« 後ろ髪 | トップページ | 誤爆 »

大は小を兼ねる

9月19日 月曜日 雨後曇 最高気温17.5度 最低気温14.0度(青森)

今日は敬老の日で、世間一般においてはお休みの日であるが、我が社においては事情が異なり出勤と相成った。

敬老の日ということで、妻子はつがる市の祖母宅へ行ったのだが、私だけ仲間はずれである。

いや、「こてつ」さんと「ゆき」さんも、妻の車に乗るスペースが無いということで、仲間に入れて貰えなかったが。

車と言えば、我が家の次期車両選定についてであるが、かなり迷走している。
私のスタンスがブレブレであることが原因ではあるのだが、正直なところ、私に購入できる条件内では、必ずこれが欲しいという車が無いのだ。

そうなると、その条件についていろいろと妥協をしなければならなくなるのだが、妥協してみた結果、ランドクルーザー100という選択肢が見えてきた。

条件の一つである「祖母が乗り降りしやすいこと」を満たさないので、選択肢から外していたわけであるが、ランクル100には一部のグレードにだけであるが「AHC」という車高を変えるシステムが備わっており、これにより最大で50mm程、社外品を取り付ければ60mm程車高を下げることが可能になる。

素の状態での最低地上高が220mm程なので、この機能を用いて最大限に車高を落とすと、一般的な車両の車高とあまり変わりない状態になる訳である。

また、新車当時はクラウンとタメを張るような価格の高級車両であったが、さすがに値がこなれてきており、現在では200万円台のものもチラホラと見受けられる。

ランクル80に乗っていた私から見ると、少々華奢で頼りない足周りではあるが、それでもランドクルーザーの名前を冠しているわけで、普通の車と比べたら十二分にゴツイ。
少しくらい荒れた林道を走る程度なら、十分だろう。
つまり私の行動パターンにも合致する。

また、100系にはディーゼルエンジン仕様もあり、そして貨物登録も容易ということもあり維持費的にも有利だ。

難点といえば、このAHCが装備されているグレードには、MTが無いこと位だろうか?

だが、ふと思い返してみれば、80君に乗っていた時も積極的にシフトチェンジをしていたわけでは無かった。
これだけデカイ車である。
オートマでゆったり乗るほうが有意義かもしれない。

ああ、もうひとつ問題があった。
この手合いの車を所有してしまうと、どうしても車高を上げたくなるのだ。
走破性云々といった理屈では無い。
小さい人間が、より自分を大きく見せるための、いわば習性的なものなのだ。

やはり・・・だめ・・・か。



ちなみにランドクルーザー100系で探す場合だと、次の条件になります。
・ディーゼル車
 ガソリン仕様の4.7L・V8は燃費が極悪なことで有名です。
 10.15モードのカタログ燃費でリッター6km台って・・・
・マルチレス
 マルチ(EMV)は収まりが良くてカッコいいのですが、いかせん操作性や拡張性が・・・
 エアコンまでタッチパネルで操作するのは面倒です。
・AHC装備
 ばあちゃんを乗せる場合に必須です。
・中期(H14後期)以降のモデル
 このモデル以降、ATが5速になります。
以上の条件で探してみると、若干ですがヒットします。
でも、ディーゼルという条件がネックのようで、H18年前後の最終型高年式位しかヒットしません。
しかも軒並み500万円オーバーです。


・・・エスティマハイブリッドが新車で買えます・・・

|

« 後ろ髪 | トップページ | 誤爆 »

ランクル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/52774546

この記事へのトラックバック一覧です: 大は小を兼ねる:

« 後ろ髪 | トップページ | 誤爆 »