« 好きなのに | トップページ | 年度末 »

昨日のつづき

20100330_00

昨日に引き続きマンガネタである。

今日のネタ元は、先週土曜日にTSUTAYAの「書籍ポイント2倍」につられて購入してしまったものである。

今回は、とりあえず万人におススメできる鉄板3冊にガンダム系が1冊が平積みされていたので購入した。

なお、「ピアノの森」は前巻が出てから既に半年以上経過しており、もはや話をよく覚えていないので、また一巻から読み直す羽目になったのは以前の記事のときと同様である。

今回は購入したものをなんとなく羅列してみよう。
・ピアノの森 17巻 一色まこと 著
・宇宙兄弟 9巻 小山宙哉 著
・BILLY BAT 3巻 浦沢直樹 著
・機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画 4巻 Ark Performance 著

20100329_03 20100329_04 20100329_05 20100329_06
前述のとおり、最初の3巻は個人的に鉄板である。
「ピアノの森」は初期のころと違い、ストーリー展開のテンポが悪くなったように感じるが、作者が考えあぐねているのだろうか?それとも掘り下げたい部分なのだろうか?
「宇宙兄弟」は文句なしに面白い。展開が気になってモーニングを立ち読みしたくなるのだがまとめ読みしたいので我慢している。
「BILLY BAT」は面白いのだが、ちょっと風呂敷を広げすぎている感がある。「Monster」や「20世紀少年」を読んでいるときと同じ感覚を受ける。どうまとめていくのか楽しみである。
「ギレン暗殺計画」は所謂ガンダムのサイドストーリーモノであるが、モビルスーツはあまり出てこない、話としてはサスペンスのような感じである。単純にサスペンスとしては凡庸だが、それが既存のガンダムのストーリーとリンクしていて、ある程度ガンダムのストーリーを理解している人には面白いと思う。

20100329_07

マンガといえば、ちょっと前に話題になった作品があった。
「テルマエ・ロマエ」という作品である。
ネット上のみならず、普通のテレビニュースなどでも取り上げられたので、記憶している方も多いのではないかと思う。

簡単に説明すると、古代ローマ人が異時代(現代)の異文化(日本・風呂周り限定)に触れてビックリドッキリという話である。
ありがちな設定ではあるが、入浴という文化のみに的を絞っているのが面白い。

温泉も漫画も好きな私は、当然のように購入した。(相変わらず内容は確認せずカバーと帯のみで選んでしまった)
しかし、温泉・風呂好きならずともおススメである。

|

« 好きなのに | トップページ | 年度末 »

ネタ系」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/47934495

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のつづき:

« 好きなのに | トップページ | 年度末 »