« 初代 | トップページ | ボクの失敗 »

プラド

Prado ランドクルーザー・プラドがモデルチェンジをした。
プラドはランドクルーザー70系から、一般ユーザー向けに乗用車テイストを加えて派生して今日に至る。
ランドクルーザーの名を冠する自動車は、大まかに分けて3タイプとなる。
ランドクルーザー60・80・100・200の大柄なステーションワゴン。
ランドクルーザー40系からモデルチェンジして登場したヘビー系のランドクルーザー70系。
そしてランドクルーザー70系に乗用車テイストを加え、当時人気のあった三菱パジェロの対抗馬として登場したライト系のプラドである。
詳しく知りたい方はWikiあたりを参照にして頂きたい。(トヨタ・ランドクルーザー/トヨタ・ランドクルーザー・プラド

私がランドクルーザー80系を選択した理由としては、
 ・頑健であること。
 ・貨物登録が可能であること。
 ・ディーゼルエンジン搭載であること。
の条件を満たしている中での選択だったため、残念ながらプラドは選択肢から外れてしまったのだが、この条件はあくまでもセカンドカーとして条件であり、エスハイに変わる多人数移動用の車両として考えるならば、プラドという選択肢も有り得たりする訳で、新型プラドが気にならないわけではない。

なので、とりあえずトヨタのプラドのページを覗いてみたのだが、思ったことは「買えない・買わない」だった。

新型プラドを私なりに解釈すると、「悪路も走れる高級車、おまけに7人乗れます」だ。ちなみにランクル200の場合は、高級車の頭に「超」がつく。
コンセプト的にはアリだと思う。多人数が乗ることができ、悪路の走行も可能。もしくは悪路の走破が可能で、多人数も乗ることが出来る。(同じようなことを並べて言っているが、多人数の移動空間としての部分に主眼を置いているか、悪路走破性に主眼をおいているかの違いである)
ちょっとアウトドアなレジャーユースには最適だろう。

しかし、プラドは「ちょっとアウトドア」に使うにはいささかヘビーすぎる感があり、道なき道を進むには少々貧弱な足回りであるように思える。
ようはどっちつかずなのだ。
そして、そういう隙間なニーズを狙うには高級すぎる。

いざというとき頼りになる頑健さが欲しい、と言うのはわかる気がするが、はたしてこの車を購入した人がそういう場面に遭遇するだろうか?
国内でそういう場面に遭遇する場合は、狭い藪だらけの道で藪にボディを引っかかれながら走行するような状況が多いと思うが、この価格帯の車でそういうところを走行するだろうか?

こういった車特有の押し出しの強さや、諸外国ではレクサスブランドで販売されていることから高級感を求めて購入する人もいるだろうが、そういった方々に頑健さは不要であろう。
しかし、ランドクルーザーという名を冠している以上、それ相応の頑健さ・走破性も兼ね備えなければならない。ここら辺が迷走している原因だろうか?

トヨタとしては「ランドクルーザー」の国内販売台数などおまけみたいなもので、他国でのニーズに答えつつ、企業のイメージとしてとりあえず国内でも販売しているだけなのかもしれないが、で、あればキャラのかぶる200系とプラドのラインナップではなく、70系の国内販売を復活させて欲しいものだ。
もしくは、FJクルーザーのような車に環境に配慮したエンジンを積んで販売したほうがよっぽどイメージアップにつながるだろう。

環境対策といえば、トヨタは一般向けの車両に対してのディーゼルエンジンの搭載に消極的なようだ。
某都知事が、声高らかにディーゼルエンジンの環境に対する悪影響を謳った為、ディーゼルエンジンはすっかり悪者にされてしまった感があるが、それは一側面に過ぎない。
ガソリンエンジンより高効率で、二酸化炭素排出量が少ないディーゼルエンジンは欧州では一般的な存在だ。
排気ガスの問題にいたっては、一部の業者が軽油ではなく安価な重油などを混ぜて使用していたために発生した問題である。
悪者にされてしまったディーゼルエンジンを搭載するより、ハイブリッドエンジンを載せたほうがイメージアップにつながるのだろうが、日本を代表するトヨタには是非クリーンなディーゼルエンジンを開発して頂き、国内一般向けの車両にも搭載して、イメージの改善に繋げて欲しい。
トヨタやレクサスの名前で出ている国内一般向けの車両に搭載していないだけで、関連各社製の車両や国外向けの車両には搭載しているのだから。

さんざん酷評した感がありますが、車両本体価格はともかくとして、4リッタークラスの乗用車を維持するのは一般的なサラリーマンには厳しいと思います。
車のイメージと言うものあると思いますがプラドに5人乗りをランナップするなら、200にバンのラインナップを復活してくれてもいいのに・・・

|

« 初代 | トップページ | ボクの失敗 »

ランクル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ハイ!ディーゼルエンジンは悪の権化だと、今の今まで信じて生きて来ました!!

