« 年賀状大作戦 | トップページ | 六連休 »

原因

エスハイ君の足回りの換装が完了した。

以前の記事では、エナペタル社の車高調にするような話をしていたのだが、その後話を進めていったところ、仕様変更の可能なプレミアムオーダーラインでは車高調のラインナップはなく、ダンパーのみということが判明した。
以前と同じ車高調にするか、車高調整の出来ないノーマル形状のモノにするかを長考したが、結局のところ、普通の車高調では車高を頻繁に調整する機会が少ないことと、もう少しコンフォートな足回りにしたいという希望があったので、今回はプレミアムオーダーラインによるダンパーと、私が調べた限りバネレートがノーマルに一番近いタナベのスプリングによる組み合わせの足回りとした。

結果は、、、現状よくわからない。
まだ、日にちが経っていない上、ここ青森は降雪により常に悪路状態の日々である。
セルシオやセンチュリーでさえ悪路であることを感じさせる路面状況では判定が難しい。

ただ、軽くテストしてみて気づいたことは、凍ったデコボコ道に対してラフに突っ込んでも挙動の乱れが少ないということだった。
以前より、かなりしなやかになってはいると感じるモノだった。

ここら辺については、もう少し乗ってみてから感想を述べたいと思う。


換装作業に際して、車屋さんから指摘されたことがあった。
左前輪のブレーキキャリパーが固着しており、常にブレーキがかかった状態になっていたのである。
私がここ最近感じていた不具合は、ハイブリッドシステムやエンジンの不調ではなく、ブレーキに起因していたものだったらしい。
そりゃぁ、燃費も悪くなって当たり前である。

整備を終え、戻ってきた私のエスハイ君は、クリープの時点で明らかに軽やかであった。

しかし、よく事故らなかったものである。
凍結路において、ブレーキの片効きなどとは考えただけで恐ろしい。
実際、左折の際に妙に滑るなとは感じていたが、この時期、そんな危なくなるようなスピードを出すわけではないので、まあスタッドレスがそろそろ怪しいのか位にしか感じていなかった。
なんにしても早めに不具合が解消されて、ほっと一安心である。

明後日から年末年始のお休み期間だ。
エスハイ君が活躍する時期でもある。
家族親族が、乗り心地にどのような感想を持つのか少し楽しみだ。

|

« 年賀状大作戦 | トップページ | 六連休 »

エスティマ ハイブリッド」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/50417296

この記事へのトラックバック一覧です: 原因:

« 年賀状大作戦 | トップページ | 六連休 »