« 夜をふっとばせ | トップページ | 不満足 »

仕事中

20110611_00

6月10日金曜日、お仕事でお外に待機していた際の事である。

私の待機場所周辺で、2羽のカラスが飛んでいた。
2羽のカラスは、私が陣取ってもその周辺を離れることなく、私を威嚇するように飛び回る。

近くで営巣でもしているのだろうか?
巣があることは確認できなかったが、彼らの行動と時期から推測すると可能性は十分にある。

しかし、私はここで待機してお客さんを誘導しなければならない。
いくら威嚇されようとも動く訳にはいかないのである。

また、近くに巣があるのであれば、お客さんが通った時に、お客さんがカラスに襲われる可能性も考えられる。

人間の都合で大変申し訳ないのだが、彼らにはご退去願うこととした。

とりあえず、手近にあるもので音を立ててみる。
どうやら一定の効果はあるようだ。
しかし、少々心許ないので、手ごろな木の枝でも見つけて、振り回してみようと考えた。

周辺を見回すと、ちょうど手ごろな木の枝が落ちていた。
長さ1m強、太さ3cmほどと振り回すには申し分ない。
私はその枝を拾おうと近づいた。

至近距離まで近づくと、突如この木の枝が動き出した。
木の枝だとばかり思っていたのだが、ヘビさんであった。
どうやら、陽気に誘われて日光浴をしていたようだ。

しかしこれで問題が増えてしまった。
カラスに加えてヘビである。シマヘビとは言え、今日のお客さんは小さなお友達ばかりだ。
通り道に鎮座されては少々危険である。

彼にも大変申し訳ないが、ご退去願うこととした。
写真を撮り、首根っこを捕まえ、藪へ放る。

彼にとっては理不尽な仕打ちかもしれないが、何せ相手は子供達である。
中には怖がらずに捕まえようとする輩もいかねない。
少なくとも私はそういう子供であった。
彼は此処にいない方が幸せなのだ。

気が付くとカラスの姿も見えなくなった。

温かな昼下がり、カラスさんとヘビさんの幸せを踏み台に、私の業務は滞りなく終了した。

|

« 夜をふっとばせ | トップページ | 不満足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/51915708

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事中:

« 夜をふっとばせ | トップページ | 不満足 »