« 闘痔の旅番外編 奥八九郎温泉 | トップページ | 久しぶりです。 »

闘痔の旅 八九郎温泉

20101126_00

今回の闘痔の旅は、秋田県は小坂町の「八九郎温泉」である。

先日紹介した「奥八九郎温泉」&「奥々八九郎温泉」の人里寄りにあり、こちらは舗装路のみの走行で辿り着ける場所にある。

こちらも元々は野湯の類であったそうだが、地元有志の方々でコンクリートで浴槽を作り、更には町から補助金が出たそうでビニールハウスのような建物に覆われ、その上男女別に別れており、女性でも比較的安心して入浴することが可能だ。

20101126_10

詳しい場所としては、地図を参照していただいたほうが判りやすいと思われるが、先日の「奥八九郎温泉」へ至る際の動画中、林道へと突入する場面(3:38付近)がある。
そこを林道へ入らずに道なりに左側へ曲がって行き橋を越えると、右手の農地の奥の方にポツンとあるビニールハウスのような建造物が目的地となる。
当然駐車場などは無いので、住民の皆様の邪魔にならないであろう場所を探して車を停めることとなる。
そして当該温泉は私有地にあり、また車道から当該温泉への道のりも私有地を通ることとなるので謙虚な気持ちで訪問しよう。
農地にあるビニールハウスのような建物なので、初めての場合はそれが本当に目的のモノなのか躊躇する場合もあるかと思われるが、その場合は変に挙動不審な感じでウロウロするよりも近くの家を訪問して、挨拶がてら確認したほうがいいだろう。

また二輪車等であれば、直接建物まで行けそうで、実際にそうする方々もいるらしいのだが、個人的には私有地をバイクで横断っていうのはどうかと思う。

畦道のような道を歩いて間近で建物をみると、まんまビニールハウスである。
だが、ちゃんと扉があり男女別に別れており脱衣所まである。
中に入ると木箱があるので、感謝の気持ちを小銭に代えて入れておこう。20101126_20 20101126_21

浴槽は3~4人サイズで元が野湯であることを考えると十分なサイズだ。
だが、午後2時くらいから夕方までは訪れる方々も多いそうだ。
朝の6時くらいに地元の方が掃除するそうなので、朝7時くらいからお昼位までが狙い目との事だった。
また、照明設備こそ無いが、建物すぐそばに街灯が設置されており、夜中でも真っ暗にはならないので夜に入浴する方もいるそうだ。
20101126_30 20101126_31
お湯は「奥々八九郎温泉」と同じような印象で好感度大である。析出物によりおりなされた造形が成分の濃さを語っている。
長湯するとノックアウトされそうな危険性を感じたが、意外なほどじっくりと浸かっていられる。
先行していた地元の方と、ついつい長話をしてしまい気付くと2時間近く滞在していたのだが、湯あたりしたような感もなく、その後の車の運転にも支障は無かった。

泉質もさることながら、地元の方々のご尽力によりこの温泉が維持されていることが素晴らしい。
改めて記述するが、マナーを守り感謝の気持ちを忘れずに利用したいものである。

──温泉DATA────────────────────────────────
名称:八九郎温泉(ハチクロウオンセン)
住所:秋田県鹿角郡小坂町小坂字仁吾平16番地
電話:---
料金:感謝の気持ちを忘れずに
時間:---
効能:きりきず、やけど、慢性皮膚病 他
泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫黄塩泉
温度:41.6度
pH:6.4
HP:---
最終訪問:2010年11月
───────────────────────────────────────

ここを大々的にPRしようという話もあるそうなのですが、地元の方々の中にはそれをよしと思わない方もいるそうで、その話は先に進んでいないそうです。
いろいろな思惑はあるでしょうが、一般的に外部の人間が入ってきて騒々しくなったり、マナーの問題があったりするのではないかと推測されます。
折角開放してもらっているのですから、しつこいようですがマナーを守って感謝の気持ちを忘れずに利用したいものですね。

|

« 闘痔の旅番外編 奥八九郎温泉 | トップページ | 久しぶりです。 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、たけぞうといいます。今年の夏八九朗温泉体感しました。いいですよね。奥奥は虻で撃退でした。ブログはじめたばかりのため、参考にさせてもらいます。

投稿: たけぞう | 2010年11月27日 (土) 00時33分

たけぞうさん、はじめまして。
そしてコメントありがとうございます。

八九郎温泉群、一度で全て制覇できなかったということもあるのですが、あまりに素晴らしかったので今月は3度も訪れてしまいました。

話題があちこちに飛ぶ、ずいぶんとぶれたブログで参考になるかどうか判りませんが、こんなところでよろしければ是非!

特に明言はしておりませんが、基本的にリンクフリー、テキスト・画像・動画の引用はご自由にというスタンスでございますので、よろしければご利用頂けたらと存じます。


実は今まで@nifty温泉というものがあることを知らなかったのですが、今後、私もたけぞうさんの口コミを参考にさせて頂きたいと存じ上げます。

投稿: 虎徹 | 2010年11月27日 (土) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/50140317

この記事へのトラックバック一覧です: 闘痔の旅 八九郎温泉:

« 闘痔の旅番外編 奥八九郎温泉 | トップページ | 久しぶりです。 »