« ナビ | トップページ | 逸脱 »

闘痔の旅 さるか荘(平川市)

01 今回の闘痔の旅は、青森県平川市(旧尾上町)の「平川市尾上農村環境改善センター・さるか荘」である。

例の如く「ひらかわ!入浴ラリー」の対象となっていたので訪れた。

名前から推測できるとおり猿賀公園内にある公共の施設である。
なお、前出のカロナビで検索すると、同公園内にある別施設「ウェル津軽おのえ荘」付近へ案内されるので注意が必要である。目的地としてセットするならば猿賀神社をセットしたほうがわかりやすいだろう。

いかにも公共の建物チックなこの「さるか荘」、慎ましく表示されている温泉マークがなければ温泉があるのかどうか判らないような雰囲気だ。
入り口に発券機があり、これまた役場の守衛室窓口のような受付へ券を出す。
割と新しい感じの施設で、公共の施設独特の無機的な雰囲気が漂い、鄙びた感は一切ないが、受付の人は妙に愛想が良かった。

02 03

施設から受ける印象同様、浴室も小奇麗な感じだ。
こういった雰囲気から全く期待をしていなかったのだが、お湯はジャブジャブと掛け流しであった。やや褐色のお湯は無色透明で特に匂い・味は特に感じられず、若干ヌルスベ感のあるモノだった。大きな特徴の無いお湯だったが、期待していなかったせいか、かなり気持ちよく感じられた。
なお、表示によると若干加水してあるとのコトだった。
施設の規模の割りに小さめの浴場だが、露天風呂も備えていた。壁に囲まれ特によい景観もない。せっかく猿賀公園内にあるのだから、景観を望めるものにして欲しかったが・・・

平日にも関わらず、猿賀公園は結構賑わっていた、が、温泉自体は貸し切り状態だった。PRが足りないのか、慎ましい温泉マークのためなのかは判らないが得した気分であった。

──温泉DATA─────────────────────────────
名称:平川市尾上農村環境改善センター さるか荘
   (ヒラカワシオノエノウソンカンキョウカイゼンセンター サルカソウ)
住所:青森県平川市猿賀池上45番地1
電話:0172-57-5316
料金:330円(小150円、幼50円)
時間:5:30~21:30
効能:神経痛、関節痛、慢性消化器疾患 他
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
pH:8.78
温度:49.0度
HP:平川市
最終訪問:2009年7月
────────────────────────────────────

ついでに公園・神社を散策しようと思ったが、生憎雨降りとなってしまい断念した。見たところ意外と見所は多そうなので、散策を楽しんで温泉というのも悪くないだろう。
ただ、確認したわけではないが、平川市周辺の公園はどうも犬の立ち入りを禁じている場所が多いように感じられる。
「ノーリード禁止」とか「糞の片付け」ではなく、立ち入り自体を禁じるような看板を多く見かけるのだ。
管理側が否と言えばそれに従わざるを得ないと考えるし、そもそも私は平川市の住人ではないので何も言えないが・・・立ち入りすら禁止というのは・・・

|

« ナビ | トップページ | 逸脱 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

行ってみたいな

投稿: かい | 2009年10月24日 (土) 00時27分

ふーん、虎徹さん、道の駅に行ったんだ…(違

ひらかわ!入浴ラリー、コンプしてらっしゃるのに行かれるのですねぇ。

こういう小綺麗なとこって、ちょっと落ち着かない感じもしますけど、でも小さい子供さんにとってはきっと鄙びたとこよりいいんですよね。

私も子供の頃、がっつり水分吸って変色してる木の浴槽とか、不気味な気がして近寄りませんでした。

フロイラインと言われると私はフロントラインを思い出します。(え)

投稿: めり | 2009年10月24日 (土) 07時46分

かいさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
温泉に興味がおありでしょうか?本ブログでは、まだ数は少ないですが青森県内の温泉を中心に備忘録的に記述しております。
青森にお越しの際は、是非温泉も堪能して頂ければと存じます。

投稿: 虎徹 | 2009年10月24日 (土) 08時59分

めりちゃん、おはようございます。

小奇麗なところは私も落ち着きません。しかし、遊び対盛りの次女は遊べそうな広い施設を、思春期に入った長女はやはり小奇麗なところが良いらしく・・・
なので子供達と行くときは家族風呂があるところしか行っていないんです。(長女は小六なんで、中学校入ったらついてこないだろうなぁ)


あ、最前線ですね。思いっきり意味が変わってしまいましたね。
シッポたちとの生活は、ある意味毎日がフロントラインですが・・・

投稿: 虎徹 | 2009年10月24日 (土) 09時11分

虎徹さん、こんにちは。
ヘンなところに納得。
外観は一見すると野暮ったい作りの建物、とか、
公共なのに愛想が良い受付の人、とか、
せっかくの風景を生かしていない作り、とか。

ありますよね、こういうところ。
中身はいいのに、アピール下手というか・・・

勿体ないんですけど、それ故に穴場=空いていたりして、、、
自分的にはそのままにしておきたいんだけど、それもなぁ~・・・
まあ、それを考慮する立場じゃないから余計な事なのかも知れませんがね。

あ、これを言ったら、わんこの事も同じですね。
でも、犬飼としては悲しいかな・・・。

投稿: Laddypan | 2009年10月24日 (土) 17時05分

Laddypanさん、こんばんは。

出来れば穴場であってほしい、しかし、穴場すぎると存亡の危機が・・・心配してもどうにもならないのに、そう思っちゃいますよねぇ。

最近は公共の施設でも費用対効果という言葉の元に廃止されたり、指定管理者制度などで運営コストを下げたはいいが明らかに質が落ちたりということもありますから、公共の施設だから潰れたりしないだろうという考えも馴染まない時代ですしね。


ワンコの件はホント残念です。以前、同市をドライブしていていい感じの公園を見つけたんです。でも「犬の散歩を禁ずる」って看板が・・・
お隣弘前市の弘前公園もダメだったし・・・

投稿: 虎徹 | 2009年10月24日 (土) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46564947

この記事へのトラックバック一覧です: 闘痔の旅 さるか荘(平川市):

« ナビ | トップページ | 逸脱 »