« タイムアップ | トップページ | リピート »

期待どおり

20100704_00

7月1日、EOS5Dの修理が完了したとの連絡があった。
当日は少々ばたばたしていて店が終わるまでに引き取りに行けなかったため、翌2日に店を訪れた。

修理から上がったブツを受け取る
その際に、店員さんに対し、現在でも新規購入の場合であれば、どんなカメラでも下取りしているのかを聞いてみる。
回答は「行っている」とのことだった。但し、下取り額は3,000円とのことだった。

EOS5Dを購入した際は、1万円で下取りしてもらったような記憶があり、少し期待していたのだが、少々寂しい結果となった。

しかしながら目当てのSONY NEX-5は、店頭価格が82,000円強であり、3,000円の下取りがあるのならば、その時点で楽天市場の最安値を下回っている。

お買い上げと相成りました。


思いっきり購入フラグは立っていたので、予定通りといってしまえば、その通りである。
会社の同僚「Mっち」には、「八割方、買っちゃうと思います」と言われ、
「いや、まだわからん。下取りが3,000円以上だったら通販で買うより安いから買うかも知れないけど。」
などと答えたのだが、結局Mっちの期待どおりになってしまった。
多分、ことの発端となった記事を読んだ誰もが、買わない訳無いと思ったに違いない。

ちなみに、下取りに出したブツは「PENTAX OptioS4」だ。通常の買取額は500円以下とのことだったが、何だかんだと更に値引きをしてもらい、ダブルレンズキットで76,000円という破格の値段にしてもらった。

早速、GX200と比較してみる。

20100704_10 20100704_11
前面投影面積はさほど変わらない。APC-CサイズのCMOSセンサー搭載で、特殊なマウントとは言えレンズ交換式であることを考えると、この大きさは驚異的だろう。
奥行きは流石にあるが、パンケーキレンズの装着であれば持ち歩き用途としては問題ない大きさだ。

操作してみた感触は、やはりマニュアル設定の呼び出しが煩わしい。
が、持ち歩き用途として考えるのであれば、フルオートでも良い気がする。
私如きの腕ならば、フルオートのほうが良い結果が得られるかもしれない。
ここら辺については、もうしばらく使用してみなければ、なんとも言えないだろう。

ついでなので、撮影結果も比較してみよう。

20100704_20 20100704_21
左がNEX-5で右がGX200である。どちらもオートでの撮影だ。
オートでの場合、NEX-5はシャッタースピードが1/30、GX200は1/8であった。GX200は感度を400に設定して撮影したが、NEX-5はカメラ側でどのくらいの感度にしたのかが判らなかった。
パッと見、GX200の撮影結果のほうが綺麗に見えるが、特筆すべき点は、NEX-5の場合、夜間の室内で何も考えずにシャッターを切っても、これだけの結果が出ることであろう。
GX200はオートとはいえ感度を上げての撮影で、本来なら三脚が必要なシーンである。
ちなみに、大きさを比較した画像の撮影はEOS5DにEF50mmF1.8IIを装着し、感度を1600まで引っ張っての撮影である。
GX200の、シャッタースピード1/8でこれだけ撮れてしまう手振れ補正も恐ろしいものがあるが・・・

オートによるホワイトバランスはNEX-5が劣っていると言うより、GX200が優秀なのだろう。

なんか、現時点では、GX200のコンパクトデジカメとしては驚異的な性能が目立つ結果となってしまったが、あくまでも静止物の撮影による話である。
走り回る犬や子供を撮影するシーンになれば、また評価も変わるだろう。
以前も記述したが、GX200は合焦の際に画面が止まってしまい動くものを撮影するのには全く向かないのだ。

とりあえず、今回購入したNEX-5については、まだマニュアルも呼んでいない状態なので、もう少しいじり倒してから再度感想を述べるものとします。

|

« タイムアップ | トップページ | リピート »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/48791249

この記事へのトラックバック一覧です: 期待どおり:

« タイムアップ | トップページ | リピート »