« 夕焼けを探しに | トップページ | 虫の知らせ »

暁光

01_2
昨日、夕日をネタにしたので、調子に乗って今日は朝日をネタにしよう。
冒頭の画像は、朝日を浴びて少しシリアスな感じになっている「ゆき」ちゃんである。
実は迫り来る太平洋の波にビビッているだけである。

朝日をネタにすると言っても、早起きして朝日を拝みに行く日など年2・3回である。
行ったはいいが、雲に隠れて何も見えなかったなどという日もざらにある。
個人的に夕日よりもレアな存在だ。

02_1_2 02_2_2 02_3_2
これは、下北半島の尻屋崎を訪れた際のものである。いや訪れたという表現は適切ではないかもしれない。
午前1時半に自宅を出発してなので、私の主観としては突撃とか強行といった表現の方がよく馴染む。
画像は順番に、日の出前・日の出直後・朝日を浴びる「こてつ」 である。
なお、3年前の写真なので「ゆき」はこの世に存在しておらず、「こてつ」は今よりスマートだ。
なお、このあと子供達から電話がかかってきて、自分たちを置いて遊びにいったことを非難された。その償いとして遊びに連れて行くことを約束させられたが、おかげで36時間以上起きっぱなしを余儀なくされた。

03_1 03_2 03_3
こちらは、津軽半島は龍飛岬からのものである。
順番に、日の出前・日の出直後・朝日を浴びる「こてつ」 である。
この日は、前回の出来事を教訓に子供達も連れて行った、が、子供達は寒い・眠いを連呼し肝心の日の出のタイミングでは、車の中で夢の中だった。
そして、移動時間中たっぷり睡眠をとった子供達に振り回され、またもや36時間耐久レースとなってしまった。

なかなか出会えないものだけに、美しい朝日を浴びるのは清々しいものである、が、そこに辿り着くまでには様々な障害があるのだということを知った。そしてだからこそ得がたい体験となるのだろう。・・・子供達やワンコ達は何も苦労をしていないが・・・


太平洋沿岸に住んでいれば、容易に出会えることでしょう。
前日に移動して車中泊でもすれば、もう少し楽でしょう。でもそんな突っ込みは不要です。

|

« 夕焼けを探しに | トップページ | 虫の知らせ »

探索」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

海から昇る太陽!!!
いいですね~、きれいですね~。
波がまた気分を盛り上げます。
山から昇る朝日もよいですが、海はまた格別。

紫がかった「ゆき」ちゃんもかっこいい。
もちろん、ちょっとコートの短めな「こてつ」くんも。

しかし初詣に行くかのような出発時間ですね。


「アウトでドアな類のサークル」、その通り!
山に登り、下山後駅寝をしながらうろうろする、ということをやってました。今は駅寝なんてしないのかな。
犬種を考えた時の条件の中に一緒に歩きまわれる、山にも行ける、というのが入ってましたよ。最初は甲斐犬なぞも候補に。。こんなに泳ぐ犬とは思っていませんでしたが。

投稿: mugi | 2009年10月14日 (水) 08時29分

前日に移動して車中泊すればもっと楽でしょうに。

などと突っ込む気はさらさらありませんとも。

「強行」「突撃」な気分、分かります。盛り上がっちゃってテンション高くなるんですよね。何故でしょうね。

しかし~どの写真もきれいですね~!虎徹さん(のカメラ)すごい。

36時間はちょっとハードですね。交通事故など気をつけて下さい。

投稿: めり | 2009年10月14日 (水) 09時01分

mugiさんコンバンハ。

日の出・日の入りの瞬間、なかなか良いものです。
この瞬間をボーッと自分の眼で見ていたいのですが、いつも写真を撮りたくなってしまいます。

駅寝・・・それは私は未体験です。そういえば、電車でのんびり旅をするというのも、したことが無いです。
一度はそういう体験をしてみたいものですが・・・

>犬種を考えた時の条件の中に一緒に歩きまわれる、山にも行ける、
なるほど、私もそんな感じです。
でも、JET君はものすごく泳ぎますよねぇ。「こてつ」ももっと泳いでくれないかなぁ。

投稿: 虎徹 | 2009年10月14日 (水) 20時15分

めりちゃんコンバンハ。
えぇ、前もって行けば楽なはずなのです。でもおっしゃるとおりで、突然自分の中で盛り上がってしまうのです。
尻屋に行ったときは0時頃に突然行きたくなったのです。
改めてカウントしてみたら、このときは43時間耐久レースでした・・・

カメラは私の技量に見合わない程高機能で・・・
ただ、おかげでいろいろと試してみたくなるようになりました。
以前は風景を撮るなんてなかったんですが。。。

投稿: 虎徹 | 2009年10月14日 (水) 20時23分

虎徹さん、こんばんは。
綺麗な写真群ですね。
露出的には朝日の方が光の変化がめまぐるしいので難しいように思いますが、お上手です。

何故に光に黒いわんこが風情があるかと考えていたのですが、、、
ゆきちゃんの紫、こてつくんの赤み、つまり黒と赤とのコントラストにおける相性がいいのだな、と思い至りました。

そう、風景写真、もちろん待ちというのもあるかと思いますが、専門家でない以上、そのタイミングを目指して行く、というのは動機として有りだと思いますよ。
なんのなんの、あまり無理しない限りはこういうのも楽しいではないですか!
また、いい写真を楽しみにしておりますよ。

投稿: Laddypan | 2009年10月15日 (木) 00時09分

Laddypanさん、おはようございます。

朝日・夕日の時間帯、黙ってみている分にはまったりとした時間に感じられるのですが、いざ写真を撮ろうとするとなんかバタバタしちゃいます。
露出的にも、構図的にも「ああしてみたい、こうしてみたい」と思うところがいろいろあるのですが、それを全て試す余裕もなく。。。

黒い犬、強い光があたると黒とのコントラストが強くなり、いい感じになりますよね。
これまた撮影条件的には厳しいものがありますが、それに見合った結果が得られるように感じます。

朝日や夕日を浴びた姫の写真も是非!

投稿: 虎徹 | 2009年10月15日 (木) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46477602

この記事へのトラックバック一覧です: 暁光:

« 夕焼けを探しに | トップページ | 虫の知らせ »