« おめでとう | トップページ | 妄想中 »

思ひ出はプライスレス

8月28日 日曜日 晴れ 最高気温27.9度 最低気温17.3度(青森)

20110828_00

先日ドナドナっと連れて行かれてしまったランクル君であるが、先方より査定額が提示され、これに合意した。
あとは、先方より送られてきた売買契約書類に目を通し、問題が無ければ契約締結である。

売却額は120万円である。
これが妥当な額なのかどうかは判らない。
当初、先方に売却希望額を聞かれ、この額を回答したのだが、個人的にはかなり吹っ掛けたつもりである。

だが意外なことに、先方からの回答は、
「査定してみない事には明確に回答できませんが、事前に頂いた車種・グレード・走行距離によりますと、その額で可能です」
とのことだった。

そして査定後の連絡は、
「おっしゃられてた通り、内外装の程度については経年劣化の範囲内と認められますし、機関も良好な様ですので、当初の金額で買い取らせていただきたいのですが」
とのことだった。

一発でこの回答である。もっと吹っ掛けられたか??

件のランクル君は、2007年に本体価格189万円で購入したモノである。
購入の際に、中古のARBバンパー・ウインチ中東仕様の角目ヘッドライトキット+HID・キーレスの装着及びマフラーの換装をお願いし、諸経費混みで280万円程だった。

購入後は、

と、色々と仕様変更を試みてきた。
細かく計上してはいないが、購入金額に、ここに挙げなかった仕様変更やこれらの仕様変更に掛かった工賃も含めると、ランドクルーザー200の下位グレードが購入できる額にはなっているだろう。

だが、実際問題としてこういった個人的な仕様変更は査定額に上乗せされないのが一般的だ。
上乗せどころか、モノによってはマイナス査定もあり得る。
特にボディリフトはフレームやボディに加工を施すものであるから、通常はマイナス要因にしかならない。

以上のことから、私が購入した時から4年が経過し、走行距離が15万キロを超えている点と、希少車種(後期型にしか存在しないグレードでマニュアル)である点から考えて、私が購入後に仕様変更を行わなかったとしたら150~170万円の販売額だろうと想定し、販売店の利益を50万ほどと見込み(査定を依頼した先は、私が購入した会社と同グループでランドクルーザーを専門に扱っている)、その上限であろう120万円を提示したモノである。

なので私は査定額が100万円を切ることも覚悟していた。
それが一発でこちらの要求額となったのである。
どう考えても、買い取りの上限額はもう少し上だったのだろう。

専門店ということで、仕様変更分がある程度認められたのだろうか?
その点も加味した上での買い取り希望額だったのだが、見積もりが甘かったか?

しかし、普通の買い取り専門店に持っていったら、もっと価格は低かったろう。
ディーラー等で新車購入に伴って下取りにだしたとしたら、場合によってはこの半値くらいしかつかないかもしれない。
なんといっても条件が悪すぎる。
平成9年式で、15万キロオーバーで、改造多数・小傷や錆も多数。
この手合いの車に興味の無い営業マンだったら、値が付かないなどとも言いかねない。


だからこれでよかったのだ。
そう自分に言い聞かせよう。

|

« おめでとう | トップページ | 妄想中 »

ランクル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/52592267

この記事へのトラックバック一覧です: 思ひ出はプライスレス:

« おめでとう | トップページ | 妄想中 »