« 闘痔の旅 平賀観光温泉(平川市) | トップページ | リベンジ ~その先にあるものは~ »

嵐のあとで

01数年ぶりに青森県を直撃するかと思われた台風18号だったが、どうにか直撃はせずに太平洋上に逸れて行ってくれた。
それでも、台風の暴風圏内に飲み込まれたわけで、当初甚大な被害が予想されたが、これまた大きな被害も無く何よりだった。
台風のドサクサに紛れて、林檎を盗んでいったトンでもない輩がいたらしいが・・・

昨日は台風が青森県に最接近、当初の予想では直撃するというので、仕事帰りに市内をパトロールという名の野次馬行動に出た。
フェリー埠頭や浜町埠頭付近をウロウロしてきたのだが、岸壁近くは波が打ち付けられ、強風に煽られた波しぶきが舞っていたが、想像していたよりも酷い状況ではなかった。
冒頭の画像は、当日浜町埠頭から市街地方面を撮ったものだ。
雨が降っていたので車の中から撮影したのだが、車自体が風に煽られ揺れてしまい、ぶれてしまった。
ちなみにこの画像は17:30位に撮影したものである。

02 今日は台風が過ぎ去り、午後には晴れ間も見えてきたので、再度同じ時間に同じ場所を訪れた。
暗くなるのが早くなってきたが、それでも夕暮れ時といった風景だ。
昨日の雲がどれだけ厚かったかがよくわかる。
見比べると、昨日の画像はまるで真夜中に撮ったかのようである。
ちなみに、小さくてよく見えないかと思うが、中央やや左にある三角の建物が青森県観光物産館、通称アスパムである。奇異な形の建物で、中心市街地に程近い場所にありながら、中心市街地共通駐車券が使用できない駐車場を備えた、巨大なお土産物屋である。
その右隣で青い光を放っているのが、青森ベイブリッジである。この橋が出来た当初は安易なネーミングに辟易とさせられたものだが、そんな印象は今でも変わらない。

等々思いながらも、ちょっといい景色だと思ってしまったので、もう少し近寄って撮ってみることにした私もどうかと思うが、折角なので寄り道することにした。

03 04
仕事帰りなので、当然三脚など持ち合わせてなく、手持ちでの撮影となったが、こうしてみると悪くない風景だと思う。
嵐が過ぎ去って、空気が洗われたかのようだ。

ワンコ達と散歩をすると非常に気持ちのいい場所なのだが、散歩のためにアスパムの駐車場に料金を払ってまで訪れるのはどうかと思うし、無料で車を停められる中央埠頭は閉鎖されていることが多く、ここを訪れて散歩をしたことは今までに数回しかない。
所詮、観光客の落とす金目当てで、市民のための施設では無いということだろう。

台風のことをネタにするつもりだったのに、いつの間にか話が逸れてしまった。
今日はこの辺にしておこう。

-----------------------------
そういえば、今回でちょうど200記事目になる。しかもなんだかんだで7~9月は皆勤賞だ。
基本的に長続きした試しのない私なのに・・・

きっとコメントをくださる方々がいるから書く気になるのだと思います。
みなさんありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

|

« 闘痔の旅 平賀観光温泉(平川市) | トップページ | リベンジ ~その先にあるものは~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

虎徹さん、こんばんは。
いや、美しい風景のところにお住まいですね。
あらためて再認識いたしました。
先日のお話しではありませんが、この環境は是非とも守られなければいけませんね。
何故に台風が過ぎた後の景色というのは空気感が違うのでしょうか、不思議ですね。
(こういう、そこはかとない夜景もいいですね!なかなかに手持ちでは難しい時間帯、お上手です。)

そう、いつかこの建物の話題が出たらと思っておりましたよ。
ここ、行きました!
延々東北道走って。
市内に行って、何か食べようという話になり、当然あの目立つ建物に向かえば、観光客相手のものでも、何か美味しいモノにありつけるだろうと目論んだのですが、、、
内部に入って唖然、なんだかガランとしていて、これはなんだか違うと。
ちょっとだけ見学して、結局駅前のロータリーにあるビルのどこかで、うどんか何かを食べたような記憶があります。
せっかくここまできて、なんだか寂しい食事、勝手ながら最果ての地に来たような感慨をもったものでした。
(いや、ちゃんと下調べしない自分たちが悪いんですけどね。)

へぇ、あの横にこんな橋が出来たのですか。
私が行った当時はなかった代物ですね。
こうやって少しずつ、街の景色も変わっていくのですね。
しみじみ・・・

あ、200回目、おめでとうございます!
なかなか長く続けていくというのは大変なことだと思いますが、楽しみにしておりますので、これからもよろしくお願いいたしますです。

投稿: Laddypan | 2009年10月 9日 (金) 21時04分

Laddypanさん、コンバンハ。
こうやってファインダーで景色を切り取ると、見慣れた風景も中々のモノに見えるものですね。
足元に目をやるとゴミが多かったりであまり綺麗な環境ではなかったりするのですが。。。
それでもやはり自然の多い環境は守られなければならないと思いますね。

なかなか厳しい条件下での撮影でしたが、手ぶれ補正機能様様でして・・・コンデジもなかなか侮れません。

この建物、目立つ外観で目を惹きますが、おっしゃるとおりの状況でして・・・空港の土産物屋と大差ありません。未だその用途について迷走中といった感じです。
行政の考える観光施設ですからね、あっちこっちに良い顔をしなければならない事情はわかりますが、その結果がコレデス。愚痴るだけじゃ、彼らとなにも変わらないんですけどね・・・

