« 馬子にも衣装 | トップページ | まだだ、まだ終わらんよ »

林檎の気持ち

001

「青森」と言えば「林檎」と連想する方も多いだろう。日本一の生産量、つまり県の特産品である。
だからというか、やはりというか、県内、特に津軽地方においては林檎の流通量が多いのだろう。我が家においても、ほぼ毎日のように食後のデザートは林檎である。

しかしながら、親類縁者に林檎に係る仕事に就いているものが全くいない我が家では、林檎を普通に購入している。稀にいただいたりもするが、本当に稀にの話であり、青森に住んでいるからと言って黙っていても林檎が手に入るわけではないのである。

当然のことながら、林檎の購入も家計にかかることなので、できる限りお安く手に入れたいという事情もあり、極めておいしい林檎に出会える時は極々稀となってしまう。
そして、林檎は長期保存が可能(常温で4か月保つといわれる)であるため、お安いものを大量購入し小屋に保管したりしているのだが、長期保存が可能といっても日がたてばそれなりに味が落ちてきたりもする。

そうなると、やはり生食には向かないので加工することになるのだが、てっとり早くかつおいしくとなると、味付けして煮てしまうのが我が家の常であり、何故か私の仕事である。
レシピは簡単である。レシピという単語を使うのもおこがましい位だ。
8等分程に切って皮を剥いた林檎と、ハチミツ・生姜・レモン汁・シナモンを圧力なべモドキに突っ込んで火にかけるだけである。
もう少し具体的に分量を記すと、林檎4個分に対し、ハチミツ大さじ2杯、生姜は2~3cm四方角位の大きさをすりおろして、レモン汁は液体として流通しているものを目分量で(20ml位だろうか?)、シナモンはスティック状の物などは使わず、粉状になって売っているものをさっと振りかける。
これをお好みの固さになるまで煮込むだけである。

「お好み」「適量」などという単語が多いが、本当にその時の気分で加減をするだけだ。

多分、一番のミソとなるのは、前出の圧力なべモドキだろう。謳い文句の一つに水ナシで煮物ができる旨があるのだが、上記の分量で本当に水を入れずに煮えてしまう。
そして、林檎自身の水分で煮込んでいるため、甘味やうまみが凝縮される。子供たち向けに、ハチミツを多めに設定しているのだが、個人的にはこの半分でも十分に甘いと感じる。
嫁にせがまれ、何故か私のお小遣いで半信半疑で購入したものだが、まさか私自身がこうやって使用するとは思いもよらなかった。

002 003
これが煮込んでいる最中の画像だが、ブクブクと泡立っているのがお判り頂けるだろうか?水を加えずともこの状態である。

なお、これまた前出のとおり、生姜も一緒に煮込んでいるのだが、煮込んだ後に加えると生姜の風味が強すぎるためである。
冬場の健康食品として、子供たちに生姜を積極的に食べてもらいたいのだが、風味が強すぎると敬遠されてしまうため、なるべく多くの量を最初にいれて煮込みその風味を緩和している。

ここまで読んで頂いた方は、何故カテゴリーに「犬」がついているのか疑問に思われたかもしれない。
これだけ林檎を消費すると、剥いた林檎の皮がゴミとして大量に出るのだが、我が家ではこれを犬のおやつとして利用しているため、「犬」にも関連付けさせていただいた。

林檎の皮をむく前に、食器用洗剤で一度洗浄する。本当かどうかは知らないが、農薬が付着しているからと幼いころに母に聞かされたためである。
剥いた皮を使わないのであれば洗浄する必要はないのだが、ワンコ達のおやつとして活用するために私はそうしている次第だ。
で、発生した林檎の皮を適当に刻んでレンジで加熱し、オカラと水分を加えてかき混ぜて出来上がりである。
加熱する理由は、そのままの状態だと、どうもお腹を下す傾向にあるようである為である。(特に「こてつ」が)
なお、オカラは近所の豆腐屋さんで豆腐を購入すると無料でわけて頂けるので非常にリーズナブルかつ、お手軽かつ、ローカロリーでワンコ達に最適だと思っている。


そのためであろう。私が林檎を刻む音が聞こえると「こてつ」は猛ダッシュでやってきて、台所近くでお座りして待っている、よだれを垂らしながら。まさにパブロフの犬である。

|

« 馬子にも衣装 | トップページ | まだだ、まだ終わらんよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

虎徹さん、こんばんは。
りんごの皮をどうやってワンコにあげているのかが不思議だったのですが、これでやっと疑問が解けました。
りんごを煮ると大量に皮でますからねぇ。
うちは農薬が心配であげていませんが、そうか!洗浄してしまえばいいのですね。
そして、この鍋、無水なべってやつでしょうか~。
なかなかすぐれものですね。

ところで、ご報告です。
なんと、
JETに新たなバッグを手に入れました。
まねっこ返し。
虎徹さんの詳細レポートを待たずして、ぽちっとしてしまいました。今のものがいろいろと問題があったので。。
イエローがよかったのですが、売り切れだったので、ブルーで。そしてサイズはSです。
いやいや、大変格好よい!!!
ブルーも似合いますよぅ。次回の山歩きに装着予定です。

投稿: mugi | 2010年2月14日 (日) 18時40分

mugiさん、こんばんは。
そうなんです、リンゴ、最初に洗ってるんですよ。
リンゴに詳しい人が近くにいないので、実際農薬が付いているかどうか判らないのですが、小さいころにそう言われたのが頭にこびりついていまして…
判らないから、とりあえず洗っておけというのもあるのですが、洗う手間だけでオヤツもできるし、ゴミも減るしということで。

ちなみにこの鍋、嫁は絶賛しています。

で、例のバッグ、ポチっといっちゃったのですね。
次回の山歩き、楽しみですね!
PANさんのコメントをみて、「ゆき」用にも買っちゃおうかな?と思ったらXSサイズが売り切れでした…残念。

投稿: 虎徹 | 2010年2月14日 (日) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/47557685

この記事へのトラックバック一覧です: 林檎の気持ち:

« 馬子にも衣装 | トップページ | まだだ、まだ終わらんよ »