじて蘇生しているうちにバックアップをとりリカバリーすることとした。
リカバリーと同時に、別PCでサービスパック1・2のデータを落とした。どうもVistaのUpdateは信頼できない。その度合いは初期のノートンさんを彷彿させる。

めでたく、まともに動く状態にこぎつけたので、ここで一度リカバリーイメージをとり、今度は私のメインPCに担わせていた機能の一部を移植する作業にとりかかる。
webとメールはモバイルPCへ移行することにした。iTunesも移行したかったのだが、この部分だけで40GB近くあったためこれは断念した。
また、復活を遂げた嫁子用PCには、Rawファイルの現像環境と動画の取り込み環境のみを移行し、画像・動画の編集についてはメインPCを復活させるなり購入するなりするまで保留とした。Adobe系のアプリケーションをフルに走らせるには、少々厳しいし、変に負荷をかけて、つなぎ期間の間にダウンされても困るからだ。

逝ってしまったメインPCだが、辛うじてHDDは生きていたためこれを取り外し、ポートをUSBに変換してデータのサルベージを行った。

以上の作業に丸二日以上の時間を要し、先ほどようやく作業が終了した。
しかしながら、やはり動きが重いことは否めない。Rawファイルの現像だけで随分と時間がかかってしまう。
早急にメインPCを修理に出すなり購入するなりしなければならないが、なにせ先立つものが無い。ぬぅぅ・・・

|

« 世紀末 | トップページ | 実験くん3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うううう~~~

何だか何だか、深刻ではないですか…(全然分からないけども)

えと、画像とかアップされてないのは、PCの機能の問題なんですか?

(いえまぁ、涅槃へ行ったPCの画像をアップしてもどうなんだ、という気はもちろんしますけど)

お、お、お、お、お金がないとゆう事は困る事ですねぃ…

わ、わ、わ、私はいつもですけどねぃ…

めぇぇぇ。

投稿: めり | 2009年11月 1日 (日) 16時30分

虎徹さん、こんばんは。
ひとまずご苦労様でした。

OS購入、7が出ている現在、少しはお買い得でしたか、ダメVista?(本当に使えないやつですね、あれは。)
状況的にはMBR廻りの修復かなという感じですが、チェックディスクやクラスタのスキップなど、繰り返しながらやってみてようやくどうか、といったところだったのかな、と。
しかし、確実性と無駄にするかも知れない時間を考えると、OS再購入というのは賢い選択だったのかも知れませんね。

環境の完全再現は、やはりメインPCがないと成り立たないかも知れませんね。
それにしても、Rawファイルの扱い、そんなに重いのですか?
こちらは一デジがないので未体験です。

ちなみに、これまた重いAdobe系、なにを使ってらしゃるのでしょう。
(私はPhotoshop&Premiere Elementsですが、確かに動画扱いは厳しいですよね。)

なにはともあれ、よかったですね!
手間が掛かってしまっても、HDD内部のデータさえ生きていれば、これに勝るものなしです。

そう、結局お金なのですよね・・・悩みどころは。
私はこのふんぎりが付かず、一年近く迷って、今回の有様です。。。
(>_<)
 

投稿: Laddypan | 2009年11月 1日 (日) 18時30分

めりちゃん、コンバンハ。
もう、テンヤワンヤでした。でも、どうにか嫁子用PCは復活しました。どうもお騒がせしました。

画像をアップしていないのはですね、単純に時間を割けなかったためでございます。残ったPCでどうにでもなるんですけど、テキスト打つ余裕しかございませんでした。


お金、大切ですね。
お金があれば、ここまで四苦八苦する必要はないんですけど…限りある資金で最大限の効果を期待するなら、やはり労力が伴うわけでして…

宝くじ、当たらないかなぁぁぁ。。。(買ってないけど)

投稿: 虎徹 | 2009年11月 1日 (日) 21時34分

Laddypanさん、コンバンハ。

OS、OEM版で1万円ちょっとでした。7にすることも考えたのですが、それはかなり冒険だったので、ダメダメVistaにすることにしました。

明らかにブート段階でこけておりまして…
ディスクチェックの類も走らない状態でした。よしんば走ったとしても、エラーの出ている場所のファイル自体が欠落している訳で、OSを購入するという結論となりました。
(MacやUNIX系のように、そこにファイルがあれば良い代物じゃないですからねぇ。。。お手上げです)

RAWの現像、アプリによって違うかと思いますが、SILKYPIXで結果を見比べながらの現像となると、やはり少々重いです。
(多分、単品で使っていれば問題ないのですが、必ず他のアプリも並走させているので…)

Adobe系、Photoshop&Illustratorの定番コンビです。あ、今やDreamweaverやFireworksやFLASHもAdobeですね、最近使っていませんが…


ホント、データが生きてて良かったです。これだけが救いでした。データまで飛んでいたらしばらく立ち直れないとこでした。

潤沢な資金があれば、あれもこれもと行きたいところですが、実際ある一定以上のスペックになると、急に高額になりますよね。それでいて、それらの高額商品は直ぐに過去のものになってしまいますし・・・


投稿: 虎徹 | 2009年11月 1日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46636478

この記事へのトラックバック一覧です: 突貫工事:

« 世紀末 | トップページ | 実験くん3 »