« Passion | トップページ | 敢えて言おう、カスであると。 »

忘れ物

我が家の次女の奇天烈な行動については、この場を借りて何度もネタにさせていただいた次第である。

その次女がまたやらかしてくれたという話である。
だが、タイトルを見れば大凡見当がつく方もいたりして、こうやってネタ化しているうちに、そんな大してオモロイ話でも無いような気がしてきたが、まあ、適当にスルーしていただければと存じ上げる。

午前7時10分、次女は学校へ行くために家を出る。
いつものことではあるが、バタバタである。

朝、目覚ましで起きれず、ボーっとしたまま朝の準備をし、時間が無いのにも関わらずTVで手が止まり、更に時間が無くなるといった感じだ。

ぶっちゃけ、こんな時間に出なくとも十二分に間に合うのだが、友達と待ち合わせをしており、この時間でなければならないそうだ。

こうして、どうにかこうにか時間までに準備を終え、家を出ていく。
その際、お約束で「忘れ物無いの?お箸は?おてふきは?」と声を掛けられる。
「うん、大丈夫!」もしくは「あー、忘れた!」といったやり取りの末、家を飛び出す。
ちなみにこの日は「大丈夫」との返事だった。

20分後、玄関扉の開く音がした。
「わすれものー!」
と次女の声が響く。

なんだよ、全然大丈夫じゃ無いじゃないか。
そんなことを思っていると、次の瞬間次女の口からとんでもない一言が飛び出た。

「ランドセル忘れたー!」

お箸やら御手拭きやら宿題どころでは無い。
それらを全て包容した、忘れる訳の無いものを忘れてしまったらしい。
しかも途中まで本人も、一緒に行った友達も気付かず、学校が近くなって合流した友達に指摘されて気付いたらしい。

私もよく忘れ物はした。
通知表の通信欄に「忘れ物が多いようです」とも書かれたりした。
しかし、ランドセルを忘れたことは一度たりとも無い。

私がコメカミをピクピクさせながら立ち尽くしていると、妻の口から更にトンデモナイ一言が吐き出される。

「あー、でもたまに忘れるよね、ランドセル。」



今日も一日平和でありますように。


彼女たちの奇行の数々ほか、ネタっぽいモノを「ネタ系」としてカテゴライズいたしました。
なお分類基準は曖昧です。

|

« Passion | トップページ | 敢えて言おう、カスであると。 »

ネタ系」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/50192173

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れ物:

« Passion | トップページ | 敢えて言おう、カスであると。 »