« 涙で前が見えないよ | トップページ | 闘痔の旅 ホテルグランメール山海荘 »

闘痔の旅 百沢温泉 (株)百沢温泉

20100519_00

久しぶりの闘痔の旅シリーズは、青森県弘前市(旧岩木町)の「百沢温泉」である。

岩木山麓、岩木山神社の近くにある温泉である。
その名のとおり、以前紹介した「旅館山陽」や「アソベの森いわき壮」のある百沢温泉郷に名を連ねている。
当然、位置的にもこれらの施設の近くにあるのだが、県道3号線・鯵ヶ沢街道から細い脇道に入る形になる。
とはいっても、県道沿いにでかでかと看板が立っているので、大よその見当をつけていけば迷うことも無いだろう。多分。

20100519_10

静かな山間部に佇む施設だが、あまり赴きは感じられない。
B級な感じがプンプンする。同じ敷地内にある家族風呂棟の向かいにはスナックみたいな建物もある。
しかし私はこんな雰囲気は嫌いではない。

看板には「湯量豊富・効きめ一番」の文字が並ぶ。
最初にお湯の感想を述べてしまえば、看板の文字通りであった。
あまり趣の無い湯口からは、ドバドバと湯が注ぎ込まれ、金気臭のする薄緑に濁ったお湯は、非常に効きそうである。
至る所に析出物がつき、湯の濃さを物語っている。
「旅館山陽」の湯を濃くしたような印象だ。かなりパンチの効いたお湯である。20100519_20 20100519_30
家族風呂についても同様の印象であるが、こちらのほうがややマイルドに感じた、が、何分日を変えて入浴したものであるため断言はできない。

ちなみに大浴場・家族風呂ともにカランも源泉使用である。ボディソープが全く泡立たなかったのが印象的だった。

なお、家族風呂については、入浴の1時間前位に連絡をほしいとの事。それ以上前に予約されると万が一キャンセルになった場合にほかのお客さんに迷惑が掛かるからとの事だった。
また、家族風呂の入浴時間は1時間のみとのことだった。

個人的に、かなり好印象のお湯だったが、夏場は辛そうな印象だった。
このお湯を真冬に露天で味わいたいが、残念ながら露天風呂はなかった。


──温泉DATA────────────────────────────────
名称:百沢温泉 (株)百沢温泉
    (ヒャクザワオンセン カブシキガイシャヒャクザワオンセン)
住所:青森県弘前市大字百沢字寺沢290番地9‎
電話:0172-83-2226
料金:300円(中学生200円/小学生150円/幼児100円)・家族風呂1,200円(1時間)
時間:8:00~22:00
効能:慢性関節リュウマチ、痛風、慢性皮膚病 他
泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウム
    -塩化物・炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)
pH:6.27
温度:45.3度
最終訪問:2010年4月
────────────────────────────────────────

久しぶりの温泉記事でしたが、温泉に行ってなかったわけではございません。
なかなかテキストにしたためられずネタだけがたまっております。

|

« 涙で前が見えないよ | トップページ | 闘痔の旅 ホテルグランメール山海荘 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/48404539

この記事へのトラックバック一覧です: 闘痔の旅 百沢温泉 (株)百沢温泉:

« 涙で前が見えないよ | トップページ | 闘痔の旅 ホテルグランメール山海荘 »