« 闘痔の旅 みちのく深沢温泉 | トップページ | 徒然 »

闘痔の旅 かっぱの湯(青森市)

20100526_00

今回の闘痔の旅は、青森市郊外にある「かっぱの湯」である。
私の通勤経路上にあるため、ここ2ヶ月程の間では一番利用している施設だ。
ちなみに奥薬研にある温泉とは全く関係はないらしい。

正直なところ、アメニティ重視・半循環とあまり好きな施設ではない。
しかしながら、通勤途中でしかもここから会社までは5分ほどで着いてしまうという利便性は捨てがたく、週2~3回のペースでお世話になっている。

20100526_10

施設的には今風の温泉銭湯である。
新しい建物に、ヒバ材を利用した浴槽、寝湯・サウナ・水風呂・露天風呂・壷湯に小さいながらプールまで備わっている。そして食堂やらマッサージやらと至れり尽くせりである。
こういった設備が受けているのだろうか?仕事帰りに外から見ると駐車場は満車状態である。

天然温泉と謳っているが、前出のとおり半循環である。消毒剤の臭いが鼻につき、私は落ち着かない。ナトリウム-塩化物泉とあるが、基本的に温泉としての特徴は全く感じられない。
私は、皮膚があまり強くなく、塩素系の消毒剤が強いと手のひらに痒みを覚えるのだが、ここも例外ではなく、長く浸かっていると手のひらが痒くなる。

20100526_20 20100526_21 20100526_22

しかしながら、こうも頻繁に利用しているのには訳がある。
露天風呂に併設されている壷湯が意外なほどに気持ち良いのだ。
外に並んだ二つの壷湯には「温湯」と「源泉」と表示されている。若干ヌルッとするお湯は日によって、僅かながらだが硫化水素臭・土類臭が感じられる。「源泉」側では泡つきも感じられる。
源泉温度が32度程であるため、「源泉」側はほぼ水風呂である。「温湯」側はお湯を足しているのであろうか?「源泉」に比べると浴感は弱いがそれでも他の浴槽に比べると全然気持ちいい。

利便性の面で言えば、すぐ近くには「グランド温泉」や「あすなろ温泉」があり、しかもこの二つの施設は大人250円と低料金だ。(「かっぱの湯」は通常大人390円であるが早朝割引があり、午前10時までは大人300円)
だが、個人的に、小さいながらも源泉槽が備わっているというのはうれしい話である。

こうして私は今日も「かっぱの湯」に寄って出社するのであった。

──温泉DATA────────────────────────────────
名称:かっぱの湯(カッパノユ)
住所:青森県青森市大字横内字神田95番地1‎
電話:017-728-5001
料金:390円(小150円/幼60円)
時間:5:00~22:00
効能:切り傷、やけど、皮膚病 他
泉質:ナトリウム-塩化物塩泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
pH:---
温度:32.1度
最終訪問:2010年5月
────────────────────────────────────────

|

« 闘痔の旅 みちのく深沢温泉 | トップページ | 徒然 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

職場の仲間でカッパ好きの子がいて、たま~に一緒に行ってます(笑

ここは源泉壷風呂がいいですね!
ちょっと寒いけど。(^^;

露天風呂のコーナーにある子供プール。
数年前までは、薄らタマゴ臭が香る、素敵なお湯だったですが、最近は匂いも無くなりとても残念です。

個人的に、夏場限定で評価があがる温泉だったりしま(笑

あ、それと、ココの食堂にある唐揚げ定食好きです。
冷食ですが、ご飯食べ放題&450円の価格に釣られます。(^^;
質より量派なら、お勧めします。

投稿: プンタ | 2010年5月31日 (月) 11時16分

プンタさん、こんにちは。

えぇー、プールって源泉投入だったんですか?
入っておけばよかった…

源泉壺湯、いいですよねぇ。私は最後の仕上げにはいってます。
今日の源泉壺湯は泡ツキが凄くて白濁したようになっていましたよ。

投稿: 虎徹 | 2010年5月31日 (月) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/48465801

この記事へのトラックバック一覧です: 闘痔の旅 かっぱの湯(青森市):

« 闘痔の旅 みちのく深沢温泉 | トップページ | 徒然 »