« 青空 | トップページ | 闘痔の旅 雲谷温泉 »

衣替え

今日で五月も終了である。
世間一般では明日から衣替えである。しかしながら仕事着に関しては、世間一般でいうところの冬服ばかりの私にはあまり関係の無い話である。

仕事着、つまり私の場合はスーツになるのだが、基本的に厚手の生地でその上総裏のモノばかりである。
私は暑がりなのだが、こと手持ちのスーツに関して言えば日本の気候に対応していると言い難いものばかりのラインナップである。
どうも、夏向けの薄手の生地や背抜きなどのペラペラした感じが苦手なのだ。

普段着は出来る限り楽で快適なものを選んでいるのだが、スーツに関していえば見た目も着心地も重いモノばかりだ。
どうせ元がゴツイ見た目であるのならば、それを緩和するような装いで誤魔化すよりも、いっそその部分を強調してしまおうという考えに基づいているのだが、主観・客観共に暑苦しい。

路線変更も考えたが、何分先立つものが無いし、昨今体重・体型の変化が目まぐるしいので購入に踏み切れない。

そんな状況の打開策として、現在勤務中は上着の代わりに作業服を着ている。
そして夏に向けてこの作業服のバリエーションを増やし、作業服姿が定着したら、作業服をツナギ姿にしてしまおうかと考えているが、ここまで行くと流石に怒られそうなので躊躇している。

企業の夏服といえば世間一般ではクールビズなるモノがある。
私の勤務先でも、夏になると特に必要の無い場合は軽装で仕事をすることが認められている、が、この軽装の基準が馬鹿馬鹿しくて耐え難いものがある。
要はノーネクタイ・ノージャケットを許可するというものなのだが、これはノーネクタイ・ノージャケットでの装い向きにアレンジされたモノを身につけることを許したわけではなく、通常のワイシャツにスーツのパンツを併せろという、要は通常のスーツ姿から上着とネクタイをとっただけという、非常に見るに耐えないものなのだ。

一時期はポロシャツなどの着用も認められたのだが、拡大解釈しすぎて服装に乱れが生じお客様より苦情が寄せられたとの理由から、迷走に迷走を重ね、こんな変なスタイルに行き着いてしまったらしい。

いつぞやのオリンピック前の馬鹿馬鹿しい論争はこんなところから発生するのだろう。

所詮洋装文化の根付いていない社会で、社会人として常識的な服装というのを個々の判断に委ねても無駄なのだから、会社の研修として洋装文化に対する造詣でも深めたり、もしくはいっその事、間違いの無い制服でも決めてしまえばいいのにとも思うが、現状、不利益が表面化していない以上、こんな論議が出得ないだろうな。

|

« 青空 | トップページ | 闘痔の旅 雲谷温泉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/48510473

この記事へのトラックバック一覧です: 衣替え:

« 青空 | トップページ | 闘痔の旅 雲谷温泉 »