« リベンジ ~その先にあるものは~ | トップページ | 次いってみよう。 »

新天地を求めて

01_3
2009年10月10日の新規開拓事業第一部はグダグダに終わってしまったので、同日第二部を決行するものとした。
同伴した「こてつ」&「ゆき」が明らかに退屈そうだったからだ。
この日二度目の新規開拓先として白羽の矢を立てたのは、下折紙沢上流にある三重の滝にした。
下折紙沢周辺は、今まで訪れたことが無く、また有名なわけでもないが、美しい川であると渓流釣りマニアな方から聞き及んでおり、いつか探索しようと思っていたのだ。
しかし、結果的には第二部も不発に終わった。当初の目的地とした三重の滝はどうやら車を停めてから40~50分ほど歩かなくてはならないらしく、また台風の影響で道が悪かったのであきらめた。

三重の滝はあきらめたが、下折紙沢沿いを車で走っていると、簡単に沢に降りられそうなポイントが点在していたため、適当なポイントで車を停め「こてつ」&「ゆき」と遊ぶことにした。そのポイントが冒頭の画像である。
しかし、ワンコ達と遊ぶには少々上流すぎた。足場が狭く、そして悪く、また流れも急で「ゆき」はもちろん、「こてつ」も微妙にひいていた。

02 振り返ると、「ゆき」は既に車に戻りたいオーラを出している。水辺に近づこうともしない。
「こてつ」は軽く水に入ってはみるのだが、あまり楽しそうではない。
少し入っては、こちらを振り返り哀願するような目を向けてくる。
どうやら「こてつ」的にも、この場所は遊ぶ場所として不適合のようだ。
「こてつ」&「ゆき」にダメだしを食らってしまったので、探索もソコソコに、この場をあとにすることにする。

しかし、約3時間車で連れまわした上に、何も遊べないのでは彼らと私が不憫なので、帰りに遊び場としての実績ポイントに寄ることにした。
そこは弱い流れの浅瀬が広がる川なので、「こてつ」は元気よく走り回れるし、「ゆき」も川に叩き入れても問題ないだろう。

03 04_3
しかし、ここにも台風の影響が色濃く残っていた。
川の水はえらく増水しており、お気軽に入水できるような感じでは無くなっていた。
激しく流れる川の音に、ややビビリ気味の「こてつ」。
浅い、流れの無い場所に立ち、呆然と川を眺める。「ゆき」は当然近寄ってこない。


3連休初日、我々は不完全燃焼のまま家路につくこととなった。

|

« リベンジ ~その先にあるものは~ | トップページ | 次いってみよう。 »

探索」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

読んでないけどコメ。

つまりライス。

ぼきはえるんだかんね。

寝るんだかんね。


もうこてちゅなんてPanなんて~~


フレア!!!!

投稿: めり様(暗黒) | 2009年10月11日 (日) 01時22分

これはこれは。
増水ですね~。完璧に。

少しびびっている「こてつ」君。尾っぽが下がっているヨ。
JETもさすがにびびるかなぁ。ていうか、びびって欲しい。
びびらずに入水して流されたらお話にならない流れのように見えます。
これ、また音がごーごー鳴り響いていたりするんでしょうねぇ。

確かに、不完全燃焼。残り2日でリベンジですね!

そうそう、我が家の一代目の車がジムニーでして、
いろいろと山道を突撃したのですが、
小さい割に図体が上に高いので、ころころとよく転がりそうになっていました。
後は、雪道の轍が合わなくて、つるつる走りにくかったですね。
そして、さらなる問題が、
高速をがんがんに走っても、誰にも譲ってもらえない、ということ。
小さすぎて、見えないんでしょうか。
高速の中央道には談合坂という坂があるのですが、
事前にかなりのスピード(最大が140だせるので、それ近い)にもっていって、踏み切ってかけのぼるのですが、それでも80に落ちているっていう、なかなかかわいい奴でした。
また乗りたいなぁ。(ちょっとイメージがJETに似ている。)

投稿: mugi | 2009年10月11日 (日) 09時53分

えええ、こんにちは。昨夜、Panさんと虎徹さんの間に割り込めなかった腹いせに、奇妙な就寝宣言をしている人間がいるようですが、それはそれとしまして。

「彼らが不憫」ではなく「彼らと私が不憫」という表現に深く頷いてしまいました。分かる分かるぅ~。

「彼ら」を車に乗せた時点で、「私」は彼らの期待を一身に背負うものですよね~~。

画像で見るだけでも増水の様子が分かります!しかももう寒いのではないでしょうか?

犬も風邪引きますから~用心なさって下さいね!

投稿: めり | 2009年10月11日 (日) 13時12分

mugiさん、こんばんは。
こちらは今日もスッキリしない天気でした。

はい、明らかに増してます。雪解け時期以外はチョロチョロなのに、ここ・・・
お察しのとおり音も凄まじく、そして見てのとおり「こてつ」は完全にびびってました。

ジムニーに乗ってらしたんですね。
いいですね、ジムニー。日本の山道を走るには最適ですよね。嫁さんが今の車を買う際に、ジムニーを勧めたのですが、後席にドアがないからという理由で却下されました。
なんでも、後ろの席を掃除するのが大変だからとかで。
掃除なんてしないくせに・・・
次の嫁の車買い替え時期にこそ。。。

我が家のランクルも、高速で登坂車線があるような上り坂ではみるみる速度が落ちていきます。普通の軽自動車にも煽られる始末です。

投稿: 虎徹 | 2009年10月11日 (日) 18時52分

めりちゃん、こんばんは。フレアを喰らった虎徹です。

彼らは明らかに何らかの期待を込めて車に乗り込んできますよねぇ。
車のキーを出す音が聞こえただけで走り寄って来ます。
ちょっと本屋に行くだけでも・・・

こちらの気温ですが、里はまだそんなに寒くないですよ。
ただ、水は冷たくなってきました。
今日は、八甲田山中まで行ってきたのですが、そこまで行くとさすがに風が冷たかったです。
「ゆき」がブルブル震えてました。

投稿: 虎徹 | 2009年10月11日 (日) 18時57分

虎徹さん、こんばんは。
せっかくの新天地ながら、さすがにこれだとさしものフラット組んでも引いちゃいます。
ほどよい兼ね合いというのもまた、難しいモノなんですね。

おお、ジムニーか~。
あのクラスではいわゆる名車なんですよね!
ちょっと皮肉なことに、ラフロードではある程度の車重も踏破性能に影響したりするんですよね。
これまた兼ね合いが難しいところだったりして
 
こてつくんとゆきちゃんにすまなく思ってしまう、虎徹さんの優しさ、ご立派です!!

(あれ、めりちゃん、日本酒の話題だからとお待ちしている間に、、、
かえってスミマセンでした。

投稿: Laddypan | 2009年10月12日 (月) 00時37分

Laddypanさん、こんばんは。
新規開拓、なかなか難しいです。と、いうより、今回は間が悪すぎました・・・失敗です。

ジムニー、私も欲しいんですよね。
スペースユーティリティが優先されている最近の軽自動車たちの中では異色かつ唯一無二の存在と言えるでしょう。
その分、趣味性が強すぎてファーストカーとするには厳しいモノですが・・・特に家族持ちには。
嫁さん、買わないかなぁ。

(私も日本酒ネタだったから、黒めり様がのってくるかなぁと思ったのですが・・・)

投稿: 虎徹 | 2009年10月12日 (月) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46449310

この記事へのトラックバック一覧です: 新天地を求めて:

« リベンジ ~その先にあるものは~ | トップページ | 次いってみよう。 »