« 生まれてきて、すいません。 | トップページ | 情報提供 »

FJ CRUISER

20101207_00

本ブログにおいても、過去に二度(その1その2)ネタにさせてもらったが、そのFJクルーザーの国内販売が正式に開始された。

まだ実物を見に行っていないので、なんとも言い難いのであるが、トヨタのWebサイトから得られる情報を見る限り、やはりというか何と言うか、とりあえずガッカリした。

事前情報で、既にかなりガッカリしていたのだが、更に私をガッカリさせてくれたのは、あのブサイクな毒キノコミラーである。
ボディ先端の左側にニョッキリ生えている補助確認ミラーのことである。
非常に個人的な見解であるが、こいつが生えていることにより、とても残念な見た目になってしまったと感じる。
きっとボディデザインを担当したデザイナーもビックリ仰天だろう。

そして何より理解しがたいのが、この元々ついていないはずの、デザインの観点からだけで言えば不必要なモノをボディと同色にしてボディ一体に見せたがるのか・・・

価値観はそれぞれなれど、私には全く理解しがたい感性である。

保安基準上必要な装備と言うのであれば、今時はもっと良い技術があるであろう。
4,635×1,905×1,840の大柄な車体に、視認性の悪そうなデザイン優先のボディである。広大な国土を持つ国であればともかく、狭い日本においては視界を補助する装備は必須であろう。

それを取り入れないことは、最低限の手間と投資で新型車を投入してみたという、適当な仕事であると感じずにはいられない。
トヨタにしてみれば、並行逆輸入車が意外と売れているもんだから、そのニッチな市場を最低限の投資で狙いたいのだろうが、流石にこれはユーザーを馬鹿にし過ぎである。

日本で生産し、それを輸送し関税がかかったモノを海の向こうで売っている訳であるが、それが海の向こうの国より割高感があるのでは市場は納得しないであろう。
当然、車の性格上、日本国内と海の向こうの大陸では需要が違うだろうから、需要の少なそうな国内販売で同じ価格は付けられないとは推測できるが、であれば、前出の装備のような付加価値を付けるべきだろう。

決して安価とは言えない本体価格に、馬鹿にならないであろうと予想される維持費(青森県における排気量3.5L超4L以下の税率66,500円・カタログ燃費8.4km/L)。
なのに簡素な装備。そして遊び心はボディデザインだけ。
そのデザインも本国仕様に比べるとなんか野暮ったい。
一体、どういったユーザーを狙っているのか?頭の良い人たちの集団であろうトヨタの狙いは、頭の悪い私には分からない。

なんか残念だ。


個人的に、もし私がFJクルーザーを購入するなら、円高のうちに並行輸入で6速マニュアルをオーダーして、1ナンバーで登録(詳しく調べていませんが事例があるそうです。)してもらうと思います。

ぶっちゃけ、あんなブサイクな毒キノコミラーを付けるくらいなら、いっそフェンダーミラーを標準装備にしてしまえばいいとさえ思います。
この手合いの車であれば似合うと思いますし、ドアミラー+補助ミラーよりもずっと安全だと思うんですけどね。

トヨタはパーツの共通化を徹底的に進めているようですから、あの補助ミラーも他の車種と共通なんでしょうね。

|

« 生まれてきて、すいません。 | トップページ | 情報提供 »

ランクル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おっしゃる通り日本モデルFJクルーザーデザイン チープですね。
買うなら断然北米モデルでしょうね。。。
今後信号で日本モデル 北米モデル並んだら日本モデルダサく感じるでしょうね。
あるデーラーで北米モデルと日本モデル置いてましたが
リア見てると違う車に感じました。

投稿: FJinichi | 2010年12月10日 (金) 22時12分

FJinichiさん、コメントありがとうございます。

大きな違いは無いはずなのに、日本仕様車は妙に野暮ったく見えちゃうんですよねぇ。不思議です。

アフターパーツに期待したいところですが、これも北米で盛り上がっている分、北米産のモノを取り寄せたほうが面白そうですしねぇ。


個人的な所感でありますが、やはり購入を考えれば北米仕様のほうが面白そうです。

投稿: 虎徹 | 2010年12月11日 (土) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/50232096

この記事へのトラックバック一覧です: FJ CRUISER:

« 生まれてきて、すいません。 | トップページ | 情報提供 »