何か。さっぱり分からないけれど、でぃーぜるは良くないよ。環境汚染だかんね。と、聞かされて来ました。そうでもないらしい…。(←知識がない為すぐ左右される…)

藪の中を走行して、車体を傷だらけに~~よく大将のカローラのバンでそんな目に遭いましたね~。見事にボーダー柄になりましたっけ…。

投稿: めり | 2009年10月 2日 (金) 08時40分

虎徹さん、こんにちは。
そう、初めてディーゼルエンジンの仕組みを知ったとき、おお、これはすぐれものじゃん!と思ったことを思い出します。
技術的には凄いんですよね、ディーゼルって。

なるほど、さすが車好きなだけあってお詳しい、かつ鋭い考察ですね。
なんだか、メーカーの営業サイドと開発サイドのそれぞれの思惑がせめぎ合っての事のような気がしますね、この内容を見ると。

そもそも、用途ではなく、付加価値の為にイメージ戦略を選択し、マルチパーパスはともかく、高級SUVとか、ラグジュアリーとか言い出した時点で破綻は目に見えていたのでしょうね~。

ある程度の車好きなら、例えばそこそこの踏破性能を持ったオシャレ車っていうのもありでしょうが、これがメーカーお仕着せでもいいというレベルだと、その程度までのお金持ちしか市場がないわけで、、、

だったら本当のお金持ち&趣味人はカスタムに突っ込んでいくしか道はないって寸法ですよね、虎徹さん!

投稿: Laddypan | 2009年10月 2日 (金) 16時50分

めりちゃんコンニチハ。こんなグッチーな記事にお付合い頂きありがとうございます。

多分、世間一般のディーゼルエンジンに対する認識はそのようなものだと思います。
そして、そう認識させるほど某都知事のメディア戦略はスゴカッタのです。

しかしながら、環境対する影響を見るとガソリンエンジン、ディーゼルエンジンそれぞれに一長一短があり、どちらが環境に優しいのかとは一概に言えないのです。

ディーゼルエンジンが槍玉に挙げられた一番の理由としては排ガスの問題がありますが、これは燃料である軽油の質に大きく左右されます。
一部の悪徳な業者が、軽油に安価な重油や廃油を混ぜて使用しており、これが原因で普通に使用していれば排出されないような有害な排気ガスが発生してしまったのです。
ディーゼルエンジンは昨今話題になっているバイオ燃料にも対応できる懐の深いエンジンなのですが、粗悪な燃料にも対応できてしまう懐の深さが仇となってしまったのです。

そして一番の問題は、この混ぜ物を直接取り締まる法律がないことです。
軽油取引税から逃れることになるので脱税となるか、排ガスが保安基準を満たさないため整備不良とみなされるくらいで、この混ぜ物に的を絞った罰則がないのです。

まず悪質なものに対する法整備を進めるべきであり、一律ディーゼルはダメというのはおかしいのですが、前出の某都知事の戦略により世論はそうなってしまいました。
ディーゼル自体が悪なのであれば、重機や船舶(殆どがディーゼルエンジン)も取り締まらなければならないのですが・・・


あぁぁぁ、またグッチーになってしまった。
あ、私の車も藪にすって縞模様だらけです。

投稿: 虎徹 | 2009年10月 2日 (金) 17時48分

Laddypanさん、コンニチハ。スイマセン半ば愚痴なんですがお付合い頂きまして・・・

そうなんです、私の価値観とニーズに照らし合わせると、現行の車両で欲しいモノっていうのは皆無に等しい状態で・・・
大企業がお客さんのニーズを汲み取ってそれを反映させているのでしょうから、私が世の風潮とずれているのでしょうが・・・
で、そうなるとイヂルしかないのです!(言い訳)

ディーゼルエンジンは、それを取り巻く環境の整備次第で、十分エコ仕様になりうる素養を持っているだけに、現状を考えると残念に思います。
50万キロ以上使用されたエンジンが、船舶用のエンジンとしてリサイクルされたりしているのですから、そこを見ただけでも鉄屑としてリサイクルされるより有益だと思うのですが・・・

私のランクルも現在14万キロですが、変な黒煙が出ることもなく快調です。
でも、古い車と言うことで今年から自動車税が引き上げられました・・・
古い車は環境に優しくないということなのでしょうが、世の風潮は、長く大切に使うことはどうでもいいらしいです。


っとっとっと、また、グッチーです。すみません・・・

投稿: 虎徹 | 2009年10月 2日 (金) 18時09分

虎徹さん、ちょっとだけ。
う~ん、あの都知事にはこまったものです。
かえってご迷惑をお掛けしてしまい・・・代わってお詫びしておきますね。(決して投票したワケじゃないんですが・・・)
あの人の好きなクルーザーだって、船舶用ディーゼルでしょうに、、、誰も突っ込まなかったなぁ。

そうか、ひとつ分かった気が・・・
ディーゼル、圧縮比が高くないといけないから、シャフト、鍛造品ですよね。
なんだかこの間の自転車パーツの好みに繋がるような気がします。。。

投稿: Laddypan | 2009年10月 2日 (金) 22時17分

そうですよねぇ、かの一族確か海遊びがお好きなんですよねぇ。そこはスルーかい!ってだれも突っ込み入れなかったんですかね?

そうそう、ディーゼルは圧縮比が高いからパーツの一点一点がごっついんです。ばらしたことはないけど・・・
そして、一概にトルクが大きいから駆動系もごっつくてメカメカしてるんです。重くなる原因でもありますが・・・
日産のエクストレイルにディーゼルがラインナップされていますがMT仕様しかないのは、ディーゼルのトルクに耐えられるATミッションの開発が間に合わなかったらしいです。

投稿: 虎徹 | 2009年10月 3日 (土) 04時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46365341

この記事へのトラックバック一覧です: プラド:

« 初代 | トップページ | ボクの失敗 »