« 音楽鑑賞 | トップページ | 不夜城 »

ケータイ電話

20110227_000

そろそろ携帯電話を買い替えようかと考えている。

いま使用している携帯電話は、2008年3月に購入したP905iTVだ。
もう少しで丸3年。雑な扱いをしているので、四隅は削れ塗装もいたるところで剥げ、そして最近では液晶の状態もおかしい。

現状、特に不満がある訳では無いのだが、世の中ではスマートフォンが大流行である。
そんな世の風潮にフラフラと流され掛けている。

現状使用している機種の選定において条件としたのは、

  • Felicaチップが内蔵されていること。
  • Bluetoothが使用できること。
  • 片手で使用できること。

である。三つめの片手で使用できることというのは、ストレート型もしくはスライド型の形状で、折り畳み式の場合はワンタッチで開けることを指す。

2008年3月の時点で、これらの条件を満たしていたのが今使っている機種だった。

それからしばらく経ち、FelicaとBluetoothについてはほぼ標準装備となった。
だが、その頃姿を現したのがiPhoneだ。
こいつの登場は衝撃的だった。私が重要視したFelicaとBluetooth以外の全ての機能を備えているように見えた。

あくまでも私の中での重要項目を最優先とするか、もしくはそれを捨て去ってしまうか。
もしくは2台使いとするか・・・
どの選択肢を選ぶにも決め手を欠くまま、更に時は過ぎ今や各社ともに、現状私が求める全てを兼ね備えているように見える端末が目白押しの状況となり、私の物欲に火がついたという訳である。

そういう訳で、ここ数日毎日のように家電店やケータイショップを覗いている。
で、また非常に悩んでいる。
単純に、モノとしての魅力はiPhoneが抜きんでているように感じられる。
だが、平成8年から一貫してDocomoを利用している私としては、なかなか乗り換えには踏み切れない。
また、未だFelicaに対応していない。

現実的に固いのが、DocomoのREGZA Phone T-01Cだ。
スペックを見る限り、私が求める全てが備わっている。評判も良いようだ。
だが少し大きすぎるような気がする。

などと考えながら、色々と実機をいじってみて感じたことがあった。
タッチパネル機種のソフトウェアキーボードが使いづらいのだ。
ケータイで文字を打つことが苦痛と感じている私にとって、QWERTY配列のキーボードは非常にありがたいのだが、これがタッチパネルだと非常に使い辛い。
縦にしようと横にしようと、ミスタッチの連続だ。
タッチペンの使用が前提なのだろうか?であるならばQWERTY配列である必要は無いだろう。

既にこの類のスマートフォンを利用している方々は、この点については問題無いのだろうか?使っているうちに慣れてしまうものなのだろうか?


私がスマートフォンを手にするのは、もう少し先のようだ。

|

« 音楽鑑賞 | トップページ | 不夜城 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/50989665

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ電話:

« 音楽鑑賞 | トップページ | 不夜城 »