« 運動 | トップページ | 涙で前が見えないよ »

どうでもいい話

この前、2年チョイ振りに献血などをしてきた。
たまたま、職場へ献血車が来たため、仕事をさぼるいい口実と提供した次第だ。

私の血を採ってくれた看護師さんは、どうやら新人さんだったようで、針を刺されるまでしばらく待たされてしまった。
その間、横になったまましばらく待っていたのだが、血を採る段階に至るまでの準備作業の時点で、違う看護師さんの指示を受けながらであった。

ちょっと怖くなる・・・

いざ、針が刺されてからも、あれこれと指示を受けている。

更に怖くなる・・・

そんな私の気持ちを余所に、献血は無事終了した。

当日夕方、体重を量ってみると、前日より500g減であった。ほぼ抜かれた血液の分体重が減少していたわけだが、今日体重を量ると減った分の体重はしっかり戻っていた。
抜かれた分、しっかり再生した・・・訳では・・・ないんだろうな・・・

献血のスタンプカードが、「記念品」欄に達したので、記念品を貰った。
記念品は500ccほどのお醤油であった。
それを見た妻は、自分のときの記念品よりもいいなどと、面倒くさいことを言い出す。
自分のときはフェイスタオルであった、何故、同じ記念品なのに差があるのか?とも。
非常にどうでもいい話だ。どうでも良いんですが、献血センターに文句を言うのだけはやめてください。

|

« 運動 | トップページ | 涙で前が見えないよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/48385680

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいい話:

« 運動 | トップページ | 涙で前が見えないよ »