« 真冬 | トップページ | 鋭意作業中 »

冬の風物詩

12月17日 土曜日 雪 最高気温-1.0度 最低気温-4.6度(青森)

昨日に引き続き真冬日である。
振り続ける雪が積もりに積もって、積雪深は19時の時点で45cmにまでなった。
そして昨日の記事での予想通り交通の流れは悪かった。

やはり冬期間の車の運転にはストレスがかかる。
しかしこの渋滞も予定調和のようなモノであり、毎年の光景である。

だが、ストレスの直接の原因は雪では無い。
道路状況を鑑みずガサツな運転をする輩が多い事が、私のストレスの元になっている。

スリップして減速しきれずに赤信号を突っ切る人。
雪のため曖昧になった路肩に寄せられず、常にセンターラインを割って走る人。
過度に慎重となり交通の流れに乗れない人。
明らかに左右に滑りながらもスピードを緩めない馬鹿者。

悪天候は考慮すべきことであって免罪符では無いのだ。
こんな状況に私一人で小さな声をあげても変えられない世の中と自分もストレスの一因だ。

そんな輩のお陰で、今日は久しぶりに怖い目にあった。
午後、次女をトランポリン教室へ送るため、お隣平内町へ向かって車を走らせていた。
国道4号線善知鳥トンネルを通過する際に、対向車線を走行していたトラックが、車体を滑らせながらセンターラインを割ってきたのだ。
既に目前の出来事であったため、車を停止させることは不可能だったので、ギリギリまで左に寄せ、また件のトラックもどうにか持ちこたえてくれたため事なきを得たのだが、危うく親子3人でローカル紙の片隅に載ってしまうところであった。

これで全損になったら保険金がいくら給付されたのだろうなどと、少し思ったことは内緒です。

|

« 真冬 | トップページ | 鋭意作業中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

無保険トラックだったら、
泣くに泣けないですね。

投稿: 桃爺 | 2011年12月18日 (日) 21時14分

経営が傾いている怪しい会社や、自転車操業の個人事業主が相手だと、そうなる可能性も高いですね。

事故の時も、黒猫やら飛脚やらのよく見るマークのほうが安心です。

投稿: 虎徹 | 2011年12月18日 (日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191776/53506290

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の風物詩:

« 真冬 | トップページ | 鋭意作業中 »