« 完全に妄想中 | トップページ | 秋の気配 »

夢から覚める

9月2日 金曜日 曇り後雨 最高気温27.4度 最低気温23.7度(青森)

ここ数日間、次期我が家のファミリーカー選びについて、お花畑のような世界に旅立っていた私であるが、そろそろいい加減現世に戻らなければならないようだ。

今日は、リアルな世界に戻るにあたり、この時期我が家のファミリーカー選びについて、コスト重視でシビアに考えてみよう。

単純にお金が掛る掛からないの話をすれば、今の車をそのまま乗り続ければ良いのだが、自動車とは所有しているだけでコストが掛り続ける代物である。
あまり乗らない状況でも、黙っていても自動車税は課税され続けるし、少ししか乗らなくても任意保険には加入しなければ恐ろしくて運転できない。
最低限のメンテナンスも行なう必要もあり、これにも少なからずコストが掛る。

で、あるならば、ランクル君を売却しエスハイ君に少しでも値がつくうちに、イニシャルコストもランニングコストも低く抑えられる車両に乗り換えるのも、ひとつの選択肢である。
車両本体価格が200万円以下の車両であれば、ほぼ持ち出し無しで購入できるであろうから、私の好む好まないを全く考慮しなければ、全てにおいて丸く収まる選択肢である。

低コストという話をすれば、軽自動車以外の選択肢は無いだろう。
自動車税は桁が一つ違うし、他の維持費も格段に安い。
動力性能も今時の軽自動車は必要十分であるし、そのサイズ故取り回しに苦労することもない。
1BOXであればスペース的にも十分足るものがある。

1BOXではないが、私の妻はダイハツのムーヴに乗っている。
そのサイズ故、横方向のスペースは少々狭いが、前後の居住スペースは私が昔のっていたレガシィやランクル君よりも余裕があるのではないかと思わせるものであった。
4人と2匹での使用を考えるのであれば、少し窮屈ではあるがコストパフォーマンスは非常に高いと言える。

もう少し室内の余裕を考えるのであれば、小排気量のミニバンという選択もあるだろう。
あまり興味が無いタイプの車両なので、調べる気になれないがトヨタだとシエンタパッソ・セッテが該当する。

また、ビジネス用途の車両を選択するという手もある。
トヨタのタウンエースバン日産のNV200といった車両だ。
全く飾り気のない車両ではあるが、装備的には割り切ってしまえば必要にして十分である。
遊びや移動の手段として割り切ってしまうことができれば、それはそれで有意義かもしれない。
むしろ、豪華装備で派手にデコレートされた昨今のミニバンに比べたら、ずっとシンプルでいいかもしれないとも思わせてくれる。

元々どんな車を買おうとも短い期間での買い替えは考えていないので、きっちり乗りつぶすつもりで、小傷等を気にせずにガンガン使い倒すのも、ひとつの使い方だろう。
狭い林道や未舗装路へ突入したがる癖のある私には、もしかしたらピッタリな選択なのかもしれない。


昨日、ディーラーさんから連絡がありました。
まだ未確認で噂程度のレベルらしいのですが、販売店レベルではエスティマ系はフルモデルチェンジではなく、大きなマイナーチェンジが行われるらしいと噂されているようです。
ただ最近は発売日がかなり近づかないと情報を得られないようです。

|

« 完全に妄想中 | トップページ | 秋の気配 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/52624505

この記事へのトラックバック一覧です: 夢から覚める:

« 完全に妄想中 | トップページ | 秋の気配 »