« ダウン | トップページ | 突貫工事 »

世紀末

随分と前、西暦1999年頃の話であるが、私は妻と一緒に何気なくテレビを見ていた。
テレビにはガッツ石松が映っていた。どうやらガッツ語録特集らしい。

今更改めて説明する必要はないと思うが、ガッツ石松氏は元プロボクサーで、WBC世界ライト級チャンピオンにまで上り詰めた偉大な漢である。
引退後は、政界に打って出てみたり、俳優としての活躍を見せたりと、その才能がボクシングだけに留まらない活躍を見せている。

特に、深い懐を感じさせる人柄と名言の数々は、今だにテレビ番組で取り上げられ、その大きな人物像を見せてくれる。
彼に比べたら、パソコンが壊れただけで四苦八苦している私などアリンコの如き小ささだ。

そんな彼の特集が放送されていたのだが、彼のある一言をきっかけに事件は起きた。

ガッツさん曰く、



「 太 陽 は  か ら 昇 る よ な 」



・・・流石である。有史以来絶対とされている現象さえ、彼にとっては自分を基準とした相対的なモノなのだ。
♪西から上ったお日様が~と歌われた「天才バカボン」が常人に感じられてしまう。東西南北という絶対基準で表現されていた太陽など、ガッツさん周りで起こっている現象に比べたら至極普通である。

そんなガッツさんを見ながら、私と妻は大爆笑していたのだが、その瞬間、我妻に神が降臨した。
神は、私に語りかける。



「 で も 、 に な る と 右 か ら 昇 る よ ね 」



おお妻よ、お前もか!
いや、もはや神の域にたっしているであろうガッツさんに匹敵するのだ。降りたのは悪魔か?
ならば、今私の目の前で起きている現象はハルマゲドンか?



無邪気と悪魔は紙一重と記したのは太宰治だったろうか?
その紙一重は、今日も無邪気に悪魔的な発言を繰り返している。

|

« ダウン | トップページ | 突貫工事 »

ネタ系」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぶわははははははははは

素敵な奥様ですね~~、季節限定なトコに、何らか独特の基準を感じます。

きっと秋になると左から上るんですね。うん。

無邪気な悪魔さんの名言集もその内アップされるのかなぁ~。

…で、やっぱりおサルさんがページをピョンピョンと…?

投稿: めり | 2009年10月30日 (金) 20時32分

虎徹さん、こんばんは。
傑作です!
大変おもしろいエントリでございました。

タイトルからボクサーのお名前が見えたときには、虎徹さんのおじいさまのお話にたどり着くのかな、などと思っておりましたが。
どうしてどうして、意外なところにオチがつきまして、虎徹さんの文章の醍醐味を満喫させていただきましたよ。

何かと関わることでしか世界を構築できない男性と違い、その存在の個自体が既に世界そのものである女性、もう奥様が全て正しいのですよ。
素晴らしいです!

世紀「末」、ガッツ石「松」、そして「妻」は。かみさんで神様。
あくまでも人として素直な心理であり、そこには真理が宿るのですね~。
(こんな余計なことを考えてしまうワタクシは、そんな自然体の女性にはとてもかなわないのでございます。)

)その後、PCの方、順調ですか?)

投稿: Laddypan | 2009年10月30日 (金) 22時23分

めりちゃんコンバンハ。
そう、何故か季節限定。何故に春?
彼女も大物かもしれません。

他にうまいことネタにできそうな語録は、あまり無いのですが、一時期、嫁さんや娘たちの寝言をメモしてたことがありました。
単発だとネタ化できそうにないので、そのうち数で攻めてみたいと思います。

投稿: 虎徹 | 2009年10月30日 (金) 22時43分

Laddypanさんコンバンハ。
お褒めいただきありがとうございます。

昨日、何気なくテレビを見ていたらガッツさんが映っていたので思い出してしまったものでした。

ホントこの時は、私の時間が止まりましたよ。
ハッ!まさか嫁さんはスタンド使い?
パソコンのことなんかで苦労している私にかなうわけがありません。


PC、現在データをサルベージ中です。どうにかHDDは生きてました。嫁子用PCの復旧作業も今のところ順調です。
どうもお騒がせしました・・・

投稿: 虎徹 | 2009年10月30日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46620544

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀末:

« ダウン | トップページ | 突貫工事 »