« 余暇の過ごし方 | トップページ | 三周目 »

逆転

昨日の日記において、6月25日は朝から釣りが云々と記述したが、記述どおり実行した。

昨日の日記作成後、釣りの準備を始める。
久しぶりの釣りであるためか、準備に時間がかかり気が付くと日付変更線を越え午前3時を回っていた。

そのまま寝てしまうと、十中八九お寝坊してしまうので冷水シャワーを浴びて気合を注入し、午前4時過ぎに家を出る。

集合場所までは、明け方の交通量の少ない時間帯であれば、自宅から車で10分15分で着いてしまう場所であり、かなりフライング気味ではあるが、そうでもしないと入れ直した気合が瞬く間に消え去りそうだったため、早めに現地に入って待機することとしたのだ。

午前4時半。
事前に釣り部部長から示されたタイムスケジュールによると、この時間に餌釣り派は釣具店に集合し買い物の予定である。

集まり具合がどうであるか、探りを入れるために同行予定メンバーのMっちにメールを入れる。
帰ってきたメールは、
「睡魔と闘っています」
であった。

Mっちは、前日ここ青森市より100km離れた八戸市で飲み会であった。
これは戦線離脱であろうと思ったが、嫌がらせのようにメールを何通も送ってみた。

またMっちは、集合時間を間違って認識していた。
正確な予定は、前出の通り「餌釣り派は4時半に釣具店集合、現地へは5時集合」なのだが、彼は「5時に釣具店集合、買い物を経て現地へ向かう」と認識していたようだ。
一人勘違いしているということは、他のメンバーも勘違いしている可能性は多分にある。
釣り大会は、開始前から既に波乱の様相だ。

午前5時。
釣り部部長のN-mura氏の車が見えた。
しかし1台だけである。他のメンバーの車は見えない。
N-mura氏に、他のメンバーの事を聞くと、
「わかりません。僕一人で買い物してました。」
とのこと。

私以外は、皆餌釣りの予定だったはずである。他のメンバーは全滅だろうかなどと思っていると、Mっちの車が現れる。
その後、少し遅れてFっちも姿を現し、予定より2人少ないが4人も集まったので、とりあえず釣り始めることとした。

今回の釣り場であるN漁港での釣りは、私はほぼ始めてである。
N漁港脇の河口付近では、一度だけあるのだが、漁港自体での釣りは初めてだ。
なお、以前に河口で竿を振った時の釣果は、カニ一匹である。

N漁港は、ぱっと見た感じでは、ちょっとルアー釣りには厳しい感じだ。
防波堤の外側は、テトラポッドを設置している奥行きが深く、漁港側海底は敷石が荒く露出している。
ヘタクソーの私には辛い環境で、根掛かりを連発しそうだ。
ちょっと投げてみたが、どうも釣れるイメージが湧かなかったので、テトラ先でアイスジグをチョンチョンと動かすことにした。

テトラ部分での移動に難儀していると、いつの間にやら参加予定メンバーであった、M-kawa氏とN-ya氏が姿を現していた。
皆かなりいい加減である。徹夜までして時間を遵守した私がおバカのようであるが、もともとヌルイ集まりなので、この位が丁度いいのだろう。

そんなことを考えていたら、ヒットする。
15cm程のメバルであった。
1mほど場所をずらすと、またもやヒットする。同じくメバルであった。
だが、この日はこれで終わってしまった。

ポイントをずらすためにテトラを移動するのが億劫になり、また気を抜いたら根掛かりしてしまいルアーを2個ロストしてしまい、一気にテンションが下がってしまったのだ。

また、お疲れ気味のMっちは早々に退散してしまい、そして私も徹夜明けで足元がおぼつかなくなってきて危険を感じてきたので、午前9時過ぎ、M-kawa氏と退散することとした。

午前10時。
自宅に帰ると猛烈な眠気に襲われベッドに入る。
そして次に気が付くと既に辺りは真っ暗であった。

時計の針は8時を指している。
すっかり昼夜が逆転してしまった。


リリースサイズのメバル二匹の代償はあまりにも大きかった。

|

« 余暇の過ごし方 | トップページ | 三周目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/52042947

この記事へのトラックバック一覧です: 逆転:

« 余暇の過ごし方 | トップページ | 三周目 »