« 実験くんEXTRA | トップページ | 解析 »

君と僕

例によって、ボストンテリアの「ゆき」ちゃんとフリスビー遊び中の光景である。
「~とフリスビー遊び」と言っても、やはり例によって私がディスクを投げて、「ゆき」が追いかけ、それを私が撮るという、せわしない作業のため「ゆき」しか映っていないのだが。

またまた例によって、キャッチの瞬間付近のみかき集めてくっつけているので、そのままだとせわしない映像になってしまうので、1/2程のスピードにしてある。

だが、たまにはちょこまかした動きもアリだろうと思い、そのままのスピードのモノも用意してみた。

映っている内容的には何も変わっていないのだが、まぁ実験的にということでご容赦いただきたい。

|

« 実験くんEXTRA | トップページ | 解析 »

」カテゴリの記事

コメント

虎徹さん、こんにちは。
なるほど~、確かに1/2スローなのですね。
ちゃんと再生時間が半分になっている・・・
でもBGMが同じ為か、なんだかだまされているような機がするのは何故?

それにしても、ゆきちゃんキャッチ率いいのでは。
もちろん、うまくいったシーンが繋がれているせいかもしれませんが、ジャンプでキャッチに行くときと、ディスクの戻りを見て待つ切り替えがちゃんと出来ているように思えます。
う~ん、優秀かも!
目指せ、ディスククイーン!? 笑

投稿: Laddypan | 2009年11月16日 (月) 16時01分

Laddypanさんコンバンハ。

ええ、間違いなく1/2ですとも。はい。
きっと同じBGMなうえに、そのBGM自体が単調だからでしょうね。

あ、今回はキャッチ成功をメインに繋ぎました。半分以上は失敗なのですが、失敗の原因はほぼ投げ手にあるとみて間違いないです。お恥ずかしい。


…ディスククイーンがディスコクイーンに見えてしまった…

投稿: 虎徹 | 2009年11月16日 (月) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/46775112

この記事へのトラックバック一覧です: 君と僕:

« 実験くんEXTRA | トップページ | 解析 »