« 地震雷火事おやじ | トップページ | 不測の事態 »

私の体には湯が流れている

20110310_00

ここ三日、朝ちゃんと起きれない。
とりあえず、一度は起床しているのだが、冷え切った体が温もりを求めているようで、吸い寄せられるように二度寝してしまう。
いつもの如く、湯に浸かって体を温めればよいのだが、思わず再びベットにもぐりこんでしまう。

おかげで、ここ三日間はシャワーだけで済ませてしまう日々だ。

だが、体は温泉を求めている。
いっそのこと、短いお昼休み時間にサクッと入浴してしまおうかとも考えたほどだ。

流石に、昼休み中に入浴することはしなかった。(←でも、昼休み中に「かっぱの湯」の前までは行った。予想外に車の台数が多かったので、コンビニで昼飯を買って戻ってきた)
だが、体はゆっくりと湯に浸かることを求めている。

だから今日は仕事帰りに湯に浸かることとした。
しかし、その時間帯はどこも混んでいる。
安らぎを求めて湯に浸かる私にとって、混雑は循環湯同様敵である。

以上のことから、今日は「雲谷温泉」へ行くことにした。
本当は「みちのく深沢温泉」まで足を延ばしたかったのだが、日中の気温がやや高めだったためか路面は凍結しておりとてもよく滑る。
道中のリスクと、雲谷温泉近くのゴルフ練習場が冬期休業中であるため雲谷温泉は混んでいないだろうと考えた次第だ。

雲谷温泉は思ったよりも混んでいた。
混んでいたと言っても私の主観によるもので、先行者が4人いただけである。
ただ、この時期のこの時間帯、わざわざここまで来るモノ好きはいないだろうと思っていただけに意外であった。

無色透明無味無臭と、なんの特徴もない湯ではあるが薬品臭がせず人が少ないだけで、今の私には十分だった。
19:00から、閉店ぎりぎりの20:00までじっくりと浸かってきた。
これで今夜はぐっすりと眠れるだろう。


おまけ・今日の「こてつ」さん。
20110310_10 20110310_20
冒頭の画像と一緒に、なんとなく撮ってみたモノ。
首をマッサージしてあげたら、彼もぐっすり眠ってしまった。

|

« 地震雷火事おやじ | トップページ | 不測の事態 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/51086750

この記事へのトラックバック一覧です: 私の体には湯が流れている:

« 地震雷火事おやじ | トップページ | 不測の事態 »