« ビッグウェーブ(当社比) | トップページ | ゆき、ルビコン川を越える »

間隙

0110月18日(日)、この日の予定は朝焼けの十和田湖を拝みに行くというものだった。
紅葉シーズン真っ只中の奥入瀬渓流-十和田湖は混んでいると容易に予想されるので、夜明け前に行ってしまおうと画策したものだった、が、敢え無く失敗に終わる。

朝寝坊してしまったのだ。

プランAが失敗してしまったので、プランBに移行すれば良いのだが、残念ながらそんなモノは用意していない。朝食をとりながらプランBの策定を急ぐ、が、情報収集の段階で、本日は雨との天気予報が出鼻を挫く。

よし、今日は自宅でマッタリしてようと思ったお昼頃、天気予報に反して晴れ間が覗く。まだ正午、十分に遊べる。結局でかけることにした。
行き先は、混雑の予想される国道103号線-十和田湖ラインを回避し、県道40号線を田代平方面へ向かい、田代平手前で後平青森線へ入った先付近だ。

先週とはうってかわり、道中は既に紅葉真っ只中といった感じだった。

02_1 02_2
銅像茶屋をすぎた辺りからは、既に散り始めているような感じすら受ける。ここより標高の高い城ヶ倉大橋付近の紅葉が先週はまだまだだったのに、一週間でこの状態だ。

十和田湖周辺よりは混雑が少ないのだろうが、銅像茶屋や八甲田温泉周辺は十二分に混雑していた。
紅葉の中、この辺をワンコ達と散策するのも悪くないと思ったが、人が多すぎる。やはり落ち着いて散策できる雰囲気ではない。事前に予想していたとおりだったので、これらをパスして当初の予定通り、後平青森線を奥へ進む。

03_1 03_2
この道は途中から未舗装路である。しかし先週とおった道に比べれば舗装路に等しい。
実際1速を使用することも無く、ドコドコと進んでいく。同乗者も「こてつ」&「ゆき」のみなので多少揺れても文句が出ることもない。
なお、冒頭の画像は、途中田代平を見下ろすポイントがあったので、そこから撮影してみたものである。
散策できそうなポイントを探しながらゆっくりと車を進めていく。しかし進むにつれ、天気が怪しくなっていく。いつのまにやら雨が降ってきてしまった。

まったく、こんなときだけ天気予報は正確である。しかし、お天気に逆らっても仕方が無い。
無駄に当たってしまった天気予報を信じて、この日比較的天気のよさそうな、太平洋岸に向かうことにした。

05向かった先は、六ヶ所村は高瀬川の河口付近の砂浜である。
南に自衛隊の射撃演習場、北には原燃施設と少々デンジャラスな香りのする場所であるが、広い砂浜が広がり、砂浜の裏手には湿地帯の広がり、さらにはあまり人がこないという素晴らしい場所である。

おまけに、砂浜のすぐそばまで道があり、また砂も固く絞まっているのでスタックする心配も少ない。
普通の車で突っ込んできている猛者もみかけるほどである。

日曜日だというのに、ほとんど人がいない。「こてつ」&「ゆき」を解き放つには絶好の条件である。
さあ、君たち。2時間半ここまでよく我慢した。思う存分戯れるがよい。

04_1 04_2
私の手から放り投げられたオモチャをおい、元気よく走り出す「こてつ」&「ゆき」。
よほどたまっていたのだろう。すごい勢いで戯れる。が・・・
「こてつ」は浜辺に打ち上げられているモノが気になるらしい。貝殻やらエチゼンクラゲの死骸やら・・・
気が散って、オモチャ遊びどころじゃないらしい。
フリスビーに興味を示さない「こてつ」のために、今日は違うオモチャから投入したのだが、結局「ゆき」だけがレトリーブする形になってしまった。



06 日も暮れかかるまで、たっぷりと遊び(「こてつ」は散策していただけだったが)、さて家路につこうと後ろを振り返ると、虹が掛かっていた。
こうして程よく良い気分になっていた私を待っていたのは渋滞地獄であった。

この日は、三沢米軍基地で航空祭が行なわれていたのだ。そこから帰宅する方々の列に思いっきり巻き込まれてしまった。




今気付いたのだが、昨日の記事で語った「ゆきちゃん大ピンチ!」に触れていなかった。
長くなってしまったので、次で触れたいと思う。
(決して、何が起こったのかバレバレなのが癪で引き伸ばしに掛かっているわけではないですよぉぉ)



|

« ビッグウェーブ(当社比) | トップページ | ゆき、ルビコン川を越える »

探索」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

虎徹さん、こんばんは。
山、紅葉、海、虹、そして犬達。
なかなかどうして盛りだくさんな休日じゃーないですか。
とても出遅れた感なんてありませんよ!

そうかー、確かに太平洋側の方が近く見えますものね。
それにしても、クラゲのやつらはぐるりと回り込んでくるのでしょうかね?
確か、あの仲間には死んでいても刺されたようにかぶれる輩がいましたよね。
こてつくん、お気をつけあれ。

やや、更に続くのですな。
ゆきちゃんピンチからの脱出はまたまたおあずけですか。
確かにこれだけ内容があると、まとめるのも一苦労でしたね。
ロングドライブ共々、お疲れさまでした。

いやいや、ほんと前回のコメント欄など見ておりませんよー。
楽しみに待っておりますね♪

投稿: Laddypan | 2009年10月19日 (月) 22時22分

Laddypanさん、こんばんは。
実は、本文には出ていないのですが、渋滞に巻き込まれて帰宅したあと、今度は家族で温泉に出かけてるんです。平川市まで。
それで帰りが遅くなってしまって・・・マッタリするつもりになっていたもんだから、ちょっと疲れました。

クラゲのやつら、ぐるっと周ってくるらしいですよ。
湾内にはあまり侵入してこないらしいですけど、青森県はクラゲに三方囲まれました。。。

はい、続きます。
と、いうか、肝心の部分についてですね、はい。
只今鋭意作成中でございます。
バレバレですけど。バレバレですけどぉぉ、お付合いください。

投稿: 虎徹 | 2009年10月19日 (月) 22時57分

…ここここここ。

…子供ですみません。

…ネタバラしてしまったのですね。誰がどう見ても、もとい、いえ、あのぅ。そのう。十和田湖って素敵な所だなぁと思いました。

こてつくんもゆきちゃんも、幸せだなぁと思いました。

…次の記事はっまだかな~。

…ま~だかな~♪♪

投稿: めり | 2009年10月20日 (火) 00時03分

あっ、いえいえお気になさらずに・・・
っていうか、めりちゃん精一杯のフォローありがとうございます。

只今、次記事が完成しました。

投稿: 虎徹 | 2009年10月20日 (火) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46528381

この記事へのトラックバック一覧です: 間隙:

« ビッグウェーブ(当社比) | トップページ | ゆき、ルビコン川を越える »