« 川遊び | トップページ | 怪我しました。 »

ユメマボロシ

20100802_00

無尽蔵の資金力があったら、どんな車を所有したいか?
確固たる価値観を確立していない私にとっては、難しい質問である。あれも欲しい、これも欲しいとこれだという一台に決められないことだけは確かだ。
そんな私が所有してみたい車の中に、キャンピングカーがある。
一昔前と違い、税制面で大して有利なわけでもなく、大柄なため保管場所や日常での使い勝手にも困る、きわめて趣味性の強いモノである。
今や、小型な車両やレンタルも増えてきており、一般的な巨大なキャンピングカーを所有することは、船舶を所有することと同じくらい、趣味性が強い。

そんなキャンピングカーであるが、私は昔から漠然と欲しいと思っていた。

但し、私は一般的なキャンピングカーは欲しいとは考えていない。ヨットやクルーザーをモチーフにしたような流麗なデザインは個人的に趣味ではない。ごつくていかついどんな環境にでも耐えられそうなモノが欲しいのだ。

そんな私の欲求を体現したような車両が冒頭の画像のモノである。
こんなモノが私に必要なのかどうかはとりあえず置いておこう。日本の道路事情でこんなモノが機能的かどうかについてもスルーである。
単に、どうせ所有するなら、こんなモノが欲しいと思っているだけである。
でかいバスコンや、巨大なエアストリームを牽引している方だっているのだから、サイズ(7000mmx2480mm)だけ見れば、非常識なサイズではない(と思う)。

20100802_10

個人的には、ウニモグをベースにしたキャンピングカーなども面白いと思う。

UNIMOG=Universal-Motor-Gerät(多目的動力装置)と名付けられており、車と呼べない側面もあるが、この写真(Mercedes-Benz Unimog U-500 Black Edition Brabus)のようにブラバス社でカスタマイズしたものがあったり、探してみればキャンピングカーとして改装・使用している方々もいるようである。
圧倒的に少数ではあるが。

20100802_20

もう少し現実的な話をすれば、所謂、高床タイプのトラックをベースとしたモノでもいいのだ。
理想を言えば、日野レンジャーのカミオン仕様車のようなモノだが、ここまで行かなくとも、国産トラックの高床仕様車を少しリフトアップし、少し大径のタイヤを履かせてあげるだけで、既存の一般的なキャンピングカーとは違う、私好みのモノになるのだが、私の価値観が狂っているのか、こういったものもあまり見かけない。

現実的な・・・等と言っているが、最初の事例が非現実的すぎたため(ぶっちゃけ、これにどの位の価格がつくのかも想像できない)、「現実的」のラインが上がり過ぎて、もはや妄想の世界に突入しているが、これはきっと暑い夏の夜が私に見せた夢なのだろう。

夢は、寝てから見ることにしよう。

|

« 川遊び | トップページ | 怪我しました。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/49040054

この記事へのトラックバック一覧です: ユメマボロシ:

« 川遊び | トップページ | 怪我しました。 »