« 物欲 | トップページ | 真似っこ »

闘痔の旅 八森いさりび温泉ハタハタ館

20100208

今回の闘痔の旅は、秋田県山本郡八峰町の「八森いさりび温泉 ハタハタ館」である。
国道101号線の青森-秋田県境近くにある施設だ。

温泉施設というより、温泉付きの宿泊施設といった感じの施設で、道の駅のような官営ちっくな雰囲気を漂わせているが、道の駅ではないようだ。
管理会社はは、「ハタハタの里観光事業株式会社」となっているが、その会社名や建物の雰囲気から母体は公だろう。

国道101号線沿いと文字で見れば好立地だが、近くに大きな町があるわけでもなく、訪れる人はこの周辺で観光でを楽しんでいる方々だろうと思われる。
だから、平日であればさほど混んではいないだろうと思いきや、これが意外と混んでいる。
官営チックな雰囲気と混んでいそうな様相から通りかかってもパスしていたのだが、今回はせっかく通りかかったのだからということで立ち寄ってみた次第だ。

外観も立派だったが内装も立派な建物で、温泉のほかに岩盤浴なども備えられているらしい。

浴場だが、「道の駅やたて峠」のように日によって男湯と女湯が入れ替わる仕組みらしい。

浴場も非常に立派な作りである。
通常の浴槽の他に、寝湯や泡風呂、サウナも備えられている。
しかし残念なことに、プールバリの強烈な塩素臭が漂う。
耐え切れなくなり、逃げるように露天風呂へと行く。

露天風呂は船の形をしたユニークなものだった。露天とはいっても、ガラスに囲まれており冬場においても寒さは感じなかった。
作りを見る限り、夏場になるとこのガラス壁が解放されるのだろう。
日本海が見え、夕暮れ時ともなればきっと美しい景色が堪能できるだろう。

露天のお湯はどうやら掛け流しであるように感じた。内風呂ほど強烈な塩素臭はせず、やや塩味のするお湯であった。が、ガラス戸で囲まれているため、内風呂の塩素臭がこちらにも流れ込んでおり、残念ながらゆっくりとお湯に浸かることはできなかった。

海沿いの温泉というと、強い塩味でキシキシベトベトの強烈な温泉が想像されるが、ここはそんなパンチはなく、優しい、疲れを癒してくれそうなお湯という感じがしただけに、非常に残念である。

──温泉DATA─────────────────────────────
名称:八森いさりび温泉 ハタハタ館(ハチモリイサリビオンセン ハタハタカン)
住所:秋田県山本郡八峰町八森字御所の台51番地‎
電話:0185-77-2770
料金:400円(小200円)
時間:9:00~22:00
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛 他
泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
pH:7.2
温度:50.0度
HP:八森いさりび温泉”ハタハタ館”
最終訪問:2010年1月
────────────────────────────────────

|

« 物欲 | トップページ | 真似っこ »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/47517179

この記事へのトラックバック一覧です: 闘痔の旅 八森いさりび温泉ハタハタ館:

« 物欲 | トップページ | 真似っこ »