橋が出来たのは平成4年か5年ごろだったと記憶しています。
この橋も随分な予算をかけての建造だったと思いますが、冬場になると海風に冷やされて路面が凍結し危険極まりない橋に大変身します。一部融雪が施されて少しは緩和されたようですが、それでも怖い場所であることは変わりません。
景観は良いんですけどねぇ・・・

200回になっちゃいました。
いつまで続くものやらワカラナイですが、続けてこれたのはPanさんたちのおかげだと、改めて感じます。
こちらこそ、今後もよろしくお願いいたします。

投稿: 虎徹 | 2009年10月 9日 (金) 22時48分

実はワタクシ、「青森のオバアチャンを訪ねて弟と二人旅をする中学生」という設定で作文を書かされた事があり、その時このアスパムと船(確か何十年も同じ航路を行ったり来たりしたのですよね)について…調べた事があります。

一度も訪れた事はないのですが、「オバアチャンに駅に迎えに来てもらい、アスパムでリンゴジュースを買い、船に行ったら3Dスクリーンでの上映会はやっておらず、家ではりんごじるこを作ってもらいました。オバアチャンはいなかっぺいのファンです」などと。見てきたようなウソを。

おお~その風景を虎徹さんがリアルに撮影しているぅ~。妙に感慨深いです。

嵐の後って空気がいつもと違いますよね。空気感というか。

200記事、おめでとうございますっ!!(私は6月にスタートして、はや150記事を超えてますよん♪)

これからもアップ楽しみにしております♪♪

投稿: めり | 2009年10月10日 (土) 08時08分

200記事、おめでとうございます!
毎日見ていますよ~、コメントは犬記事にしかしていませんが。。
JETチチもここのブログはおもしろい、としっかりチェックしています。

しかし綺麗な写真ですね~。夜景がすっきりと写っている。

この建物、以前青森市内に住んでいた後輩から聞きました。
その時は、冬に遊びに来て地吹雪ツアーと一緒にいかがでしょうか、と誘われました。
そうそう観光で思い出しましたが、そちらのお土産「薄紅」というリンゴのお菓子が大変おいしく、1,2度取り寄せた記憶がありますよ。

投稿: mugi | 2009年10月10日 (土) 08時54分

めりちゃん、コンニチハ。
その作文、読んでみたいです。今度アップしてください。
・・・冗談です。

船、というと青函連絡船でしょうか。今でも青森駅近くに係留されています。昔は青森駅のホームから直接青函連絡船乗り場にアクセスできて、ホームの端から端まで人でごった返していた印象だったのですが・・・
小学生の頃の修学旅行で青函連絡船に乗って北海道へ行ったのですが、天気が悪く、船が揺れて船酔いする生徒が続出しエライ惨状になった記憶が・・・

伊奈かっぺいと言えば、我が家からわりと近い場所に、彼のご自宅があるのですが、でかい人目を惹く家に「表札」と書かれた表札が掛かっていたので、最初どこかのモデルハウスかと思っていました。

嵐の後の空気感、やっぱりいつもと違いますよね。
真夜中の空気みたいな感じで好きです。


どうにかこうにか200記事となりました。
2006年からやってるのに・・・
復活してからは、なんとか頑張っています。
Panさんやmugiさんとの交流が始まったのも、めりちゃんからコメントを頂いたことがきっかけですね。
感謝感謝です。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 虎徹 | 2009年10月10日 (土) 17時03分

mugiさん、コンニチハ。
ありがとうございます。ここまで続いているのも、mugiさんをはじめとして皆さんに読んでいただいてるからだと思います。
時々?迷走するブログですが今後ともよろしくお願いいたします。
JETチチさんも、よろしくです。

地吹雪体験ツアー、太宰治の生家がある旧金木町でやっているイベントですね。結構人気があるらしいですよ。
でも、ツアーに参加しなくても、冬になればイヤでも体験できます・・・

薄紅、評判が良くて、私も出張などがある度にお土産として持っていってます。漫画「美味しんぼ」の青森特集でも取り上げられてました。
ご存じない方のためにリンクを・・・
http://www.a-okinaya.co.jp/products_01.html
(決して、おきな屋の回し者ではございません)

投稿: 虎徹 | 2009年10月10日 (土) 17時13分

虎徹さん、連コメ失礼します。
めりちゃん、、、これ、すごい設定というか課題です。
なにかのシナリオ教室じゃないですか?
なかなかにハイレベルな演習ですね。
感嘆。

青函連絡船、乗りましたよ~。
自車持ち込みで北海道をうろうろ~、そのときですが。
丁度今くらいの時期でしたが、既に無くなることが決まっていたと思います。
夜中に一人、ビールをかっくらって、がらんとした船内で、一人映りの悪いTVを眺めていたことを思い出します。

mugiさん→虎徹さんの、「薄紅」美味しそうですね。
アップルグラッセ!とある。
だれかあっちに行く予定なかったかな。
お取り寄せリストに入れておきますね。


地吹雪ツアー、そうそう、そうでしたか。
一度、食指が動いてパンフレットをけんとうしたことがありましたっけ。
(ちなみに太宰関係の場所はこちら、わりと身近にございますよ~。そんな場所柄です。)

投稿: Laddypan | 2009年10月10日 (土) 18時24分

結局、連絡線に車を積んで北海道へというのは出来ませんでした、私。
「ナッチャン」も乗らないまま消えてしまったなぁ。
http://www.tsugarukaikyo.com/04vessel/natchan_world.html#world

投稿: 虎徹 | 2009年10月10日 (土) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46440270

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐のあとで:

« 闘痔の旅 平賀観光温泉(平川市) | トップページ | リベンジ ~その先にあるものは~ »