« 言いがかり | トップページ | 白い奴らがキタ »

鷹の目

20100223_1

バンクーバーオリンピック・女子カーリング日本代表は、23日、ともに3勝3敗で4位に並ぶスイスと戦った。しかし、善戦空しく敗れる結果となってしまった。

この時点で自力での決勝トーナメント進出はなくなったのだが、予選残り2戦頑張ってほしいものである。

と、まるで応援メッセージのような書き出しとなってしまったが、私は特にカーリングが好きなわけでもないし、地元選手ということからの思い入れもない。

しかし、ルールもよく知らないくせに、思わずテレビに見入ってしまうのはなぜだろう?

派手な動きはないが、一投で大きく試合の局面が変わってしまうところだろうか?
素人目にも、試合の内容がわかりやすいところだろうか?

これらの要素も多分にあると思うが、競技としてゆっくりとした動きが多いため、選手の真剣な表情がよく伝わってくるというのもあると思う。

20100223_2 20100223_3 20100223_4 20100223_5
特に、デジタル化したことにより、試合会場で遠目に見るよりも、テレビ放送に適した競技なのだと思う。

ストーンを投げる際の、まるで獲物を射抜くような眼差しは、カメラ越しのほうがよく伝わるだろう。

次の試合は24日の午前2時からだ。
流石にこの時間帯に見入ってしまうのは危険なので、生で見ることは避けるつもりだが、既に我が家のHDレコーダーの容量は些少で録画しておくことが叶わないため、思わず見てしまうかもしれない。

特に興味のない者の視線を奪ってしまう、彼女らの目力は大したものである。


|

« 言いがかり | トップページ | 白い奴らがキタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/47646908

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹の目:

« 言いがかり | トップページ | 白い奴らがキタ »