« 真似っこ | トップページ | 新装開店 »

突っ込み

トヨタ・プリウスのブレーキ問題。
昨日、トヨタ自動車はこの問題について記者会見を行った。

世界でも有数の大企業が調査した上で発表した今回の「ブレーキが効きにくく感じる場合がある」という問題点の原因は次のようなものだった。

----以下報道された記事の一部を抜粋----
 不具合はABSの制御のコンピューターのプログラムにあったと言い、典型的な事例として、20km/h程度からの緩やかな減速で、途中1mほどの凍結路面を通過する状態を例に説明を行った。この場合、減速中に凍結路に乗ることでタイヤがスリップし、ABSが作動するが、この時、通常のABSとの変化が現れると言う。
不具合内容の具体的な検証結果。今回の症例にあわせてテストしたもの

 具体的には、仮にブレーキペダルの踏力をそのまま維持した場合で、制動力が回復するまでの時間が通常のABSが0.4秒のところ、プリウスの場合0.46 秒掛かると言う。もし仮に12.3mのところで停まろうと操作した場合、この制動の遅れ分を取り戻すためにはブレーキをより強く踏み増す必要があるが、この踏み増す量が通常のABSでは10N(ニュートン)のところ、プリウスではさらに5N強い15Nほどの踏み増し力が必要となる。

 また、そのまま踏み増しをしないでいた場合、通常のABSでは60cmオーバーランするのに対し、プリウスではさらに70cmの距離が必要になると言う。

 さらに、プリウスは、回生ブレーキと油圧ブレーキを統合的に制御する必要があるため、通常の油圧ブレーキも、一般的なクルマのように、ペダルを踏むことで発生した油圧によってメカニカルにそのままブレーキを作動させるのではなく、フライバイワイヤー、つまりペダルが踏まれた圧力を一度センシングし、それを元に電気式のポンプによって発生した油圧を使って制動力をコントロールしている。

 問題となっている4車種では、ABSが作動した際には、この電気式ポンプで発生していた油圧から、実際にペダルを踏んだ力で発生する油圧へと切り替える制御をしていると言う。これは、電動ポンプやソレノイドを使った場合、ノイズや振動が発生し、従来のモデルではそうした部分に対し不満の声があったためで、新たに採用した技術。

 ここもブレーキがの効きが弱くなるという感覚に影響を与えている部分があると言う。問題になるのがブレーキペダルを踏んだ踏力に対する、実際に発生する制動力の関係。通常の油圧ブレーキの場合、踏んだ力と実際の油圧はリニアに変化するのに対し、電動ポンプの場合、軽い踏力の際には、若干発生する油圧を増したような設計になっている。これが問題で、緊急ブレーキのように踏力が強い場面では、電動ポンプより通常の油圧ブレーキのほうが油圧が強くなるため問題ないが、今回問題となっている軽いブレーキの際には、ABSが作動し、ブレーキの油圧が電動ポンプからメカニカルなものに切り替わると、同じ踏力であれば発生する制動力は下がってしまう。

 佐々木氏が実際に北海道のテストコースでテストしたところ、そのまま滑りやすい路面が続く場合、通常のABSでは、ロックを解除するために一度油圧を下げた後、再び制動力を立ち上げると、また強い制動力が働くため、再度ロックしそうになり、油圧を下げるという作業を繰り返す。一般的なABS作動時の「ガッガッガッ」と断続的に効く状態だ。それに対し、プリウスでは復帰後の油圧が低いためロックはせず、ABS特有の断続的な制動が発生しないとのこと。それでも制動力自体は発生しているため、実際に停止した位置はあまり変わらなかったとこのことだが、そうした挙動の出方が、通常のABSに慣れたお客様にはそこが問題になったのだろうと述べた。

 また、たとえば段差を乗り越えた瞬間などでも、一瞬タイヤが宙に浮くような形となり、ABSが作動することがあり、その場合、グリップが復活した後の制動力が、メカニカルの油圧による低いものに切り替わるため、ブレーキの効きが弱くなったと言う声につながったのだろうとした。

-----------------------
ここで言う、今回の問題が発生するとされる状況だが、このような状況が頻繁に起きるだろうか?
冬の雪道でも、通常の運転中にABS滅多に作動しないと思うのは私だけだろうか?

それでも、ABSの作動状況については私の主観によるものなのでとりあえず置いておこう。

それでは、ABSが作動するような状況で、「ブレーキが効きにくい」と冷静に判断できるのだろうか?
「通常のABSに慣れたお客様」というのは、どれだけ頻繁にABSを作動させてきたのだろうか?

ABSが作動するような状況は、凍結路以外だとタイヤが鳴くほどのブレーキをかけている状況だと思う。
仮に凍結路以外の滑りやすい路面でも、それに近い状況だろう。
この状況下で、はたして「あ、なんかブレーキの効き方がいつもより悪い」などと冷静に判断できるものなのだろうか?
そして、それは凍結路でも同様だろう。
タイヤがロックして「ツー」っと滑るような状況というのは、誰しもそのような状況を作ろうと意図して運転しているわけではないので、普通に冷静さを欠くだろう。
想定外の状況なのだから。

それが判断できるのは、なんらかの意図を持ってABSを作動させる状況を作っている人位なのではないだろうか?
そしてそういう方々というのは、はたして一般のユーザーと呼べる人たちなのだろうか?

仮にも大トヨタで出した調査結果である。私如きが云々疑問をもったところで相手にされないだろう。
それに、今後も調査を続けていくとのことである。

テストコースでテストする際は、是非一般的なユーザーの気持ちになってテストをしてもらいたいものである。
仕組みを理解している人がテストしたところで、はたして今回のような感覚に訴えるような問題を理解できるかという部分から考えてもらいたいものである。

|

« 真似っこ | トップページ | 新装開店 »

」カテゴリの記事

コメント

虎徹さん、こんにちは。
ナイス突っ込み!
いや、突っ込みと言ったらなにかむりくりみたいなイメージになってしまうかも?
的確な指摘というやつですね。

まあ、語るに落ちるというか、ウソを嘘で塗り固めた矛盾というか、、、
とにかくお粗末、ぼろぼろですね~。
とても世界に冠たる企業の広報戦略とも思えないorzぶり・・・。
そして、それを取り上げるマスコミのダメっぷり。
(意図的にチョイスしているにしろ、街頭インタビューとか意味あるんですかね、アレ。)
どちらも期待してませんが、どうにもがっくしですね~。

特に気にして見てませんが、ちゃんとABSのことに言及できて、そこから問題点をクローズアップできるテクニカルライター、ジャーナリスト、いないんでしょうか。

すみません、なんだか愚痴っぽくなりました。
でも、虎徹さんのおっしゃること、よく分かりますよ。
と、ワタクシはこちらで溜飲を下げさせていただきました。
ありがとうございます!

投稿: Laddypan | 2010年2月10日 (水) 17時44分

Laddypanさん、コメントありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ愚痴のような記事を垂れ流しておりまして…

なぜでしょうか?賢いはずの方々の言い訳って、時に子供のすぐばれる嘘のように聞こえてしまいますね。不思議です。


せめて、この件が原因で、本当に車で突っ込んじゃう人が出ないことを祈るばかりです。

投稿: 虎徹 | 2010年2月10日 (水) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/47527763

この記事へのトラックバック一覧です: 突っ込み:

« 真似っこ | トップページ | 新装開店 »