« 大人の事情 | トップページ | イラスト集 »

師走

20101210_00

12月も中盤に差し掛かった。

この時期定番の悩みの種といえば、年賀状である。
毎年、悩みだすのは11月の上旬からなのであるが、結局考えがまとまらず、12月の中旬時点でサンプルのひとつも出来上がらないのがお約束である。

昨年の年賀状は、その時期体調がイマイチで、取り掛かるのも遅かったため、あまり力をいれずに簡単に仕上げたのだが、往々にしてこういった場合の年賀状のほうが出来が良かったりするのも皮肉である。

で、当然今年も、未だどんな風にするか決まっていないので、とりあえず過去の年賀状を眺めてみる。

20101210_10_2
2009年版はこんな感じであった。習字を習い始めた次女に文字を書かせ、イラストを長女に書かせた。
それをベクターデータ化し、2008年中に撮影した画像を組み合わせただけであり、私がよく使うパターンである。
記憶はかなり薄れているが、見る限り、考えた末考えがまとまらず、お約束のパターンで終わらせたのだろう。

20101210_20
2008年版である。これまたヤッツケ仕事な匂いがプンプンする。文字は長女で、割り箸の先を削り毛羽立たせた手作りペンに墨汁を付けて書かせたものをデータ化した。

20101210_30
これは多分2006年版である。中断右側にあるイラストは多分犬の絵である。
この年は、他にも「こてつ」の足に朱肉を付けてデータ化したものを使ったバージョンもあったはずだ。
ちなみに2007年版のデータは行方不明だ。

20101210_40
2005年版である。長女作の脱力モノの文字とイラストがいい味を醸し出している。
ちなみに文字は、フレーズのままデータ化するとレイアウトし辛いので、一文字一文字データ化して、私が任意で大きさを変えたりレイアウトを変えたりしている。かなり面倒だ。

なお、毎年、これらのほかに何パターンか作成して、送る相手毎にパターンを変えるのが私の常套手段である。


こうしてみると、結局毎年毎年同じような感じの年賀状に落ち着いてしまっていることが良く分かるのだが、文字やイラストはその都度子供たちに書いてもらってデータ化していて、これが結構手間である。
スキャンして、一文字一文字ベクターデータに適するように調整して、それに半紙に墨汁で書いたようなテクスチャをのっけて・・・そんな感じの作業の繰り返しである。

今年も、現時点でどんな風にするか決まっていないので、多分20日を過ぎてから似たような感じのデザインで、徹夜の突貫作業を行う公算が強いのだが、妻子は私がどれだけの労力を裂いて作っているかを知らないのだから救われない。

結局のところ、私の自己満足だということである。



2011年版は、2010年版のレイアウトで画像と文字を変えただけに3000点。





|

« 大人の事情 | トップページ | イラスト集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

イラストと言えばやはり、はらたいらさんでしょう!
はらたいらに全部でお願いします。

投稿: Mっち | 2010年12月10日 (金) 08時37分

>Mっちへ。

ごめんなさい。どうやって返したらいいのかわかりません。

投稿: 虎徹 | 2010年12月10日 (金) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/50257414

この記事へのトラックバック一覧です: 師走:

« 大人の事情 | トップページ | イラスト集 »